小室眞子、通院情報リークの考察

こんにちは、ラベンダーです。

どんどん忙しくなってきてます。
今日は、簡単に前回記事の追加記事を見て見ます。
前回の記事の続きという感じです。

<前回の記事>
小室眞子、帰国への準備開始か
 

目次

小室圭の狂ったマイペースが報道された

 またも合格は叶わなかった。今年2月、ニューヨーク州の司法試験に2度目の挑戦をした小室圭さんだったが、結果は不合格。合格すれば、弁護士となってスムーズに就労ビザを取得する道が開けたはずだったが、今回の不合格によって最短で5月にもビザが失効となる可能性が出てきた。

 弁護士試験の「合格者リスト」が公表される数時間前、小室さんはひとり自宅マンションを出て、勤務先に向かっていた。スーツ姿で、髪形はすっかりトレードマークとなったワイルドなちょんまげスタイル。ノーマスクで、耳には無線のイヤホンを付けている。眉間にしわを寄せ、厳しい表情で歩みを進めていく。

 このときすでに、小室さんには「2度目の不合格通知」が届いていた。リスト公表前に、受験者本人には結果が通達されていたからだ。

「小室さんは、日本で勤務していた弁護士事務所に不合格を報告し、今年7月に行われる試験で三度目の正直を狙う意思を表明したそうです。“合格点に5点足りず、とても無念です”とも話したようで、とにかく“惜しかった”ことを強調しました」(宮内庁関係者)

 しかし、出勤する小室さんの姿には悲壮感は漂わない。座右の銘である「Let it be=あるがままに」を地でいっているようだ。

小室さんは自信に満ちあふれています。彼の実力では、何回試験を受けても同じ結果になるという同僚の声もあるほどですが、そんな意見は意に介さず、強情なまでに”司法浪人”を続けようとしています(法曹関係者)

 そのマイペースぶりに頭を抱えているのは眞子さんにほかならない。

女性セブン2022年5月5日号 (太字等はラベンダーによる)

 本題に入る前に、まずは、記事を紹介しておきます。
 これは感慨深い記事ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 出勤する小室さんの姿には悲壮感は漂わない。座右の銘である「Let it be=あるがままに」を地でいっているようだ。

小室さんは自信に満ちあふれています。彼の実力では、何回試験を受けても同じ結果になるという同僚の声もあるほどですが、そんな意見は意に介さず、強情なまでに”司法浪人”を続けようとしています

そのマイペースぶりに頭を抱えているのは眞子さんにほかならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 と書いてますが、
 これって、私が新旧ブログで100回以上言い続けてきた

 狂ったマイペース!

 ってやつですよね。
 いやぁ~ とうとう記事になりましたね~(笑)
 長かったなあ・・・(笑)
 私は、バカをバカだと言い続けてきただけですが、
 メディアは狂ったマイペース男に、司法試験合格間違いなしとか、年収2000万円は確実とか、
 小室圭優秀伝説
 を垂れ流してましたからね。
 こんな記事が出てくるのは、感慨深いですよ。
 ははは

 名探偵コナンの決め台詞。
 真実はいつもひとつ
 わかってもらえたようで、うれしいですよ。
 言い換えると、真実は

 バカは3年経ってもバカ

 ということです。
 
 ところで、この記事。
 前回お話した小室眞子通院情報と同じ2022年5月5日号の記事です。
 だから
 小室眞子側からのリーク記事です。
 ということは

 そのマイペースぶりに頭を抱えているのは眞子さんにほかならない。

 って、本当のことかもしれませんよ。
 だって、この記事。
 小室眞子側からのリーク記事ですからね。
 
 記事では、
 「同僚の声」って書いてますよね。
 そんなことわかるのは、アメリカLS社の法曹関係者しかいません。
 でも、ニューヨークに誰も派遣してないし支社もない「女性セブン」が、何でアメリカLS社の法曹関係者の話を記事にできるのでしょうか?
 わざわざ、日本の女性誌をピンポイントに選んで、アメリカの法曹関係者が情報提供するの?
 それはあり得ない。

 だから、この情報も前回同様

 小室眞子側のリーク

 と考えるのが自然です。
 驚きですよね。
 これからは、
 小室圭優秀伝説が報道されるのではなく、
 小室圭の狂ったマイペースが報道される。

 論調が変わったかもしれません

 不思議な感じになってきましたね。

呼んだ?

眞子は、小室圭に騙された?

小室さんの母・佳代さんの金銭トラブルが明らかになり、世間に結婚への逆風が吹き荒れても、眞子さんの意志が変わることはなかった。

「眞子さんは宮内庁長官に“小室さんは素晴らしい男性です”と直談判したこともあるそうです。結婚会見でも《留学に際して私は一切の援助をできませんでしたが、圭さんが厳しい状況のなか努力してくれたことを有り難く思っています》と話し、小室さんが頼りがいのある男性であることを強調しました」(前出・宮内庁関係者)

 しかし現実は、2回連続での不合格だった。

自信満々な小室さんを信じていたことが、結婚と渡米に踏み切った一因でしょう。眞子さんは生真面目で頑固な気性がありますから、夫の“背信”が続いたことで、心が折れてしまわないか心配です」(前出・宮内庁関係者)

 別の宮内庁関係者によると「眞子さんが皇室を出ている以上、小室さんの不合格に、宮内庁としては無関係という立場」だという。

「小室さんあるいは眞子さんから、秋篠宮ご夫妻に直接連絡があったとも考えにくいです。おそらくご夫妻は、報道を通じて結果を把握されたのではないでしょうか。娘の結婚を何としてでも防ぐべきではなかったのか。2度目の不合格という事実は、そんな思いをご夫妻に抱かせてしまっていることでしょう」(別の宮内庁関係者)

(同記事)(太字等はラベンダーによる)

 これも、なかなかですよ。
 明らかに、小室圭を否定する方向ですよね。

 眞子は、小室圭に騙されていた

 という論調ですからね。
 今まででは考えられないような画期的な論調。
 イヤミを言えば、この論調を結婚前にやるべきでしたね。
 もっとも、結婚前も結婚後も女性誌の本質は同じ。

 皇室側から指示された方向性の記事しか書けない

 ということです。
 誰が指示したかという問題はあるにせよ。
 基本的に、編集部の論調が変わったのではなく、
 リーク元の姿勢・方針が変わっただけです。

 だから、今回の記事。
 小室圭伝説から始まった、バラ色のニューヨーク暮らし
 というアゲアゲ論調から、
 小室圭に騙されて始まった、苦難のニューヨーク暮らし
 という厳しい論調へ変わった。
 そして、この記事は、
 週刊誌が論調を変えたわけでなく、
 
 小室眞子側の方針変更があった。

 と考えるのが自然だと思います。
 このまま「設定」を維持しても苦しいだけ。
 すぐに離婚はないと思いますが、

 小室圭を否定

 という雰囲気ですね。
 ということは
 すでに、
 小室眞子と小室圭の関係は悪化している。
 可能性もなくはないと思います。

 いずれにせよ、

 小室圭の否定

 そういう方向へ向かっているのは、確かなようですね。
 

 なお、ご注意いただきたいのですが、
 当ブログの読者の皆様は、よくご存知だと思いますが、
 私の考えは、小室眞子が主犯、です。
 なので、
 小室眞子が小室圭に騙されたという論調は、個人的に賛成できません。
 だから今回の考察は、私の考えというわけではなく、
 あくまで、記事を冷静分析したらこういう帰結になった。
 そう、ご理解いただければ幸いです。

ワタクシがお願いしました

小室眞子の通院情報についての考察

 では、ここから前回の記事をふまえて
 「小室眞子がニューヨークの病院へ通院している」という情報。
 これが週刊新潮と女性セブンに書かれましたが、
 この情報について、改めて検討してみます。

 <前回の記事>
 小室眞子、帰国への準備開始か

情報は小室眞子側のリーク

 改めて申し上げますが、情報は、小室眞子側のリークです。
 理由は

 1.医療情報という重要なプライバシー情報を本人の同意なしで記事にはできない。
 2.複数社が、同時期に同じネタの取材スクープというのは、通常、あり得ない
 3.報道統制で、マコムロの日常が一切報道されないのに、こんな重要なプライバシーだけが報道されるのは異常。
 4.そもそも雑誌社はニューヨークで取材活動をしてないのに、こんな重要なネタを独自につかむのは無理。

 理由がありすぎて困ります、リークです。
 それ以外に考える余地はありません。
 特に重要なのは、医療情報を本人の同意なしで記事にはできない、ということです。
 有名人や芸能人であっても今の時代、医療情報を本人の同意なしで記事にはできないと思います。
 たとえば、俳優の〇〇が慶応病院に通院中、とか本人の承諾なしで記事にできるかという話。
 今のプライバシーを尊重する時代では、難しいと思いますよ。
 ましてや、元皇族の小室眞子。
 本人の同意なく勝手に、大手出版社が個人医療情報を記事にすることは、絶対ないと思います。
 
 それに、
 万が一、リークでないとすれば、法的措置を含めた厳しい抗議があるはず。
 医療情報という重大なプライバシー侵害ですからね。
 黙っていたら、何度でも重大プライバシー侵害されますから。
 抗議しないなんて、あり得ない。
 今も抗議しないのは、自分でリークしたからでしょう。
 

 だから、
 小室眞子の通院情報。
 原則、小室眞子側からのリークと考えて間違いないと思います。

 ただし、
 小室眞子の上にいる皇族。
 JKGや秋篠宮家がリークを仕掛けたという可能性も否定できません。
 つまり
 このままマコムロを放置しておくと、秋篠宮家の大炎上収まらない。
 いい加減に、なんとかしないといけない。
 そこで

 小室眞子と小室圭の分断工作

 という意味で、こういう情報をリークした。
 小室眞子の医療情報は、総領事館経由で、JKGや秋篠宮家は知り得る立場だと思いますから、可能性はゼロではないと思います。

 ただ、可能性は低いので、結論としては、小室眞子側のリークとします。
 

ラベンダーのファンタジー結論

通院情報は、小室眞子側のリーク

 

病院通いの目的

 次に、何のために通院していたのか。
 特定するのは、もちろん不可能です。
 しかし、ある程度の推測はつきます。
 先ほど説明したように、この情報はリーク情報です。

 通院情報をわざわざリークした

 ここに、重要な意味があると思います。
 リーク元は、小室眞子側か秋篠宮家(JKG)側の二種類、可能性があります。
 ただ、小室眞子側のリークが自然なので、それを前提にします。

 (1)妊娠説
 女性セブンは「妊娠」を匂わせてましたが、それは違うでしょう。
 妊娠してる人が、通院歴をわざわざリークしません。
 「妊娠」ならば、「妊娠」を発表すればいいだけのこと。
 「妊娠」ではなく、通院をリークする意味ないでしょう。
  逆に、変な想像を掻き立てるので、より高度なプライバシーになります。
 「通院歴」をアピールする妊婦って、あり得ませんよ。
 だから、
 「妊娠」はないと考えるのが自然です。
 

 (2)通常の病気説
 次に、通常の「病気」。
 胃潰瘍とか花粉症とか、そういう可能性はもちろんあります。
 しかし、普通は、わざわざ病気をアピールし、プラバシーをさらす人はいません。
 胃潰瘍の治療情報をリークする人はいませんからね。
 だから、不必要な通院歴公開はしないです。
 何か策略なら、あり得るかもしれませんが・・・
 

 (3)PTSD説
 そこで、PTSD
 PTSDの治療、もしくは、治療の偽装。
 そういう目的だと、
 治療歴をアピールする意味はあるでしょうね。
 PTSDを強調することで、いろんな策が使えます。
 後々の布石ということです。

 予期しない妊娠もありますので、妊娠の可能性がゼロと言いません。
 別の件で診てもらったら、実は妊娠だったということもあるでしょう。
 しかし、通院リークという行動との整合性が取れないということです。
 妊娠なのに、通院をリークするというのは、考えにくい。
 妊娠でないとすれば、PTSD。
 特定は不可能と言いながら、よくよく考えると、PTSDしか残らない。
 そう思いますね。

ラベンダーのファンタジー結論

通院は、妊娠ではなく、PTSD関係と考えるのが自然

 

情報リークの動機

 それでは、この情報のリーク動機は何か?

 最初に、外部リークによる「小室眞子と小室圭の分断工作」という可能性はゼロでない。それは指摘したいと思います。

 それはいいとして、本命である小室眞子側のリークであるとして、
 今回のリーク動機は何か。
 全体的な印象として言えるのは

 小室圭の否定

 ですよね。
 今まで、小室圭優秀伝説が流され続けて、「NY州弁護士で年収2000万円超」という「設定」が当然のように語られてきました。
 小室圭は、大手法律事務所へ弁護士として勤務し、
 小室眞子は、弁護士の妻としてNYで暮らす。
 
 それを実現するために
 ロイヤル特権とロイヤルマネーを小室圭へ投資してきた。
 それが、小室眞子のいうところの「拠点つくり」だったと思います。
 小室眞子を擁護する気は、1ミリもありませんが、
 小室眞子としては、「NY州弁護士で年収2000万円超」を本気で信じてたのかもしれませんね。
 それを実現させて、堂々とNY暮らしをする。
 そのために、莫大な資金を小室圭へ投資してきた。

 ところが、
 それは、小室圭からすれば、ただの「設定」だった。
 ロイヤル特権を利用するための口実であり、
 ロイヤル援助金を受け取るための口実だった。
 早い話が

 ロイヤル詐欺

 ですよ。
 ジャガーさん(元婚約者)と同じように、小室眞子も詐欺された。
 いや~ 血は争えないね(笑)
 
 もちろん、ジャガーさんの件と同じく、詐欺は認めないでしょう。
 自分は、あくまでレット・イット・ビーに生きてるだけ(笑)

 ア)司法試験は、ずっと狙っている、ただ合格しないだけ
 イ)ロイヤル特権は、「私がお願いしました」とマコが行使しただけ
 ウ)ロイヤル援助金は、「返さなくていい」といったから、返済不要。

 だ~から、詐欺じゃねンだわ

 と主張すると思います。
 自分は、マコに言われて「拠点つくり」してるだけ、
 「拠点」がまだ完成しないのは、運が悪いだけ(笑)
 そういって、今後も狂ったマイペースを続けると思います。
 LET IT BE
 そして、そんな小室圭の資質を小室眞子は結婚してはじめて理解した。
 結婚前は、皇室脱出のことしか頭になくて、小室圭の人間性と資質とか、良く見てなかったと思います。
 小室圭に投資して、皇室脱出を成功させ、
 「NY州弁護士で年収2000万円超」の妻として、ニューヨークでノンビリ暮らす予定。
 しかし、実際は、そんなものどこにも存在しない幻想だった。
 それに、小室眞子が気づいたということかもしれません。
 
 病的なウソつきの小室圭。
 たぶん、小室圭は、いつまでも司法試験に受からない。
 ロイヤル生活保護で、司法浪人を永久に続けるかもしれない。

 それは困る(笑)

 それに気づいたから、今回の行動に出た。
 小室圭の「設定」を否定し、何らかの改善が必要。
 わたしは、そうファンタジー解釈してます。

ラベンダーのファンタジー結論

小室圭の司法試験詐欺に気づいた小室眞子。小室圭否定へ動く。


先生、私騙されたのですが、病気でしょうか?

  ということで
 こういうことを前提に、今回の情報リークで何を狙っているのか?
 今回はPTSDの治療アピールだと思いますが、その先に何があるのか?
 長くなりましたので、それは次回にしたいと思います。

 実は今、
 知らないうちに、大きな山場を迎えていた。
 そういう可能性も十分あります。
 マコムロ問題。
 今後の情報には、皆さまもご注意くださいませ。
 とはいえ
 私も、完全に読み切ったわけではないですから。
 まだまだ、わからないことがたくさんあります。

 また、皆さまのご見解をお聞かせください。
 よろしくお願いいたします。
 ではまた

 
 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Subscribe
Notify of
guest

35 Comments
Oldest
Newest
Inline Feedbacks
View all comments
nanimositeinai
nanimositeinai
5 months ago

こんにちは。
「病気」を強調するなら 「親元へ帰省する計画」ってのはどうでしょうか?
国民が怒っているのは多額の税金が使われていることだと思います。
親元に帰れば33億の御殿に住めますし、警護費も節約できるし、一挙両得なような気がします♪

つぶきち
つぶきち
5 months ago

連投ご苦労様です。読んでて爆笑と苦笑いが入り混じった笑いになってしまいました。
自信に満ちあふれてるって・・・。M子氏に何て言ったんでしょうね『まーちゃん!次は絶対受かるからさー』みたいな事言ったんですかね?やっぱり一緒に生活してみて M子氏が信じてやまなかった 素晴らしい男性像が この半年あまりで 崩れていったんですかねー。 Kは このままニューヨークで司法浪人ですか?帰国後M子氏は例のマンションで離婚ではなく 療養だったら K代が出てくる事は無いんですかね? 何かA宮夫人より K代の方が好きって言ってたし・・・

ふくろう
ふくろう
5 months ago

ラベンダーさん 皆さん こんにちは。
モアイ妻、リークする元気があるから現実は健康体ですね。JKGとやり口が同じ。
設定のために病院利用して通院するなんて世の中には本当の病気でも病院にいけない人がどれだけいることか。ウクライナの被害者の方々の事とか見ていて心が痛まないのでしょうか。痛むのならこの状態にはなってないでしょうけど。
今後の展開予想としては、とりあえず病気をアピールして国民の同情をひき、離婚はせずに帰国してモアイ夫とは、しばらく別居ですかね。すぐには離婚はしない気がします。プライド高そうだし。
それで時間を稼いでまた新たな設定を「チーム悪だくみ」で考えるってとこでしょうか。
モアイ夫は横浜のマンションにモアイ母と生活。またポリスボックスができるでしょう。神奈川県警の方々はお気の毒です。
テレビ報道は「マコさん、お帰りなさい。辛かったですね。頑張りましたね。もう大丈夫ですよ。日本でゆっくり療養して今後の事を考えてください。元気になって私たちに素敵な笑顔を見せてください。」谷原章介が言いそう。あ~聞きたくないです。
マコムロ事件で失ったものは「皇室への信頼」と「谷原章介への想い」です。

チャムス
チャムス
5 months ago

ラベンダーさん、皆さんこんばんわ

通院というリーク、そもそも通院すら本当なのか疑わしいです。目撃されたらしいけど、写真もないですよね。
ラベンダーさんの予言?が次々と当たるから怖いです笑
記事を書く連中は、ラベンダーさんのブログをパクってんじゃないの?て思います
馬子の両手をダランと下げた格好にモアイのチョンマゲ、石器時代の人物みたいです。
いつ、どこで撮られてるかわからないのに緊張感もなんもない。外出時くらいまともな格好できないんでしょうかね。
例の下着屋さんのランジェリーの値段調べましたが、ブラジャーが約2万円でした。
今回の騒動が逆に宣伝になりましたね。
モアイ夫妻、アキ一家においては全てが凄すぎて、周りが麻痺して黙るのを待ってるんではないかと妄想してます。

ちゃちゃ
ちゃちゃ
5 months ago

初めまして、キレのある考察ぶりを、大変興味深く拝見しております。
ご指摘の通りM子さんが、今さら気づいた(正確には洗脳が解け始めている)、としてもプライドの権化ですので、絶対に認めないでしょうね。愚かな自分と夫を。
今後は、隠密に日本とアメリカを行ったり来たりして、離婚もせずにズルズルとこのまま生きてゆくでしょうね。ただし多産系と思われる体型ですので子供だけは何人も出来るでしょう。
小賢しい(断じて賢くはない)お祖母さまを見習って、表面上“だけ”でも、取り繕うだけの演技力・政治力があれば、良かったんですがね。
今後も税金は垂れ流し状態が続くかもしれませんが、それもいつかは途絶える……ことを祈るばかりです。

メイメイ
メイメイ
5 months ago

こんばんは。確かに病気に関する話題だけひょっこり出てくるのはおかしいですね。説明文の署名があったという物的なものもないわけですし。慧眼ですね。
もし帰国となった場合、ポリスボックス付きマンションが当然の帰省先だと思われますが、例のオークウッドレジデンスが5月後半から予約できない状態になっています。もし万が一ここに滞在となった場合、私達は支払いの出所が税金ではない証明を求める権利があると思います!

オレンジチョコ
オレンジチョコ
5 months ago

ラベンダーさまこんにちは。

眞子さんのビジョン、キャリアプランwとしては、まずは実家を出たかった、というのはあるでしょう。その後は、清子さんのように、金銭的に困ることなく、セレブチックな生活を楽しくできれば、ってところで、自分で何かを努力してなし得ようということもなさそうです。

そういう人って、何かあっても人のせい。楽しくないのは日本国民のせい、KKのせい、コロナのせい。。やっぱり何か仕事でも主婦としてでも、やることがないと人間飽きます。皇族のときの公務で引き継げるものがあればよかったけど。

夫への内助の功ってのもなさそうだし、家事育児に喜びを見出す、ってこともなさそう。とにかく暇なんでしょうね。せっかくニューヨークにいるのにもったいない。

KKは銀行員として頑張ってれば、こうはなりませんでした。そこそこ、いや、かなりお幸せだったでしょう。銀行で仕事が壊滅的にできずにさっさとやめたとき、そこでこうなることわはも

オレンジチョコ
オレンジチョコ
5 months ago

途中で送信してしまいました。ごめんなさい。

こうなることは予測できたはず。
別れておけばよかった。箔付けは無理。
せっかく一流の銀行の、一流の支店に配属になったんだから、そこで頑張ればよかっただけ。

努力ができない、ほんとにただの1国民KKに、眞子さん、国はいくら払ったのか。
計算する専門家希望です。

ほんとに援助ゼロなら、国民はもう、2人がんばれー、だけですよね。

かまきり
かまきり
5 months ago

お久しぶりです。
もし、帰国したら眞子は紀子さまの実家に住み、小室は横浜のマンションに住めば警備費も
かからないはずですよね。紀子さまの実家ならすでに巡回などの警備は妃殿下の実家として30年以上されているし、帰国後すぐのマスコミの過熱が終わった後は民間人だから十分です。
このアイデアの元ネタは高円宮家の絢子さんが久子さまの実家で暮らしているという懐妊報道です。
話はそれるかもしれませんが、これほど狂ったことをする秋篠宮家となっていますが、皇室全体が本当は狂っていて小室があまりにもアホすぎるからばれているような気がします。みんなしているから本人達は悪いことをしている意識がないっていうやつです。 ここからは妄想ですが、黒田さん以降結婚した女性皇族は皆仕送り、便宜を計らっている。ただお相手がそれなりだからバレないだけ、衣類と嗜好品、佃煮など日持ちのする食べ物は私費で買い現物渡しをすれば現金でない仕送りです。それだけ家計から浮きますから。黒田さんと守谷さんは昇進や有給という形で勤務先からの忖度が働いているけど本人がそれなりだから周りもわからない、皇室行事で休み、有給は別に取っとしたら便宜だと思います。
あと批判ではないのですが、愛子さまの成人会見の時に
『見守ってくれた方に感謝 に衝撃を受けました。上皇さままでは皆さまに感謝だったので、眞子に通じるものをかんじました。不登校だのあれほど叩かれたのでわからないでもないですが、皇室全体として変わってきている感覚です。
私自身は天皇派でも、秋篠宮派でもありません。皇室の歴史が好きな人間です。今愛子さまか悠仁さまかと言われていますが、こういう争いが過去におきたから皇室典範を作ったと思っています。徳川家も吉宗の長男は身障者、でも長子相続を守りました。今のような報道はお二人を傷つけるだけです。上皇様が院政を避けるために作られた皇室典範を破られたのだから一緒にはっきりさせるべきでした。退位されたこと自体が彼らのいう政治介入ですから、徳仁親王の愛子さまをどうしたいか、天皇か、宮家か、今まで通りか代弁してほしかったです。

Youco
Youco
5 months ago

ラベンダーさま、おはようございます。
懐妊説はない!というラベンダーさまの考察、さすがです!
病気療養を理由に、ひとまず帰国し、実家に寄生する線を狙っているのでしょうか。
そもそも「降嫁した元女性皇族を公務員職にして、公務をサポートさせる」なんて案も出ていましたから、皇籍には戻れませんが、住み込み職員として赤坂御所で一生暮らすことも可能になるかもしれません。もしかして、主のいない高輪邸が「職員住宅」として活用されるかもしれません。
マコムロがセットで宮内庁職員では批判の嵐になるでしょうから、離婚したらの話でしょうけど、もはやお互い利用価値ありと踏んでいたストーリーが崩壊して、修復がきかなくなっているのかもしれません。

瑠璃のひかり
瑠璃のひかり
5 months ago

おはようございます。
去年から情報が乱れ飛びだすと大きな動きがある「前触れ」でしたね。
マコの帰国の可能性が大きいのかもしれません。
もしKKと一緒に帰国して離婚しないなら、ビザ切れの可能性もあるのかもしれません。司法試験と同様、ビザや永住権は忖度しないアメリカなのかも?
ハリメガカップルが米国に移住しようとしたとき、トランプ大統領は経費の負担はしないと明言。マコに永住権を認めたら警備費発生など米国にとって厄介になる。
あと、KKが2度も不合格なのはマコにはあり得いことだったかもしれませんね。
去年結婚後、免許センターへ行ったときの二人のどんよりとした雰囲気、あれは司法試験不合格の知らせを受けてガッカリしていたのかと。マコはKKが司法試験に合格すると本気で思っていたのだと思います。一緒に暮らして、KKを見ていて弁護士は無理と悟った可能性あります。
KKと別れる気なら、通院リークの必要ないかなとも思います。別れたくないから、弁護士設定を変更するためにPTSDを口実にして帰国する?一応KKのメンツをつぶさないように配慮?
OPTによるビザなら遅くとも7月には切れる。それまでにどんな動きがあるか目が離せないですね。

瑠璃のひかり
瑠璃のひかり
5 months ago

ビザ問題に関する私のコメントでラベンダーさんを孤独に感じさせてしまったなら申し訳ないです。
どこまで米国側で忖度があるのか、私のような者には見当がつかないです。
私も最初はマコが永住権取得する方が近道とは思っていました。企業のヒモづけビザでなく独立した永住権を取得させる方が確実と。
ビザの件は私には全く分かりません。私のコメントは無視して下さいね。
いずれにしても、病院通いがリークなら、動かずにはいられない事態になったということと思います。

nanimositeinai
nanimositeinai
5 months ago

瑠璃のひかり様、横から失礼します。ラベンダー様、横から失礼します。
瑠璃のひかり様、
ワタクシは 好奇心満々・人の不幸を喜ぶ性悪な老婆です。
ビザの件は以前から、ラベンダーさんは 眞子はもう永住権を持っている、とおっしゃっていて、どうやれば永住権が取れるのか ワタクシは全然わからなかったのですが、、、
ある日、YouTubeの動画で知った方法です。
ラベンダーさんには確認を取っていません。
合法的に永住権を取得するにはEB-5プログラムと言って、富裕層向けの永住権お買い上げシステムがあるらしいです。
90万ドル(或いは80万ドル)を、各種製造・不動産・スキーリゾート・介護施設などのプロジェクトに投資すれば、中には返金不能や 採算見込み無しのものもあるけれど、20歳以下の子供(独身)と家族全員の永住権が取得できる。と言うものです。
自らは事業の運営に参画しなくても素人でもマネーさえあれば取れる奴です。
計算すればザッと1億強のマネーです。眞子自身がお金をだしたのか?外務省が機密費で出したのかは分かりませんが、ワタクシは多分 外務省が「お買い上げ」したんだろう と思います。
このプログラムは
2021年6月3日以降一時中断になりましたが2022年3月から2027年3月30日まで延長されました。
一応下に貼り付けておきます。
https://www.usavisa.jp/EB5/
間違っているかもわかりませんが・・
瑠璃のひかり様、ラベンダー様、失礼しました。

瑠璃のひかり
瑠璃のひかり
5 months ago
Reply to  nanimositeinai

nanimositeinaiさま
こんばんは。コメントありがとうございます。
前にコメントしたのですが、米国に利益をもたらす才能ある人物という曖昧な要件の永住ビザがあったはずです(私は専門外なので解釈が誤っている可能性もあります)。私はそちらではないかと考えていました。
ブラジル等から高位の勲章授与やら名誉職に就いた経歴など、一般人にはない「特別な才能」があると認定することは米国に裁量の余地があるので、米国が忖度すれば可能だと思います。
真実は一般庶民の知らないところにあって手が届かないことを歯がゆく感じます。
秋家はお茶の水入学から始まって、作文コンクールもルール違反を繰り返して受賞辞退なし。ツクフも特別制度で入学。忖度を受けて当然の宮家なので、ビザや永住権について忖度を希望すること自体驚きません。
何が真実か明らかになる日が来ることを祈っています。

masa
masa
5 months ago

ラベンダーさま
次なるリーク、中途半端な内容とはいえ、
トントンと調子良く続きましたね。
このままゴールデンウィークまでエンタメしてくれるつもりでしょうか、、、(笑
さて、確かに通院リーク、なんのためか?という観点はさすがラベンダーさま
おっしゃる通り、PTSDアピール・フェイク、将来の伏線、がメインだと思います。
とはいえ、私個人的には、通院の目的には一部かも知れませんが、
やはり妊娠検査はあった、と踏んでいます。
それは、
1.帰国するので飛行機乗って大丈夫かとにかく検査する
2.実は将来「離婚」も選択肢にあるので、きちんと調べときなさい、と言われている
(この場合、今後は厳密に別居化していく可能性大)
でも、当然その目的で病院に行った、と知れると、
妊娠していたのか、そうじゃなかったのか、という議論が湧き起こり、
結論を伝えなければならなくなってしまうので、それは言わない。
その目的でないことを匂わすためには明確にリークせず、PTSDやお見舞いなどと後からどうとでもできるようにはしておく。(もちろん安定期に入ってから実は妊娠していました、も可能性としてはあり得ます。)
さらに、リークしておく必要として、通院時に日本人目撃者があったため、勝手に取材記事がアップされ、妊娠説など勝手に盛り上がらないように、ある程度の方向性を限定しつつ先に記事を書かせておいた、という可能性も補助的にあるかも知れません。積極的情報統制としてのリークですね。
まぁ、私は以前の伏線の「眞子さんにとってもNYに来てからの3カ月は“誤算だらけ”であり、新生活に幻滅している可能性がある」記事に希望的憶測で引っ張られております(笑
本当に騙していた、騙されていた、と思っているかは別として、現実に気付き始めた、、、
この人、何回受けても無理なんちゃうか? 私は全てを投げ打ってきたのに、、、
いい加減にセーよ、何が”Let it be”やねん、という気持ちが湧き上がっている、のではないかと妄想しています。
最悪は前回の不合格時に、「次もダメなら離婚もあるからね!」とカッとなって言ってしまった、それが満更でもなくなってきたのではないか、と感じています。
KはKで、騙している意識はなく(←これが悪気がなくて最悪)、ラベンダーさんのおっしゃる通り、言われた通りに頑張ってんだけど、結果はLet it beなんで、みたいなスッとボケたマイペース。俺ってスゲーから次は5点ぐらいなんとかなるっしょ。(自分でついた嘘に騙されてる自信)
まさに、援助いただいたので返す必要はありません。法的にも問題はありません。とした態度なのだと思いますし、その構造にM子も気づき始めた、、、ということでしょう。「こいつ、騙す気なく、嘘ついてるんや、、、」
いや、永遠の援助、まさにロイヤルプーを手に入れてしまったLet it be。離婚するにしても口封じのための一括手切金はもちろん、その後も得体の知れない忖度がどこからか引き出されて母子安泰の生活を送って行くのでしょうか、、、
ただし、離婚の場合、PTSDなので急いで結婚した → 結婚したら現実は誤算だらけでPTSDが悪化した → 耐えきれず離婚
とPTSDのせい、が矛盾した行動に繋がってしまう苦しさがありますね。結局フェイクなので一貫性がなくなっちゃいます。PTSD匂わせの真の目的は??
まぁ、とにかく妄想は希望的憶測で勝手に楽しんでおりますが、全く違う設定が現れるかも知れませんし、楽しみですね。
なんかMETの話は一旦消えちゃってる気もします。そうなるとますます一旦は帰国する可能性濃厚ですよね。帰国の場合、別居前提になるのかも?

masa
masa
5 months ago

おっしゃる通りです。眞子さんはもしも検査してるとしても、欲しくて検査してるんじゃないと思っています。50/50で離婚前提で動いてる可能性の方が大だと。
ラベンダーさんご指摘の通り、まずは一時帰国で、もしも同伴帰国でもほぼ別居の形を取るのではないか、、、と。つまり健康問題は帰国(別居)のためのシナリオ作り。
もしも眞子さんがK氏に猶予を与えるのであれば、K氏は7月の再受験までは一人NY(この場合も結果別居)そしてこれが最後のチャンスなので、不合格で離婚内定。そんな妄想してます。
まぁ、でもK氏のことですから、7月の受験終わったら、「今回はバッチリだった!今まででいちばんの出来だと思う」って言っちゃうんでしょうね。

d4c
d4c
5 months ago

みなさまこんにちは。ただいま謹慎中のDです。
予想はしていましたが「M子さんのやってることは不法就労ではないか?と移民局に連絡しました」というYouTuberさんがやっぱり現れました。移民局の通報サイトのリンクも概要欄で紹介してます。
https://youtu.be/78UqfwlZLik

「週刊NY生活」に「眞子さんはじめてのお仕事」と1面に大きく解説文のことが紹介されましたが、同じ紙面の4面に、移民法の弁護士が、伏せ字ながらおそらく彼女を念頭に「移民法ではボランティアは社会奉仕活動のことで、無報酬=ボランティアではない。F1の配偶者ビザで無報酬のボランティアといっても、仕事を目的とする場合は違法の可能性がある」という記事を出してます。その隣に森総領事着任披露の記事があり、カーペンター氏も招かれたと書かれています。
5面にはM子さん解説文の全文訳がのってます。
https://www.nyseikatsu.com/featured-article/04/2022/35332/  
(「今週のデジタル版を読む」ボタンから紙面がダウンロードできます)

キャップギャップエクステンションのことでYouTuberさんが続々動画をあげてますが、知らなかったのかと逆にびっくりしています。チートかのようにミスリードしている感じも見とれますが、F1→H1B切り替えのために雇用主が抽選に申請してくれれば誰にでも発生する仕組みです。抽選の申請の締め切りが3月下旬で、司法試験の合否発表が4月下旬なので、普通に考えてLSがビザサポートして抽選に申請してもなにもおかしくないと思います。むしろ、抽選結果はもう出てるはずですがどうなったのでしょう。受かってれば、審査のための書類を出して審査へと進むんですが、ロークラークでは難しいだろうという見立てが正しいのか・・。審査書類には、経歴や実績をまためちゃめちゃ盛るんでしょうね。審査に「なんらかの力」が働くのではと、不安になります。

d4c
d4c
5 months ago

ラベンダーさま、多大なるご迷惑をおかけいたしましたのに、ご寛恕こころから感謝いたします(涙)。あと数日、気持ちの整理をして、もどって参ります。
ラベンダーさん、孤独ですか?そんな….こんなに大勢のみなさんに支えられ支持されてらっしゃるじゃないですか。わたしが書くコメントなんて、ぜんぜんいいねいただけないですよ。YouTuberさんのコメント欄にとかにちょっとだけ書いたりしましたが、わたしのおとなりの方が300とかいいねついてるのに、わたし8とかですよ。需要ないんだなと悲しいです。
けど、叱咤激励をいただきましたので、復帰にむけてがんばってみたいと思います。ありがとうございます。

(YouTuberさんたちって、キャップギャップエクステンションも知らずに7月でビザ切れとさいわでたのかと愕然としました。ラベンダーさんおっしゃるように、調べてないんですね…。ついさきほども「はじめてきいた」「裏技」とかゆってる動画があがりました。がっかりです。おっしゃるとおりビザは最終的な解決の道筋はついてるんでしょう。ラベンダーさんとの”ギャップ”、たしかに埋めがたいですね。)

コメント初心者です
コメント初心者です
5 months ago

こんにちは。コメントは少しご無沙汰してしまいましたが拝見しています。
クスッ、と笑ってしまいました。↓
「小室圭を否定しないと、誰も幸せになれない。
 自然な話だと思いますけどね。」
もうこれに尽きますね。
小室眞子さんへ、私などは心から『気付き』を待ってます。
もしも今も彼との生活の中に於いて、幸せを感じている日々があるのならだいぶん『変』ですよ。なんだかだらしない体型でいらっしゃる…旦那さん

『国益の問題』『日本の損失問題』って、本当にそう思います。

ブロッコリー
ブロッコリー
5 months ago

今晩は。ブログ更新ありがとうございます。
狂ったマイペース、病的な嘘つき等々ここではお馴染みのワードが一般的になってきましたね(笑)
ケイはそれとして(笑)…問題は主犯マコさんです。生きていくために必要な選択、ワタクシがお願いしました、って自信満々に国民に喧嘩売ってましたからね。ケイの能力の無さを思い知っても、大人しく引き下がるでしょうか。更に強硬にロイヤルパワーを行使する可能性もあります?ババ様にお願いしたらなんとでもなる、という生き方をしてきたでしょうし。

もしもマコさん懐妊となれば、可哀想ですが罪のない子が将来の災いの元とるでしょうし、見たくないものを更に見せ続けられる国民の感情は大炎上から全て燃え尽くされた焦土へと…A家は燃えカスとなる。
ケイに騙されてた設定で別居からの離婚一択、A家にはもうそれしかないでしょう。でもな〜、彼らはいつも選択を間違えるからな〜(笑)

masa
masa
5 months ago

ラベンダーさん
わたし的には、「あれ? 『優秀伝説』宮内庁が工作してたんじゃないの?」という記事が新潮から出ました。いよいよ切り離しでしょうか??
https://news.yahoo.co.jp/articles/d9a4a06bbdfacc281a62488d471f84e0c6dd4226

目次