ラベンダーの皇室ブログ3年目へ

ラベンダー

こんにちは、ラベンダーです。

12月19日は、ラベンダーの皇室ブログの誕生日です。

2020年の12月18日に、「ヤフコメ青ポチ事件」があって、
翌日の19日に、旧ブログ「ラベンダーの皇室王室ブログ」を始めました。
SNSデビューです。
さらに、1年後の2021年の12月19日に、現在の「ラベンダーの皇室ブログ」へ移転。
おおまかに、そういう歴史になります。
旧ブログも新ブログも、12月19日が誕生日です!
なお、ブログ書き始めたころに事情は、以下の記事をご参照ください。

<ラベンダーがブログ書くことになった理由>
(2021年12月3日の旧ブログの記事)
ラベンダーの皇室王室ブログへの道

目次

旧ブログ(皇室王室ブログ)について

旧ブログ「はてなブログ」につきましては、有料プランを解約しましたので、これからは広告が表示される普通のブログになります。
もちろん、その広告は、私とは無関係です。
今も昔も、ブログ書いて収益をあげたことは、一度もございません。

むしろ
広告が表示されるブログが嫌いなので、有料プランで広告が出ないようにしてましたが、今後は旧ブログを書くこともないでしょうから、そのまま放置する感じですね。

適当に重要記事を移転して、ブログを消去するのが予定だったのですが、なかなか移転する時間もなくて、そのまま放置されてます。
当面は、このままの状態が続くでしょう。

なお、旧ブログへのコメントも、消去したわけでなく、全部、残ってます。
非表示にしてるだけですが、これも復活させる予定は今のところはないですね。
このままの状態が続くでしょう。

つまり、
旧ブログは凍結
ということになりました。


ただ、旧ブログにも重要な記事がいくつかありますので、
重要記事の移転は、復刻記事の形で、新サロンへ反映させていきたいと思います。

旧ブログをご愛読いただいた皆様。
ありがとうございました。
感謝してます。

ありがとうございました。

新ブログ(当ブログ)について

いろいろ考えた結果。

新サロン記事7~8割、一般公開記事2~3割
くらいでやっていこうかと思います。

サロンの読者数と一般公開では、読者数がケタ2つ違いますので、もう誰も知らないブログになっていくとは思いますが、それはそれで仕方ないです。
私のことを評価していただいてる、ごく少数の方に読んでいただれば、それでいいです。

そもそも
万単位のアクセスを集める皇室系のユーチューバーは、ほぼほぼ誹謗中傷しかしてませんしね。
多くの人から注目されることが、必ずしもよいことではないです。
むしろ、
多くのアクセスを集めたいがために、誹謗中傷がエスカレートする。
そういう傾向がハッキリと見えます。
それで承認欲求を満たしたところで、誹謗中傷人間として承認されるだけですから、恥ずかしいと思うのですが、カネ儲けという観点からは正解なのかもしれません。
でもね・・・

私は、少なくとも1日数千、多いときには1日2万くらいのアクセスのあるブログを運営してきましたので、数字はよくわかってます。
誹謗中傷でなくとも、秋篠宮家やマコムロへの攻撃を感じさせるタイトルをつけると、それだけでアクセス数が何倍も増えます。
逆に、「皇室改革」とか「天皇家」を話題にしても、アクセスはメチャメチャ少ないです。

一般人は正直です(笑)

例えれば、
同じ時期に書いたブログでも、
マコムロだと8000PV、秋篠宮家批判6000PV、天皇家ネタ1500PVという具合です。
天皇家ネタはアクセスが激減します。
わかりやすいですよね。

一般人は正直です(笑)

みんなが期待してるのは、マコムロ攻撃、秋篠宮家攻撃であって、
皇室の将来とか気にしてる人はほとんどいないですよ。
数字で明らかです。

だから、
アクセスを稼いでカネ儲けするには、マコムロや秋篠宮家攻撃が効果的。
さらに、ネタがそんなにあるわけではないので、たくさんの動画を作るには、誹謗中傷を増やすしかないでしょう。
だから、私はこう呼んでます。

誹謗中傷ビジネス

または、誹謗中傷系ユーチューバー。

私も一時的にいろいろ見させていただいた時期もありましたが、
毎日のように誹謗中傷動画を作り続ける人間性が気味悪くて、最近はほとんど見てません。
まだ、ネタ動画のほうがユーモアやエスプリがあっていいですよ。
でも、流行りものですからね、ネタ動画は。
最近は、すっかり無くなってしまいました。

当ブログは一般人向けのブログですので、多くの一般人の声を聞いてきました。
結局、需要と供給です。
需要のあるところに供給がある。

(需要)誹謗中傷が見たい。誹謗中傷が読みたい。誹謗中傷をしたい。
(供給)誹謗中傷ビジネス。

という状況。
マトモな皇室問題に関心のある一般人はほとんどいない。
需要がない。
さらに、これとは別に天皇派VS秋篠宮派バトルがあるので、
一般人はついていけなくなって、消えていきます。
どうしようもありません。
どこまでもマトモな言論が成立しない状況にあります。
これが現在の皇室言論の状況。

2年間でヒドイ惨状になりました。

こういう状況ですから、
今年は、穴にこもって、ひっそりとやることにします。

マコムロ問題の行方

小室眞子と小室圭の事件は、歴史に残る大事件になりました。
しかし、完全に、今では下火。
もう、盛り上がらないでしょう。
なぜなら、
今の時代。日本国そのものの腐敗が激しいので、

結局、悪は勝つ

という事案が圧倒的に多くなってます。
腹のたつことばかり、って感じでしょう。
報道されないような小さな事案、目に見えないところでは、

汚い連中が連戦連勝

してるだろうと思われます。
たまたま報道されるような事案は、ガス抜きとして正義が実現することもある。
稀にね。
その程度もの。
報道されない庶民レベルの話では、9割以上、悪が勝つ時代ですよ。
そういう、どうしようもない暗黒時代へ突入していると思われます。

そんな時代、
小室圭への疑惑の数々は、明白におかしいですが、
悪が多すぎて、いちいち構ってるヒマがない。
という一般人が大多数だと思われます。
小室圭よりもヒドイ話、山ほどあります。
だから、マコムロ問題も流行の一つとして、使い捨てられておしまい。
一般人的には、そんな感じになると思います。


さらに
小室圭は、今や「特権階級」メンバー。
「特権階級」パワーで、日本国から保護されます。
不愉快ですけど、悪が勝つ時代。

「特権階級」VS「奴隷国民」

そういう分断社会を小室圭という事例を通じて見せつけられているようです。
どんな末端のチンピラでも、「特権階級」に入れば、税金でバックアップされる。
そういうことです。
不愉快でしかありません。

ただ、あきらめたわけではないですよ。
誹謗中傷地獄を避けているだけで、小室圭への追及はやめないし、ネタも十分残ってます。

来年もサロンで地道に書きたいと思います。

今後の展望

当面は、天皇家の爆上げ報道と秋篠宮家への誹謗中傷地獄が続くと思います。
が、しかし、
時期はわからないですが、長くは続かないと思ってます。
過去の東宮バッシングは長期間続きましたが、平成の平和ボケ時代の話です。
今のSNS時代、世の中がムチャクチャすぎて、一般人が皇室に関心を持つ状況じゃないですよ。
現実に、どんどんマコムロ問題から離れる人も多いようですし、悠仁親王の件も、今では、ほとんど話題になりません。
増税や統一教会だけでなく、他にムチャクチャなことが多すぎて、一般人の関心が続かない。
それが実情だと思います。
誹謗中傷系動画のアクセス数も激減してるようですし、多くの一般人は秋篠宮家の問題から離れていく一方ですよ。

また、天皇家の爆上げ報道ラッシュ。
JKG時代のやり方を踏襲して、メディアを使ってイメージ戦略で国民の支持を勝ち取る。
そういうつもりでプロパガンダを仕掛けているのでしょうけど、時代遅れです。
SNSの時代。雑誌メディアの情報ごときで、国民をコントロールするのは無理です。
そういうやり方で国民を騙せる時代は終わってます。
むしろ、逆効果だと思います。

こんなに国民生活が苦しくて、世の中が大変なのに、絶賛報道を繰り返してると、逆に反感を持たれるでしょうね。
皇室は国民に何をしてくれたのか?
ヨーロッパの王室と違って、社会貢献活動はほとんどしないし、チャリティ活動もしないし、基金を作って貧困やシングルマザーなどの支援したりもしないし、皇室予算を減額することもない。

国民生活がどれだけ苦しくなろうとも、何もしない。

高いところから、ニコニコ手を振るだけ。
それで、警備費なども含めると1年間で300億円以上の国費を使ってます。
そういう状況なのに、
大絶賛報道ばかりしてると、反動が来ますよ。
マコムロ問題のようなキッカケがあれば、一気に大バッシングに変わる。
そういう可能性すらありますね。

何もしてないのに大絶賛の嵐

って、北朝鮮じゃないんだから、
民主主義国では無理がありますよ。
早く、それに気づいて、プロパガンダはほどほどにしておいたほうが良いと思われます。
特に、愛子内親王。
これだけ国民生活が苦しくなる一方なのに、
正真正銘、何もしてない人を大絶賛してますからね。
国民はバカではないですよ。
今の大絶賛報道を続けてると、危険ですね。
反動がきますよ。

そして、秋篠宮家。
秋篠宮殿下が訳のわからないこと言い出して、秋篠宮家がロクでもないことをやらかすのは、通常運転なので、これからもやらかすでしょう。
なんちゃって秋篠宮王朝ですからね(笑)
マトモになることはないと思ってます。

と、思ってますが、
小室圭合格もたいした盛り上がりはなかったでしょう。
すでに、大勢の一般人が秋篠宮家問題から離れてますよ。
これから特別な事件が起これば別ですが、
そうでなければ、
マコムロ結婚の時みたいに、国民的な盛り上がりになることは二度となく、
このままフェイドアウトしていく流れでしょうね。
マニアの間で誹謗中傷バトルを繰り返すだけ。

そして、
皇室改革は何も進まず、閉鎖的なブラック皇室が維持される。
残念ながら、そういう展開を予想します。

ただ、まったく希望がないわけではないので、
そういう明るい話は、誹謗中傷軍団のいないところで、ゆっくりやることにしましょう。
絶望的な状況ではありますが、策はないわけではないので、
来年は、そのあたりもゆっくりと書いていきたいと思います。

ということで

2年間ありがとうございました。

来年は、サロン中心でがんばりたいと思います。

よろしくお願いいたします。

ではまた

ラベンダー

来年もよろしくお願いいたします。

Subscribe
Notify of
guest

13 Comments
Oldest
Newest
Inline Feedbacks
View all comments
オクラ
オクラ
1 month ago

ラベンダー様 
 今日は、ラベンダー様にとって特別な日だったのですね。ブログのお誕生日、おめでとうございます。

 ラベンダー様のブログに出会ってから、いろんなことを教えて頂きました。圧巻の情報量、冷静かつ中立な分析、それらをまとめあげる文章力、いったいこのすごい人は何者なんだ、と思いながら愛読させて頂いておりました。
 この2年間、ラベンダー様にとって色々とたいへんなことがあったと思いますが、ブログを続けて下さってありがとうございました。そして新サロンの開設、ありがとうございます。
 閉鎖的なブラック皇室に、まったく希望がないわけではない、と、ラベンダー様がおっしゃることに、希望を感じます。これからもまた、どうぞよろしくお願いいたします。

すずらん
すずらん
1 month ago

ラベンダー様
ブログお誕生日おめでとうございます。
2年間私達の希望で辛い時も乗り越えてブログを続けて頂きありがとうございます。
これからも今まで通りのラベンダー様のブログでありますように。
世の中が狂っている事も気づかずに一般的な民は日々の暮らしを営んでいることにマコムロ事件から知ることになりました。
ラベンダー様の「まったく希望が無い訳では無い。」を信じたい。
やはり辛いなどと言ってないで私も一緒に見届けたい気持ちです。
近いうちにTwitter開設にトライしてみます。宜しくお願いします。

みっつ
みっつ
1 month ago

ラベンダー様、こんにちは。

ブログのお誕生日おめでとうございます。

もう2年も経つのですね。

ここのところ、貧乏暇無しでやっておりみすが、最近はニュースや新聞を見ると気が滅入るような事ばかりです‥
代わりにFMを聴いて過ごすことが多くなりました。

最近は疲れ気味で、ラベンダー様の挙げてくださった記事もじっくり読む余裕もない有様です。

少しゆっくりする時間ができたらじっくりと読ませて頂きたく思います。

これからもラベンダー様の記事を読めることをとても嬉しく思います。

寒い日々が続きますね。お身体に気をつけてお過ごし下さい。

失礼します。

ロータス
ロータス
1 month ago

ラベンダーさん、2年に渡るブログ運営お疲れ様です。また新たな門出に12月19日がなりますね。
中傷は中毒になりやすいと思います。攻撃スイッチが入ったら、止まらない。爆上げもほどほどにしないと、白々しさを通り越して狂気になってます。
彼らの仕事は、ひらひらお手振りなのでしょうか?祭祀をきちんとしてるのか、あやしいです。国民負担が増えているのに、皇室費の使い道は不透明。税金の使い方を真剣に考えてほしいです。

白玉ぜんざい
白玉ぜんざい
1 month ago

おめでとうございます。
昨年からの読者ですが、たくさん考える機会をいただきました。
慈善事業や財団は明治維新以来、ヨーロッパ王室を手本に日本でも行われ、一部は形を変えて続いていると理解しています。ただ現存のヨーロッパ王室は全て戦勝国、もしくは準戦勝国。表向きの皇族の資産や、国民の「総意」など比較は難しいとも思います。一番問題なのは密室政治と、皇室会計の不明瞭さですが…
今後ともどうか無理のないようにお続けください。

カフェモカ
カフェモカ
1 month ago

ラベンダー様

遅ればせながら、3年目を迎えられたこと、心からお祝い申し上げると共に、心から御礼申し上げます。

悪が多過ぎてマコムロ問題に構っていられない。。。そしてマコムロは特権階級として贅沢な生活を享受し続けるのでしょう。。。

彼らをみていると嫌でも日本が身分制社会であることを思い知らされます。

つい頭に血が上って誹謗中傷に走る人たちの気持ちも分かるのですが。。。でも私は、ラベンダー様のブログで正確な状況分析、冷静な批判により、自制心を保ちたいと思います。

これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

目次