秋篠宮邸33億円改修工事の検証(前編)

ラベンダー

こんにちは、ラベンダーです。

秋篠宮邸の改修工事、どうやら皆様の関心が高いようですね。

今回の秋篠宮邸の工事。
問題は、贅沢ではなく「中抜き」。
よくある公共事業の「中抜き」が疑われてます。
例えば、7億円で可能な工事に10億円の予算をつけて、差額3億円を関係者で山分けする。
よくある話ですし、そういう最低の腐敗国家ですよ、日本は。

税金を食い物にする連中が多すぎる

秋篠宮邸も、そういう工事のひとつでしょうから、よくある話です。
今さら、どうこう言うのもね・・・と思って放置してましたが、
これだけ、関心が高いのであれば、検証する必要はありそうですね。

長くなるので、2回に分けて書きます。

ただ、最初に結論を申し上げたいですが、
「中抜き」は、当然、行われてると思いますが、
秋篠宮家が主導したわけではないし、秋篠宮家だけの悪でもありません。
あくまで秋篠宮家は共犯者のひとりであって、秋篠宮にすべての責任をかぶせるのは、

本当の悪が隠される

ということになります。
日本国の腐敗。
皇室と「利権集団」の関係。
国家予算の「中抜き」天国状態。
根が深いし、闇が深い問題です。

むしろ、秋篠宮家をスケープゴートにすればするほど、
本物の悪党が高笑いすることになるし、
皇室の腐敗がさらに進行することになります。

誹謗中傷ではなく、真っ当な批判。

それを念頭に、読み進めていただけると幸いです。

目次

秋篠宮邸問題は小学生のケンカ状態

この豪邸問題は、重要だとは思いますが、今まで書く気が起こらなかったのは、批判派も擁護派も問題多すぎるからです。
批判派も擁護派もバカみたい話しかしないので、巻き込まれると面倒そう。
そんな感じがあります。

批判する側は、
「金や大理石を使った贅沢御殿だぁ!!!!」
という小学生のケンカ状態。
金や大理石使ったところで、せいぜい1億円くらいのものですよ。
まったく、本質から離れた意味のない小さい話。
問題は、贅沢ではなく「中抜き」。
贅沢批判というのは、秋篠宮家を誹謗中傷したいがために、言ってるのでしょうけど、むしろ秋篠宮家側の利益になることに気づいてない。
金や大理石の話をわざわざリークして雑誌に書かせたのは、なぜか?
それは、「中抜き」批判から目をそらすためでしょう。
紀子妃をスケープゴートにして、悪だくみを隠す。
そういう、くだらないリーク情報に踊らされてることが、幼稚としか言いようがありません。
秋篠宮家を誹謗中傷するのが生きがいなのでしょう。
批判派は、まともに、本質を考える知恵がないようです。

また
擁護する側は、
「秋篠宮家は質素」とか頭の悪いこと言い続けます。
問題は、贅沢ではなく「中抜き」。
質素な邸宅であればあるほど「中抜き」の金額が大きい、
ということ。
理解できないかなあ。
「秋篠宮家は質素」って、擁護のつもりで言ってるのだろうけど、ハッキリいって逆効果ですよね。
秋篠宮支持者って、アホですか?
大切だから、もう一度言いますよ。
問題は、贅沢ではなく「中抜き」。

質素な邸宅であればあるほど「中抜き」の金額が大きい

という状況で、
秋篠宮家は贅沢してない、と必死で擁護する人たち。
申し訳ないけど、アタマ悪いです。
メチャメチャ頭悪いです。
質素な邸宅を強調すればするほど、「中抜き」の疑いが濃くなる。
前から何度か言ってきましたが、
秋篠宮家応援団って、何でこんなにアタマ悪い人多いのでしょうか。
意味わかりませんね。

だから
批判する側も擁護する側も小学生レベル
秋篠宮邸問題は小学生のケンカ状態になってます(笑)
ね、論評する気なくすでしょう。

だから、この件、放置してましたが、
これからのラベンダー皇室ブログは、一般向けではなく、特定の読者の皆さま向けにブログ書きます。
なので、読者の皆さまの要望が多いネタは取り上げないといけません。
なので、あえて今回は書くことにしました。

前置きが長くなりましたね。

では、まずは、擁護派の意見を見てみましょうか。

秋篠宮家擁護派は「足りない」人たち

バカみたいな擁護に適した雑誌は、朝日でしょう(笑)
そして、適任者といえば、やはり山下晋司でしょう(笑)
見てみます。

秋篠宮さまと国民のすれ違いはなぜ続く 断り続けた「30億円」宮家改修や皇室改革「宙ぶらりん」の背景

11月30日、秋篠宮さまは57歳の誕生日を迎えられる。その直前となる22日、改修工事が終わった秋篠宮邸の内部が公開された。老朽化していた旧宮邸。宮内庁が以前から改修を打診してきたものの、国民への負担を思い、秋篠宮さまが長年断り続けた末の工事だった。皇嗣家として皇室を支える秋篠宮家だが、国民とのすれ違いは続くのは、なぜだろう。

「秋篠宮殿下は国民の血税を使わないように、予算を越えないように、と繰り返しおっしゃっていたと聞いています」

 そう話すのは、元宮内庁関係者。

 一方で、「こうした方が…」といった変更が続いて現場は混乱した、との話しも宮内庁から漏れてきたという。

 秋篠宮邸の改修工事が終了した。総工費は約30億円。鉄筋コンクリート造で地下1階、地上2階建。広さ(全体の延べ面積)は改修前の約2倍となる2972平方メートルだ。

 主に、広くなったのは、皇嗣として来客を接遇する公室部分と職員が働く事務スペースの面積だ。そした使われたシャンデリアや大理石の棚板は、秩父宮邸として建設された1972年当時の部材をできる限り活用した。

元宮内庁職員の山下晋司さんはこう解説する。

30億円の総工費について批判的な声もありますが、何も贅沢な暮らしをするための豪邸ではありません。10月にはブータンの王女と王子を秋篠宮邸(御仮寓所)に招いて接遇されました。皇位継承順位1位の皇嗣となれば、宮邸で外国王族などの賓客を接遇する機会も少なくありません。それ相応の場所でもてなさねば相手に対して礼儀を欠くことになりかねません。宮内庁は、相応の施設や予算が必要であることを堂々と説明すればよいと思います」

 山下さんが気にかかったのは、宮内庁が「大理石やシャンデリアは旧秩父宮邸のものを使用した」とわざわざ説明した点だ。こういう釈明めいた説明がまた国民に「わざとらしい」という感情を持たれてしまうのではないだろうか、と感じる。


2022年11月29日 AERA dot.(永井貴子)

(太字等はラベンダーによる)

昔から何度も申し上げてきましたが、秋篠宮殿下は根本的に「足りない」人物のようです。
物事を考えるのが苦手なんじゃないですか。
意味不明な訳の分からないこと言うのは、通常運転です(笑)
「足りない」んだから、仕方ないじゃないですか。
だから、いちいち怒らないで、そういう人だと思ってください(笑)

で、記事では

宮内庁が以前から改修を打診してきたものの、国民への負担を思い、秋篠宮さまが長年断り続けた末の工事だった

とありますが、
築50年くらいの建物に改修が必要なのは当然のこと。
国民への負担を思い、秋篠宮さまが長年断り続けた
って、
相変わらず「足りない」ですね。
築50年の建物。給排水管の寿命は35年くらいと言われてます。
断れば、給排水管の寿命が延びるのですか?
断れば、旧耐震時代の建物が、新耐震基準をクリアするのですか?

「断る」って、意味不明ですよ。
この秋篠宮殿下の発言が実話なのか、取り巻きの創作なのかは知りませんが、
秋篠宮家の擁護するのに、このアタマの「足りない」話はどうにかなりませんか
擁護になってませんけど(苦笑)

築50年ですから建て替えか大規模修繕するしかないのは当然なので、まともな神経ある人なら、いかに国民負担を少なくしながら工事を進めるかを考えますからね。
「断る」って、意味不明ですよ。
しかも、結局、総額40億円超の巨額の工事しましたよね。
数字は次回に出しますが、「中抜き」し放題じゃないですか。
ダラダラ税金を浪費して、
「断る」って芝居に、何か意味あるのですか?秋篠宮殿下。
頭悪すぎて、読んでるこっちがどうにかなりそうですよ。

そして

「秋篠宮殿下は国民の血税を使わないように、予算を越えないように、と繰り返しおっしゃっていたと聞いています」

というけど、
結局、もともと約26億円で落札された工事が、いつのまにか33億円に膨らんでいますよね。
「予算を超えないように」って、・・・何?
7億円もオーバーしてますけど。
発言は、ウソ八百ですか???
言葉には責任持とうよ、秋篠宮殿下。
結局、

秋篠宮殿下に当事者能力はない

ということですよ。
誰も秋篠宮殿下の言うこと聞いてない。
ストレートにいえば、お飾り。
秋篠宮殿下を無視して物事が進んでいく。
そういうことだと思いますよ。

いずれにしても、
これらの発言って、秋篠宮家を擁護してるつもり???
って
皆さんも、感じるでしょう。
秋篠宮家擁護派。
この人たち、アタマ悪いんじゃないかってね(笑)

なんちゃって秋篠宮王朝は信者の寄付でやるべし

続けますね。
今度は、久しぶりの山下晋司
マコムロ問題では、秋篠宮家のイタコを狙って、必死で秋篠宮家擁護を繰り返してたようですが、
めでたく、イタコの座を射止めたのかな(笑)

で、記事では、こんなことを言ってます。

30億円の総工費について批判的な声もありますが、何も贅沢な暮らしをするための豪邸ではありません。

繰り返しますが、
問題は「贅沢」ではなく、「中抜き」。
あえていえば、皇族なのだから多少豪華でもいいのですよ。
金とか大理石使ったらいいでしょう。せいぜい1億円くらいの話。
小さい・小さい。
話が小さすぎます。
それは本質的な問題じゃない。

問題は「中抜き」。
例えば、
10億円くらいで出来そうな工事に30億円予算つけて「中抜き」。
政治家、天下り、ブローカー、業者、そして、今回であれば皇族。
「利権集団」が20億円を山分けする。
日本国では当たり前になった税金に寄生する集団。
それが本当の問題です。

だから、
何も贅沢な暮らしをするための豪邸ではありません。
と強調すればするほど、墓穴を掘る。

じゃあ、贅沢してないのに、何で30億円もかかるのか?

次回に数字の根拠は出しますが、相場より高めの見積り計算しても、12億円程度で可能ですからね。
質素であればあるほど、30億円はかからない。
だから
擁護派って、アホですね。
金と大理石とか、目くらまし記事を書かせた連中のほうが賢いですよ。

贅沢ってことにしておいた方が都合がいいから

われわれ一般人からすれば、普通の常識的な話にすぎないですけど。
問題は「贅沢」ではなく、「中抜き」。
という話。
山下晋司や秋篠宮家応援団には、話のレベルが高すぎて、知的についていけないのかもしれません。

あとね。これ、

宮内庁は、相応の施設や予算が必要であることを堂々と説明すればよい

外国王族などの賓客を接遇する施設が必要なのであれば、それ専用の施設を別途作って、皇族全体で共有すればいいだけの話。
秋篠宮家・常陸宮家三笠宮家・高円宮家、場合によっては天皇家も使えるような施設。
迎賓館のような施設を作ればいいだけの話です。
それが税金の効率のいい使い方。
ところが、秋篠宮家だけの接遇する施設つくるというのは、「国民への負担を思い」という秋篠宮殿下の芝居と矛盾してますよね。
しかも天皇ではなく、現在は、ただの一宮家にすぎない秋篠宮家。
私邸で外国王族などの賓客を接遇するって・・・

増長しすぎですよ、秋篠宮家。

わざわざ秋篠宮家の私邸にそのような機能をもたせるのは、税金の無駄遣いです。
なぜ、私邸で外国王族などの賓客を接遇する必要があるのか?
根本的に、スタートからデタラメな「改修」ですよ。

こんな「改修」必要ありません。

だから、真っ当な批判の第一歩としては
一宮家のすぎない秋篠宮家が、
私邸で外国王族などの賓客を接遇する
という傲慢な話。
そのために多額の税金が使われるというインキチな話。
これを批判しないといけません。
費用の話は、その後のこと。

ところで
私邸で外国王族などの賓客を接遇する、という傲慢な話。
もしかしたら、
天皇になるのが待てないので、

なんちゃって秋篠宮王朝

を勝手に創設して、
なんちゃって外交を始めたのかもしれませんね(笑)
陛下の皇室外交に対抗した、秋篠宮王朝のなんちゃって外交。
はははは
そういうことであれば、ご自由にされればいいと思いますが、
ならば、
なんちゃって外交で外国王族などの賓客を接遇するのなら、
それに日本国の税金をが使われるのは納得できませんよね。

なんちゃって秋篠宮王朝

を支持する人たちの寄付やお布施で建設して欲しいですね。
Jリーグ・ガンバ大阪は、法人・個人あわせて100億円ほどの寄付を集めて、新スタジアムを建設したそうです。
だから、「なんちゃって秋篠宮王朝」も30億円くらい、すぐに集まりますよ。
それにね。

「秋篠宮殿下は国民の血税を使わないように、予算を越えないように、と繰り返しおっしゃっていたと聞いています」

と秋篠宮殿下は、おっしゃってますから。
今からでも遅くない。
寄付を集めよう。
「なんちゃって秋篠宮王朝」支援者に寄付を募って、40億円超を国庫へ返納する。

そうすれば
秋篠宮殿下の御心のとおり、「国民の血税を使わないように、」が実現しますよ。
言葉に責任を持とうよ。
カネを国庫へ返して、
好きなだけなんちゃって外交したらいい。
税金使わないので、国民も喜ぶし。
めでたし、めでたし。
いい話だと思いますね(笑)

あと、
大切なことをひとつ。
この情報を覚えておいてください。
試験に出ますよ(笑)

秋篠宮邸の改修工事が終了した。総工費は約30億円。鉄筋コンクリート造で地下1階、地上2階建。広さ(全体の延べ面積)は改修前の約2倍となる2972平方メートルだ。
 主に、広くなったのは、皇嗣として来客を接遇する公室部分と職員が働く事務スペースの面積だ。そした使われたシャンデリアや大理石の棚板は、秩父宮邸として建設された1972年当時の部材をできる限り活用した。

ここに隠された秘密があります。
難しい建築の知識・理系の知識は不要です。
この記事を見て、変だなあ・・・???
と気づくと、面白い世界が見えますよ。
何が変なのかは、次回への宿題とさせていただきます。
その解答と細かい建設費用の計算は、次回にやります。

<参考動画>

40億円の建設費で何ができるか?

秋篠宮邸の建設費用について、細かい計算や検証は次回にやります。

今日は、おおまかなイメージを共有したいと思います。
秋篠宮邸の巨額の「改修」費用。
(この「改修」というのがインチキですが、それは次回に説明します)
それで、いったい何ができるのか?

秋篠宮邸プロジェクトは、総額で約43億円です。
(御仮寓所約9億8千万と改修工事約33億円) 
まずは、40億円あったら何ができるか見てみましょう。

<40億円のプロジェクト>

40億円かけ病棟と外来診療棟を新築
 山鹿市立病院 8月に着工

 山鹿市山鹿の山鹿市立病院(本郷弘昭院長)は、建設費40億円をかけ病棟と外来診療棟を新築する。7月にも工事を発注し8月に着工、2010年3月の完成を予定している。
 現在の施設が老朽・狭隘(きょうあい)化していることから、敷地内で建て替え工事を行うもの。工事は、まず敷地内北側にある木造の管理棟を解体し、跡地に鉄筋コンクリート造り5階建ての病棟を建設する。2~5階が病室で、病床数は現在と同じ201床、1床あたりの面積は8㎡以上を確保するという。1階は検査科、放射線科、救急、リハビリテーション科、厨房(ちゅうぼう)など。災害拠点病院としての機能を強化するため、免震構造を採用する。
 病棟完成後に中央病棟およびリハビリ棟から機能を移管し、中央病棟跡地に鉄筋コンクリート造り平屋建ての外来診療棟を建設。状況に合わせて自由にレイアウトできるよう、各診療科はパーテーションなどで区切るという。病棟と外来診療棟は一体化させる計画で、延べ床面積は1万2千㎡程度。さらに、現在の外来診療棟(鉄筋コンクリート造り3階建て、延べ床面積3300㎡)は改修し、管理棟として使用する。

くまもと経済 2007年5月8日

山鹿医療センター


40億円あれば、地域の中核病院を作ることができます。
この病院と秋篠宮家40億円とを比較してみましょう。

山鹿市立医療センター
秋篠宮邸+御仮寓所
  • 鉄筋コンクリート造5階建
  • 延べ床面積12,000㎡
    (別途、管理棟改修3300㎡)
  • 12000㎡は新築
  • 鉄筋コンクリート造3階建
  • 延べ床面積4,350㎡
    2972+1378=4350
  • 新築1378㎡+改修2972㎡

外観的に見た場合、
同じ40億円使っているのに、出来上がるものの規模がずいぶん違いますよね。
片方は、RC5階建で床面積1万2000㎡
片方は、RC3階建で床面積4350㎡
山鹿市立医療センターのほうが、3倍くらい大きいですよね。
同じ費用なのにね。
しかも、秋篠宮家の場合は、新築とリフォームの混在ですからね。
全部新築の山鹿市立医療センターのほうが、3倍くらい大きい
というのは変ですよね。
同じ40億円程度なのに、出来上がりが違いすぎますよ。

しかも、山鹿医療センターは病院なので、免震装置を付けたりして、災害に強い強靭な建物です。
安物の建物というのは、ありえないでしょう。
地域の中核病院ですからね。頑丈に作ってるはずです。
秋篠宮邸と同等のレベルの建物であることは疑いないですよ。
なのに、
山鹿市立医療センターのほうが、3倍くらい大きいですよね。
おかしいですよね。

<山鹿市立医療センターのホームページ>
https://yamaga-medical-center.jp/

40億円あれば、250人以上のスタッフが働くことができるこんな大きな施設が作れます。
秋篠宮家のスタッフって、何人ですか?

秋篠宮邸のプロジェクト40億円超。
適正金額と言えるのでしょうか?
おかしいでしょう。

30億円の建設費で何ができるか?

今度は、御仮寓所を除いた秋篠宮邸本体建設費用の33億円。
この金額をイメージしてみます。

昔、以下の記事で姫路城の改修工事と比較しましたが、姫路城は特殊工事ですからね。
秋篠宮邸と比較するのに、今ひとつ、ピンとこないかと思われます。

 そこで、今回は、イメージが湧きやすい事例を用意しました。

<中部経済新聞より>

中部経済新聞 2020年7月24日より
RC柱をCLTで包む木質免震構造、坂茂氏設計の「タマディック名古屋ビル」竣工

 RC(鉄筋コンクリート)の柱とCLT(直交集成板)を組み合わせた、全く新しい工法を採用したオフィスビルが名古屋に誕生した。自動車や航空・宇宙関連などの製品を開発するタマディック(東京・新宿)の東海エリアにおける新しい事業拠点「タマディック名古屋ビル」だ。

 地下1階・地上8階建てで、2021年11月24日に竣工。本社管理部門や航空・宇宙、FA(ファクトリーオートメーション)・エレクトロニクスの各事業部の一部が名古屋ビルに移転し、22年1月から業務を開始する。

(以下、略)

日経クロステック 2021年12月7日

記事にあるとおり、30億円で作られた、鉄筋コンクリート造+特殊な免震構造を持つ建物。
RCの柱をCLT板で覆っているという世界初の斬新な構造。
秋篠宮邸は、通常の鉄筋コンクリート造でしょうから、こちらのビルのほうが間違いなく平米単価の高い建物だと思います。

では、このビルと秋篠宮邸を比較してみましょう。

タマディック名古屋ビル
秋篠宮邸
  • 鉄筋コンクリート造9階建
    (地上8階、地下1階)
  • 延べ床面積 約4500㎡
  • 世界初の特殊な構造
  • 鉄筋コンクリート造3階建
    (地上2階、地下1階)
  • 延べ床面積 2972㎡

同じ30億円程度の費用なのに、
世界初の特殊な鉄筋コンクリート造のほうが、通常の鉄筋コンクリート造で作られた秋篠宮邸よりも1・5倍も大きい。

おかしいでしょう。
30億円って、
世界初の特殊な構造の9階建てが建てられる金額ですよ。

どういうことでしょうか?

秋篠宮邸。
いったい、どれだけ割高な工事をしているのでしょうか?

ハッキリ言いますが、
「中抜き」してませんか?
こういう事例を比較してみると、明らかに、「中抜き」の疑惑ありますよね。
明白におかしいですよ。

秋篠宮家は、情報公開すべきだと思います。

タマディック名古屋ビル

ということで、
前半はここまでにします。

なお、改めて、ご注意させていただきますが、
私は、秋篠宮家への誹謗中傷に断固として反対しております。
迷惑と言い換えてもいい。

秋篠宮家への誹謗中傷動画や誹謗中傷ツイートが多すぎるために、真っ当な批判がかき消されてしまって、権力側はやりたい放題できる状況になってます。

誹謗中傷は、権力側の利益になる。

ということを理解して、誹謗中傷をやめ、真っ当な批判をぶつけるべきです。
だから、
私のブログの内容を秋篠宮家叩きの道具として使わないでください。
特に、誹謗中傷動画でカネ儲けしてる人たち、私のブログからの引用などは、すべて拒否させていただきます。

税金の無駄使いをやめさせるべく、
誹謗中傷ではなく、真っ当な批判をしたい皆様。
そういう皇室の未来を憂い、心ある皆様へ向けて書いています。

誹謗中傷ビジネスに私のブログの内容を利用しないでください。

それを改めて、申し上げたいと存じます。

続きは、後半へ
後半は、具体的な建築費等の計算になります。

後半はディープな金銭の話になるので、
公開記事ではなく、サロン記事での公開を予定してます。
具体的な計算により、秋篠宮邸12億円の根拠を示しております。
ご期待くださいませ。

ではまた

ラベンダー

また、よろしくお願いいたします。

Subscribe
Notify of
guest

9 Comments
Oldest
Newest
Inline Feedbacks
View all comments
白玉ぜんざい
白玉ぜんざい
1 month ago

明快なご説明ありがとうございます。
まさにここにも日本の政治の問題の病巣ですね。
ご用地だか皇居だかの工事で見積もりを出したら、あまりにあっさりと受け入れられて驚いた、と最近どこかで読んだ記憶があります。
それにしても秋篠宮家の緩さはどこから? サポートチームは機能していないようですね。

ふくろう
ふくろう
1 month ago

こんばんは

40億円で市民病院ができるなんて。そういう金額なんですね。
そうですよね。そんな金額ですよね。中抜き確定でしょう。公開されていた食堂とか茶室は公民館みたいでしたね。金箔の部屋や大理石と使った部屋が本当ならそれを見せたほうが、まだ中抜き疑惑がなくなりよかったのでは。金箔や大理石なんて本当は使ってないとか。贅沢と思われるのが嫌だから公開しないのではなく、元々ないから見せられないのではと疑ってしまいます。
それにしても中抜きのお金はどこにどう流れているのでしょうか。
ジャーナリストさんたちには秋篠宮家のカピバラとかモルモットとかキコヒの弟嫁の下着ビジネスの話とか、その他諸々より先に、お金の話を突っ込んでほしいものです。

ブロッコリー
ブロッコリー
1 month ago

おはようございます。家族が感染し大変な1週間で、なかなか記事を読む事ができませんでした(汗)私はまだ感染してないです(汗)ラベンダーさん、何かと忙しい師走ですがどうぞお身体に気をつけてお過ごしください。
これは…関心のない層も、すごい金額だとは思ってますよね。公開された写真をチラ見しましたが、まだ家具調度品など入ってない状態でしたので、想像力のない自分にはなんて地味な建物としか感じませんでした。すごい耐震構造とかすごいシェルター設備とか、地下トンネルとか付いてる?なんて思ったくらいです(笑)
今日明日で、前の記事もじっくり読み込みます。いつも冷静な分析記事、ありがとうございます。

カフェモカ
カフェモカ
1 month ago

ラベンダー様

秋篠宮殿下が改修を断り続けたとか、予算の範囲内でやるようにとおっしゃったとか、ホントかどうか確かめようもないことを主張されましても。

そして、ラベンダー様もおっしゃるように、もし上記のことがホントだったとしても、現実には秋篠宮殿下の希望は通っていない。
すなわち、秋篠宮殿下の言うことはことごとく周囲から無視されているんですね。

あ、でもニューヨーク領事館にマコムロのことを頼んだ、というのはしっかり実現されているんですね。。。んんん?もしかしたら、これ、秋篠宮殿下以外の方が口添えをしたから、でしょうか???

and
and
1 month ago

読ませていただきました。
当然中抜きはされているだろうなと思っておりました。しかし改めてラベンダーさんのご指摘を読んで 背筋が凍る思いです。なんでこんなに勝手なことができるのか。そしてそのお金はどこへ流れていくのか。秋篠宮家のお友達 の中だけで回っているとは考えにくいです。
まだ斜め読みですので後ほどしっかり読ませていただきます。ありがとうございました。
よろしくお願い致します。

目次