昭和の日に平成皇室を絶賛する人々

 こんにちは、ラベンダーです。

 改めて、いろいろお騒がせしたことお詫び申し上げます。

 また、私の発言により不愉快な気分をさせてしまったこと、お詫び申し上げます。
 
 昭和天皇の件やビザ問題の件など、言い過ぎた部分がありました。
 気分を害された皆さまへ、改めてお詫び申し上げます。

 いろいろ、申し訳ありませんでした。

 とても反省しております。

 

一連の騒動について

 今回の一連の出来事。
 すべては、私自身に問題があります。
 一言でいえば、異なる意見に対する許容度、ということです。
 それが低すぎた。そういうことです。

 天皇派、秋篠宮派のような、同じ思想の人が集まってサロンを作る。
 そういう党派的なグループ活動を否定しているわけでなく、むしろ、一般的にはいろんな党派的グループが議論し合意形成することで、民主主義国は物事を前に進めているのでしょう。
 一般論として、党派的行動は、民主主義社会の一部です。

 ところが、皇室言論については問題があります。

 それは、あまりにも見解の偏りが激しく、他派を一切受け入れない。
 双方が妥協点を見出し、相互理解し協調するという思想がない。
 だから、いつも自派を全肯定、相手方を全否定。
 特に、最近の一部の天皇派が主張する、秋篠宮家を絶滅させることが正義である、とする論調はとても危険ではないかと思ってます。
 
 天皇派 VS 秋篠宮派。
 この両派のバトルは、相手方をナチスやポル・ポトのような絶対悪とみなし、相手方を絶滅することが唯一の正解だとするものです。
 それは民主主義国の言論ではないと思います。

 そこで、いろんな考え方を持つ一般人が皇室問題に意見を言い、参加する。
 そのことで、冷静な議論・言論が、皇室の世界でも起こる。
 そういうことを考えて当ブログでは、一般人が参加できる場所、を意識してやってきました。
 気持ちは今も同じです。
 一部、天皇派や秋篠宮派が言うように

 相手方を皆殺しにするのが正義

 という主張では、何も生まないし、皇室の腐敗は止まらないし、
 どこまでも不毛な罵り合いが続くだけ。
 そして、最終的には、皇室を滅ぼす結果になるでしょう。

 素人の一般人がいろんな意見を述べ参加すること

 それこそが民主主義の根本であり、最も大切にすべき価値観です。
 それをどこまでも大切にしたいと思っています。

 しかし!

 今回の件を見て明らかですが、肝心の私自身が、多様な意見に対する許容性が低く、気に入らない話をされると、簡単にキレて暴発するというので、話になりません。
 正直、一番、ショックだったのは、自分の無能さですね。
 これは、ちょっと話にならない。
 私は昭和天皇をリスペクトしてますが、その何百倍も「自由主義」「民主主義」の価値観を大切にしています。
 と、気持ちでは思っているのですが、
 ここまで内容と力量がついていかないと、コムロ詐欺のレベルですよ。
 器が小さすぎました。
 自分に失望した。
 それが今の正直な気持ちです。

 
 私が頭の中で考えていることは、本質的に良い方向性だと今も思ってますが、
 それを実現させるだけの力量や精神力が私にないので、
 さて、どうしたものでしょう。

 今後の身の振り方を考えたい

 と申し上げたのは、そういう意味です。
 すぐには、答えが出ないですね。
 ブログを続けていく方向になるとは思いますが、
 秋篠宮老人会のような、狂った陰謀論を言い合って楽しむサロンを作っても意味ないとは思います。
 さて、どうしたものか。
 このGW、少し休養しながら、いろいろ考えてみたいと思います。

皇室の最高権力者はJKG

 さて、今日、休養のつもりでしたが、
 限定的に復活したのは、JKGのPR記事を読んでしまったからです。
 本来、今日は昭和の日なので、昭和天皇について語るべきですが、トラブルがあったばかりですので、昭和天皇のお話はいたしません。
 そこで、
 静かに過ごす予定だったのですが、JKG様は許してくれないようで。
 あくまで妄想ですが、私ラベンダーは、小室夫妻だけでなくJKG様からも目をつけられたのかもしれませんね(笑)
 生霊が多すぎ(笑)

昭和の日に、上皇さまと美智子さまから「老い方の美学」を学ぶ

4月26日、上皇さまと美智子さまは改修工事の終わった元赤坂の仙洞御所(旧赤坂御所)に「お二人そろって」入居された――。これは、実は歴史的にも意義のあることなのである。上皇さまが崩御ではなく生前退位を実現されたからこそ、「お二人そろって住まう」ことができるのだから。この御所は、30年余にわたって積み重ねてきたお二人の人生の集大成の場でもあるのだ。上皇さまはここ近年、記憶や認知機能が低下しているとも報道されているが、仙祠御所で落ち着いた毎日を過ごされることだろう。

仙洞御所(旧赤坂御所)は、上皇さまと美智子さまがご成婚翌年の1960年から1993年まで30年以上もの長い間住まわれた懐かしい思い出のつまった御所である。赤坂御用地には秋篠宮ご一家も暮らしておられるから、自然に行き来も増え、お孫さまたち(佳子さま、悠仁さま)とふれあいながらのおだやかな晩年となるのだろう。

2022年4月29日 おとなの週末 (太字等はラベンダーによる)

 あまりにも気分が悪いので、細かい金額を調べてないですが、
 上皇夫妻の「移動」に伴って、莫大な国費が費消されました。
 贅を尽くしたリフォーム後の仙洞御所。
 独裁者の宮殿にしか見えませんが、
 国民からの批判を受けることを察知してか、JKG上げの記事がどんどん出されてます。
 今年に入ってからのJKG上げの連発はヒドイ。

 〇 愛子さまの成人の際もJKG上げ。

 〇 愛子さまの会見の際にもJKG上げ。

 〇 悠仁さまの進学に関連してもJKG上げ

 〇 雅子皇后に関連してのJKG上げ

 〇 紀子妃に関連してのJKG上げ

 と言う具合に、皇室で何かあるたびに、そこへJKG上げが挿入されるという異常事態が続いております。
 そして、とうとう仙洞御所への移転となり

 多くの新聞、テレビ・雑誌が、一斉に、仙洞御所への移転を速報

 という、北朝鮮の国営放送かと思うような異常な翼賛報道になりました。
 引退した老夫婦の引っ越しが「速報」かい(嘲笑)
 そう、わかりますよね。

 皇室の最高権力者はJKG

 天皇でも秋篠宮でもなく、皇室を支配するのはJKG。
 それを国民へ見せつけたということですよ。
 でも、それで満足するJKGではなかった。

 今日は、昭和の日。
 昭和天皇の話をするわけでなく、礼を尽くすわけでなく、
 自分たちを正当化するための道具として、昭和の日を利用した。
 昭和天皇とJKGは、関係が良くなかったようですから、
 JKGとしては意趣返しという意味もあるのでしょう。
 香淳皇后を辱めただけでは気が済まず、事あるごとに

 昭和天皇夫妻= 民間人嫁をイジメてきた悪者
 上皇夫妻= 国民に寄り添い続けた崇拝すべき神
 
 と言う印象操作を仕掛け続けるのでしょう。

 それにしても、
 莫大な税金を使った贅沢を歴史的にも意義のあることとは、よくもまあ恥ずかしくもなく言えたもの。
 冗談でも誇張でもなく、JKGは、独裁者の精神構造をしてますよ。
 完全に、自分は何をしても許されると考えている。
 そして、自分の死後も称賛され続けること目指して、

 独裁者の終活

 を行っているのでしょうね。
 歴史上、いろんな独裁者が存在しましたが、その晩年はこんな感じだった。
 まさに、生きた歴史の教科書ですよ、JKG。
 独裁者のね。

平成ブラック皇室万歳

ちなみに今日は「昭和の日」で昭和天皇の誕生日にあたる。

今からさかのぼること33年前の1989年1月、昭和天皇崩御に際し、前例に従って喪儀が行われた。古くからのしきたりにのっとった儀式は壮大かつ長期間にわたった。皇太子さま(上皇さま)と美智子さまは、1年もの間、喪に服して経済活動を自粛した国民の生活、墓陵を造るための膨大な経費、儀式に係る人々の労苦を目のあたりにした。一部の企業のCMも自粛する事態となった。

天皇が亡くなったとき、残された国民を混乱させないためにはどうしたらいいのか。なにより、喪に服しているさなかでは、お代替わりの儀式や催しも華やかには行うことがはばかられる。新しい天皇の御代を寿ぐムードにならないのだ。これらを何とか変えることはできないだろうか。

(中略)

「天皇が亡くなったとき、残された国民を混乱させないためにはどうしたらいいのか」

天皇陛下と美智子さまのすべての発想の原点は、この1点に絞られる。それは、国民と共に歩み、国民に尽くされてきた平成流の陛下と美智子さまの願いだった。

2012年2月、陛下は心臓病の手術を受けられた。それをきっかけに、退院した春から毎月1度、皇太子浩宮さま(現天皇陛下)と秋篠宮さまをはじめ、宮内庁の参与たちも交えて懇談が催されるようになった。そこでは天皇陛下(上皇さま)の象徴天皇としての体験やお考えを伝え、生前退位への思いを話し合われたという。懇談を催す発案は、美智子さまだったといわれる。

(同記事)(太字等はラベンダーによる)

 昭和天皇崩御に国民は混乱した。
 だから、自分たちは国民を混乱させないように「生前退位」を選んだ。
 って
 ふざけるんじゃない💢💢💢

 自分たちを正当化するのに、いちいち昭和天皇と比較する必要はないはず。
 だけど、JKG。

 昭和天皇と比較して、自分たちの方が国民に尽くしてきた

 と言いたいらしい。
 昭和天皇より自分たちの方が、はるかに素晴らしい。
 わざわざ昭和の日に、この記事を出させたのも、そう言いたいため。

 国民と共に歩み、国民に尽くされてきた平成流

 って、何。平成流?
 昭和は、そうじゃなかったと言いたいわけ。
 自画自賛するのは勝手だが、わざわざ昭和と比較する必要ないだろう。
 腹立つなあ💢💢💢
 
 昭和と比較した平成賛美は、まだ続きます。

国民生活への配慮から、陵は昭和天皇陵より小さくし、天皇陵と皇后陵を寄り添うように並ぶ「不離一体」にするという内容だった。お二人の陵はまるで手をつないでいるかのような、やさしさを感じさせるたたずまいである。この発表でとりわけ注目を集めたのは、皇室の伝統の土葬ではなく火葬にすることだった。

宮内庁は葬送について調整するにあたり、皇室について定めた法律「皇室典範」に沿って検討していった。陛下と美智子さまは、皇室の祭祀や儀礼を守りつつ、国民に影響を与える部分のみ、整えていこうとされていたからである。

(同記事)(太字等はラベンダーによる)

 国民生活への配慮

 国民に影響を与える部分のみ、整えていこう

 じゃあ、昭和天皇葬送などは、国民生活への配慮はなく、国民に影響を与えたということですか。
 何をふざけたことをいう、JKG💢💢💢

 1.わざわざ昭和の日に記事を出して
 2.わざわざ昭和天皇と自分たちを比較して
 3.国民生活への配慮とか言い出す。

 悪意があるとしか解釈できません。
 
 国民と共に歩み、国民に尽くされてきた平成流
 だあ?
 冗談じゃない。
 皇室をブラックボックス化して、国民から見えないようにして、
 贅沢の限りを尽くしてきた平成ブラック皇室。
 自画自賛するだけでも、腹が立つのに、
 昭和天皇を貶めて、自分たちのほうが国民に尽くしてきたって妄言、許されるわけないだろ💢💢💢
 思いあがったJKG。

 平成皇室万歳!

 国民にそういわせたいのだろう。
 冗談じゃない。
 私は、徹底的に抵抗しますよ。
 
 まったく、底なしの腐敗。独裁。
 これが今の皇室の姿ですよ。


 ということで
 怒りすぎて、休養してたのに、

 また怒り狂ってしまいました。。。

 何を考えているのか。
 バカとしか言いようがありまっせんね、私。
 言い訳できませんね。
 でもね。
 今日は、昭和天皇への侮辱に怒ってるわけではありません。

 今、目の前に存在する悪

 について、怒ってます。
 だから、書かないわけにもいかない。

 そして、冷静分析しますと、
 ここまでJKGが権力を誇示するような行動をとるということは、皇室の諸問題へ影響力を行使することは間違いないでしょう。

 〇 マコムロ問題
 〇 秋篠宮家問題
 〇 皇位継承問題

 この3つに影響力を行使するのは、確実と思われます。
 たぶん、皇室の未来というよりは、自分のことしか考えてないと思われるので、JKGの影響力行使によって、どう本質が歪んでいくのか。
 それは、きちんとウォッチする必要があると思います。

 そして、これからも皇室を動かすのはJKG。
 この報道ラッシュは、そういう意思表示なのだと感じました。

 今日は、日本中、天気が悪かったようですね。
 神様は見てるってこと。

 さて、今日は休日でしたが、
 このブログを書いて息も絶え絶えになりましたよ。

 疲れました。
 しかし、今日は、書くしかありませんでした。

 休みます。
 では、