ブログ方針

当ブログは、冷静かつ中立的にマコムロ問題と皇室問題を語るブログです。
特定の立場を主張するのではなく、冷静な分析を中心にしております。
私は、天皇派でも秋篠宮家派でもありません。
あえて言えば、民主主義派です。
民主主義や自由主義の価値観を大切にしながら、中立に分析する。
そういうブログを目指しております。
おおまかな基本方針は以下の通りです。

  1. 中立の立場であること
  2. 民主主義・自由主義の価値観を尊重すること
  3. 一般人のブログであること

中立の立場であること


当ブログでは、中立の立場であることが重要と考えております。
通常、他のジャンルのブログは、偏りのない中立的なブログが多いと思います。
だから、わざわざ中立を宣言するのも変ですが、皇室ブログは特殊な世界です。
実際に「皇室ブログ」と検索して、多くのブログを見れば明らかです。
「男系男子派」「天皇派」「秋篠宮家派」と言った特定の立場からの発信ばかり。
特に「天皇派」VS「秋篠宮家派」 の対立は深刻で、双方がえんえんと相手方の悪口を言いあう状況になっております。
ひたすら相手方の落ち度を探して罵り続ける。
他のジャンルと違って、皇室言論については、
天皇派VS秋篠宮派のバトルだらけで、冷静に中立的に意見を述べられる場が少ないです。
ブログだけでなく、掲示板のような不特定多数が出入りする媒体でも、天皇派VS秋篠宮派のバトルだらけです。
しかも、 天皇派VS秋篠宮派のバトル では、専門用語が飛び交い一般人が入れる空気ではないので、結局、一般人は消えてしまって、バトルで悪口を言い続ける人ばかり残ります。
極論すれば、

皇室言論 = 天皇派VS秋篠宮派の悪口バトル

という残念な状況だと言えるでしょう。
しかし
それでは前向きな議論が進まないと思います。

だから、当ブログでは、
あえて 「天皇派」VS「秋篠宮家派」 の対立 から距離を置いてます。
そして、中立的な立場で皇室問題を検討することを目指しております。

参考記事

民主主義・自由主義の価値観を尊重すること

私は、天皇派でもなく、秋篠宮派でもなく、民主主義派だと思ってます。
皇室制度が民主主義と調和し、民主主義国のルールの範囲内で存続すべきものだと考えております。
民主主義ファーストであり、国民ファーストです。

皇室が、民主主義国の基本ルールを尊重しているか、国民の意見を尊重しているか、その点を重視して批判することになります。
情報公開をしない、国民の意見を無視する。
現在は、そういう「特権階級化」の傾向にあるように思われますので、批判を強めていかざる得ないです。
男系男子とかの議論の前に、民主主義国の皇室でないと意味ないでしょう。
民主主義や国民主権とは関係のない「治外法権」であってはならない。
そう考えております。

だから
私の立場は、男系男子維持でもなく女系容認でもありません。
国民主権の尊重です。
国民主権を前提とした日本国が、今後も続いてほしいと思っております。
皇室の制度も国民主権を前提とした、自由と民主主義の価値観の範囲内で存続すべきだと思ってます。すなわち、皇位継承だけでなく皇室の存続を含むすべての問題が国民の多数意思によって決められるべきだと思います。

特に、皇位継承問題は国を形づくる大切な問題なので、議員の多数決により立法だけでは不十分で、デンマークのように国民投票で決められるべきだと考えます。
そういう民意が完全に反映される方法であれば、出された結論は、どちらでもいいです。
大切なのは、結論ではなく、民主的な決定方法がとられるかどうかです。

民主主義・自由主義・国民主権を尊重する。
それが、このブログにある根本的な方針でございます。


一般人のブログであること

そしてここは、一般人が書く、一般人のためのブログだということ。
それを大事にしたいと思いますね。

ジャーナリストは報道する。
運動家は運動する。
活動家は活動する。
じゃあ、一般人は何をするかと言えば、それは発言でしょう。
意見を述べる。言論ですよ。
みんなで言論をすることで、良い方向へ向かわせる。
それが民主主義社会というものです。
しかし、そのためには
一般人が自由に意見を述べられる場所が必要です。

だから
私のブログは、私を含めて一般人が意見を述べる場。
そういう場でありたいと思ってます。
そして、良質の言論をしていれば、それがインターネットに乗って、日本中へ影響を与えうるであろうと。
それを期待して、黙々と意見を述べるだけです。
だから、
皆さまも立場に関係なく自由に参加していただきたいと思います。
当ブログは、一般人がいろんな意見を述べるブログ。
それだけです。


言論に有益も無益もありません。
情報提供ならOKで、個人の感想はダメということは、まったくない。
自由にいろんなことを語っていただき、私も自由に発言する。
そういう中で、お互いが影響を受けて、いろんな前向きな話が生まれてくるものだと思ってます。
私たちは、一般人です。
一般人は、仕事や家事、育児など、生活があって時間の制約があります。
しかも、この問題に取り組むと、精神的にも疲れることになります。
私達は、そういう制約の中で声をあげる一般人なのです。
ジャーナリストや活動家ではなく、一般人なのです。
何か具体的に運動しなければ意見を言う資格がないことになれば、運動家しか発言できないことになりますよ。そんなバカな話ないでしょう。
自分のできる範囲で意見を述べればいいだけです。
恥ずべきことは何もありません。
私たちは、運動家じゃなく一般人ですからね。

むしろ、専門家でもなく知識に欠ける素人だけど、それで意見を言わずにはいられない。
そういう一般人の想いを大切にしたいと思ってます。

以上が、このブログの大まかな方針になります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

[st-kaiwa1]

今日もご覧いただきありがとうございました。

またよろしくお願いいたします。

[/st-kaiwa1]