テーミス7月号を「鑑賞」する

ラベンダー

こんにちは、ラベンダーです。

 今日は、テーミス7月号を「鑑賞」します。

 いつも言ってますが、テーミスはネタ雑誌ですから。
 あくまで、フィクションだと思って読んでおくのがよいと思われます。

 ただし、テーミスはネット世論をかなり意識してますね。
 ネットのウワサ話を本当のように語るので、ネット受けするとは思います。
 
 ネットが言って欲しいファンタジーを活字にする

 そういう路線じゃないかと、思われます。
 やっぱ、ネタ雑誌ですね(笑)


 

目次

小室眞子&小室圭の生活には年間1億円かかる

月刊テーミス7月号

高級レストランで贅沢三昧を

「次は絶対に受かるI」

 3度目のNY州司法試験が7月26、27日に迫るなか、小室圭氏は「三度目の正直」とばかり周囲にこう発言し、自信満々だという。

 本誌既報の通り、小室氏はこれまで、外務省関係者に「もう弁護士なんかならなくてもいい。ベンチャー企業を作ってくれ」といい放ち、眞子さんとゲーム三昧の昼夜逆転生活を送る等、勉強に励んでこなかった。

 次も不合格なら「国連職員」や「投資家」に転じるとも報じられたが、小室氏の言葉の通り、今回は受験対策万全なのかといえば、全く勉強していないことに変わりはないという。

 政府関係者が語る。

 「小室氏は『弁護士になった上でアメリカンードリームの中心地・二ユーヨークでビジネスをし、生活もエンジョイしていく。そのためにも、もっと環境の良いマンションに住みたい』と相変わらず能天気な発言を続けている。そこで『良い所に住むにはお金が掛かるが?』と差し向けると、小室氏は『それも含めて考えてもらえると』と厚かましい要望まで囗にする。全く手に負えない」

 さらに、肝心の試験について「本当に受かるのか? もし落ちたらどうする?」と聞くと、氏は「また受けます」と開き直る始末だという。

 前出の政府関係者は「軽いのか、真面目に考えていないから矛盾した話をするのか・・・」と嘆くが、日々の怠惰生活が示すようにその両方だろう。

 小室氏は、米フォーダム大学への留学費用は、パラリーガルで勤務していた「奥野総合法律事務所」から資金援助を受け、さらに学費や寮費が全額免除の「マイケル・マーティン奨学金」も受給したが、いまやこれらは小室氏の実力ではなく、“皇室利用”によるものだったことは明らかだ。

 他人に寄生する癖がつき、皇族と結婚後も自分で道を切り開く努力をしない。さらに、眞子さんも「複雑性PTSD」と診断されたにも拘わらず、NYの街を元気に出歩き、自由奔放な生活を満喫している。

 前出の政府関係者が続ける。

 「2人は連日、高級レストランで食事をし、贅沢三昧だ。当人たちは『物価が高いので』と言い訳するが、それにしても“1日5万円”も使う暮らしぶりだ。50万円以上の家賃に加えメイドサービス費用等を含めると、当然、小室氏の給料では間に合わない。眞子さんの貯金を切り崩している状態だが、それも気にする素振りはない。とにかく他人任せだ」

 (太字等はラベンダーによる)

 それにしても不思議ですね。
 テーミスの話では、
 日本政府は、マコムロのNY生活を極秘プロジェクトとしてサポートしてる、と。
 そしてテーミスは、その極秘プロジェクトの関係者から情報提供を受けているという話ですが。

 極秘プロジェクトなのに、毎月、新しいネタが流出するようで(笑)
 ずいぶん、ゆるーい極秘プロジェクトですね(笑)
 日本政府の情報管理はどうなってるのでしょうか(笑)

 ま、それはいいとして、
 この記事。
 ネットのウワサ話を切り貼りした感を強く感じますね。
 ネット見ながら、テキトーに書いた記事っぽさが隠せない。

 まあ、いいですけどね。
 ネタ雑誌を「鑑賞」してるだけですから。
 真剣に批判しても意味ないですが、生活費についてのネタが振られてます。
 やっぱりお約束で、ツッコまないといけないですよね(笑)

 なので、やりますが、
 1日5万円相当ということは、月額生活費は、150万円相当。
 皇族時代の暮らしぶりからすれば、それくらい使っていても違和感はないですね。
 よくできた話です。
 もしかしたら、事実であっても不思議ではない。
 そう思わせるものはありますね。

 まあ、ネタですから、一応、騙されてみましょう(笑)
 そうすると、こんな感じになりますか。

<マコムロ月額費用リスト>

  • 生活費 150万円
  • 住居費 55万円(最安値での推定)疑義あり
  • 警備費 日本国の費用負担
  • メイド料金 日本国の費用負担
  • 領事館サポート 日本国の費用負担

 居住費は、狭い2DKの部屋を1部屋しか借りてないとするのは無理があります。
 最低でも2部屋、場合によれば、3部屋、4部屋の可能性はあるでしょう。
 また、
 どうして一番グレードの低い部屋マコムロは住んでいるのでしょうか?
 どういうタイプの部屋に住んでるか、確認してないですよね。
 メディアが忖度して、安く設定してるだけじゃないですか。
 わざわざ安い部屋に住んでるとする設定に、違和感ありますよ。
 だから、いろんな疑義がありますが、一応、控えめに100万円としておきます。
 
 警備費、メイド、公務員サポート。
 この料金を推定するのは難しいですが、お遊びで適当な数字を入れましょうか。

 警備費は、1日10万で月額300万
 メイドは、1日5万として、月額150万
 公務員サポートは、費用換算が難しいですが、一応、1日5万にしておきます。
 
 そうすると
 マコムロがNYで使っている月額費用をイリュージョンしますと

<マコムロNY生活費イリュージョン>

  1. 生活費 150万
  2. 居住費 100万
  3. 警備費 300万
  4. メイド 150万
  5. 公務員 150万
    (いずれも月額)

月額合計費用 850万円  年間合計費用 1億200万円

 ざっと、年間1億円は、小室眞子と小室圭に必要ということ。
 現実には、1億円は軽くオーバーすると予想します。
 あくまで、控えめに計算しましたから
 ほんと、控えめですよ(笑)
 新潮の試算では、警備費は年間8億円らしいですし、
 居住費は、安く推定しましたからね。
 実際は、もっと高額になると想像します。

 そして、誰が費用負担するかですが、 
 警備費、メイド、公務員は、日本政府が費用負担でしょうけど、
 生活費・居住費は自腹負担というイリュージョンですよね。
 その自腹負担したというイリュージョンを維持するには、

 月額収入250万円以上 年間収入3000万円以上

 の収入が必要になりますよ。

 困りましたね~
 司法試験合格して、年収2000万円という設定では足りませんが(爆笑)

 週3バイト弁当士の小室圭と、無職ボランティアの小室眞子。
 いったい、どうやって生活費を工面してるのでしょうね。
 きっと
 限度額無限のロイヤル・クレジットカードがあるのでしょう(笑)

働いたら負けよね

巨額の税金を使って私邸をリフォーム

月刊テーミス7月号

5月から地方訪問を積極的に

 眞子さんの貯金の原資の殆どは、元を辿れば「皇族費」、つまり、国民の税金である。小室氏が安定的生活基盤を確立することなく、貯金が夫妻の贅沢に浪費されていることは税金の無駄遣いに等しいといえる。

 宮内庁幹部が指摘する。

 「小室氏の合格発表は10月末頃とされる。昨年7月の再受験者の合格率はわずか18%。今回も無理だろう。頭が痛いのは、同時期に、現在改修工事中の総工費33億円の秋篠宮邸が完成し、メディアに公開されることだ。小室氏の不合格と合わせ、秋篠宮家にも『皇室特権だ!』と一層厳しい批判が吹き荒れるだろう」

 天皇御一家の皇居・御所の改築費は約8億7千万円だ。一部で「改修で33億円も掛かるはずがなく、不可解だ」との指摘もあるが、現在の仮住まい「御仮寓所」も9億8千万円で新築されたことを考慮すると、合計42億円以上も掛かっている。

 秋篠宮さまは18年、「大嘗祭」に関して、天皇家の私費「内廷費」で賄った上で「身の丈にあった儀式」にすべきと主張された。だが、大嘗祭の費用は約27億円で宮家改修費には及ばない。秋篠宮さまの姿勢は「自らを棚に上げている」と批判されて当然だ。当初、改修は3月末までに完了予定だったが、遅延理由には、コロナ禍の他に、紀子さまからの過剰な要望もあったという。

 秋篠宮家関係者が指摘する。

 「一般的に、赤坂御用地の宮邸内での各皇族の御動静はこれまで一部しかメディアに公開されてこなかった。だが、紀子さまには、悠仁さまが成年皇族になり、各国大使と接見される様子等を積極的に報道させ、『次は悠仁天皇』と国民に意識づけたい思惑がある。そのために威厳ある新宮邸を欲しているようだが、根底には小室問題以降、『愛子天皇待望論』が高まっていることへの焦りがある」

 また、最近の秋篠宮家は「リモート」以外のお出ましが増えている。奉迎者の“密”を避けるため、4月の伊勢神宮参拝は、往路は車移動にするほどコロナを気にかけていたが、その後は一転。5月に秋篠宮さまが岐阜県、栃木県を、6月もご夫妻で「第70回全国ろうあ者大会」のため広島県をご訪問された。さらに、都内でのご公務もコロナ前と変わらない程の頻度で足を運ばれている。

(太字等はラベンダーによる)

 ネタ雑誌を真面目に論評してもどうかと思いますが、
 基本的には、テーミスは悪口雑誌であって、内容のレベルは低いですね。

 だから、これをネタとして楽しむのは、いいと思いますが、本気でテーミスを情報ソースとして考えるのは知性を疑われると思います。

 ごめんなさい、ガマンできないので、ひとつだけ批判しておきます。
 「原資は税金」という論法です。
 この記事では

  1. 皇族費の「原資は税金」
  2. 小室眞子は、皇族費を貯蓄していた
  3. 小室眞子が、貯金を浪費
  4. よって、それは税金の浪費にあたる

 
 この論法だと、税金を原資とした給料をもらってる公務員が、個人の貯蓄を浪費しても「税金の浪費」といわれることになります。
 これは、かなりアタマが悪い論法です。

 「税金が原資」という批判では、知恵が足りません。

 1.衣食住が全部用意されている人への高額「皇族費」支給の妥当性
 2.納税していない人(公務員は納税してる)への高額「皇族費」支給の妥当性
 3.高額「皇族費」をもらいつつ、バイト公務が許される異常性(公務員はバイト禁止)
 4.そういう金銭の流れがまったくわからないという閉鎖性
 5.皇族が、金銭を動かしたり外部へ持ち出しても、何の課税関係も生じないという不思議

 やるなら、このくらいのレベルの論評すべきです。
 「税金が原資」というアバウトな悪口で、話をまとめてしまうのは、アタマ悪すぎます。
 ネットの誹謗中傷と同レベルですよ。

 だから
 テーミスは使えない
 信用するには、ちょっとレベルが低いと思います。
 まあ、気持ちよく悪口言ってくれるので、
 秋篠宮家アンチにとっては、信じたい気持ちはあるでしょう。

 しかし、
 こういう雑誌は、流れが変われば正反対の悪口言いますよ。
 過去には、東宮家の悪口を山ほど言ってたそうですからね。
 そして、JKGの悪口は言わない。
 状況が変われば、急に、秋篠宮家を絶賛したりするでしょう。
 コロコロと立場を変えますよ。きっと。
 なので、
 信用しないで、ネタとして楽しむ。
 それが正しい付き合い方だと思います。

 

 さて
 秋篠宮邸43億円問題は、別に記事を書きたいと思います。
 一点だけ指摘しておきますと、
 秋篠宮家は、「将来の天皇家」だから秋篠宮邸に莫大なカネをかけてもいい、そういう趣旨でこの巨額リフォーム工事が認められたのだと思いますが、
 しかし、
 秋篠宮家が天皇家になれば、御所へ居住するのでしょう。
 莫大なカネは、御所にかけるべきであって、秋篠宮邸には不要です。
 豪華な贅沢私邸が必要なのですか?

 秋篠宮家側も、それがわかってるから、正当化する理屈をつけてくる。

紀子さまには、悠仁さまが成年皇族になり、各国大使と接見される様子等を積極的に報道させ、『次は悠仁天皇』と国民に意識づけたい思惑がある。そのために威厳ある新宮邸を欲している

 と記事には書いてますが、
 これはもう、ムチャクチャな暴挙ですよ。
 天皇陛下の「皇室外交」をないがしろにして、悠仁親王が外交接受する様子を報道させるってことですからね。
 これが事実なら、秋篠宮家の人々は、今上陛下は眼中にないということでしょうか。
 天皇を支えるなんてとんでもない、秋篠宮家は独自に「なんちゃって外交」する、ってことですね(笑)
 「なんちゃって外交」するためには、豪華な秋篠宮邸が必要だと。
 すごいなあ~(呆)

 いずれにせよ、
 「将来の天皇」というカードを使って、

 巨額の税金使って私邸をリフォーム

 したという事実には、変わりありません。

 今のうちに、私邸を贅沢リフォームしておいて、
 将来、天皇になれば、今度は御所を巨額リフォームする。
 そう
 秋篠宮家の人たちが動くところ
 ジャブジャブジャブジャブジャブジャブ・・・・と
 税金が際限なく使われ続けるということですよ。

 皇室の未来は暗い。
 これで、いいのでしょうか?

5年間かけた姫路城の大改修は総額28億円

秋篠宮家が、ずっと、やってきたこと

月刊テーミス7月号

寛仁親王は「男系維持」を主張

皇室関係者が指摘する。

 「紀子さまは何としても『悠仁天皇』を死守したい。天皇皇后両陛下がいまだ『リモート』中心のなか、直接出向くことで『秋篠宮家は公務に熱心だ』という雰囲気を作り、眞子さんの結婚や悠仁さまの特別制度利用での筑附進学により、国民に浸透した“私優先”の印象を何とか払拭し、名誉挽回へ巻き返しを図る考えだ。

また、著書『秋篠宮』を出版した元毎日新聞記者・江森敬治氏のように、特定の宮内庁担当記者を手懐け、『御一家は仲が良い』といったエピソードも報道させるつもりだろう」

 そんななか、7月の参院選後に安定的皇位継承を巡る議論が本格化する。昨年の有識者会議の報告書では、悠仁さまの天皇即位を「ゆるがせにしてはならない」とした上で、①女性皇族が結婚後も皇室に残る、②旧宮家男系男子が養子縁組等で皇籍復帰する、の2案を併記した。

 一方、皇位継承を見据えたともいえる動きも活発化する。1月、旧伏見宮家の伏見博明氏が『旧皇族の宗家・伏見宮家に生まれて』を出版したが、6月に出版記念パーティを開催。上皇后美智子さまから感想の電話があったことを披露し、テレビ取材には「皇室に何かあれば、いつでも行く」と饒舌に語った。因みに、氏の学習院幼稚園からの友人で06~14年に学習院院長たった波多野敬雄元国連大使は、秋篠宮家のICU進学問題に口出ししたため、宮家の“学習院嫌い”が高まったとされる。

 また、6月には故・寛仁親王殿下のエッセーを収録した『ひげの殿下日記』(彬子さま監修)が出版され、「『男系』で今上陛下迄続いて来ているという厳然たる事実」と男系継承を求めた部分が改めて注目され、波紋を呼んでいる。

 有識者会議が「男系維持」の結論を出すなか、今回、女性・女系天皇に道を開く可能性は低い。だが、秋篠宮家を早く立て直さなければ「男系維持」の結果、皇室全体への国民の尊崇の念が失われ、男系はおろか、皇室自体が崩壊する可能性もある。

(太字等はラベンダーによる)

 そうですね。
 この段落については、テーミスが言うのにも一理ありますね。

秋篠宮家を早く立て直さなければ「男系維持」の結果、皇室全体への国民の尊崇の念が失われ、男系はおろか、皇室自体が崩壊する可能性もある。

 って、まさに、そのとおりですよね。
 これだけ大炎上を続けているのに、国民の意見を聞こうとする気はない。
 平然と、国民無視して、税金ジャブジャブで大贅沢。

 それでも足りない!おカネが足りない!もっとカネが欲しい!
 ということで、
 形式的には、次期天皇という身位であるにもかかわらず、バイト公務でカネ儲けするのを止めないわけですからね。
 ヨーロッパの王室で、次期国王が公務で高額謝礼をもらうのは、あり得ない。
 だって、
 公務で報酬受け取るのは、消防士が消火活動するのに、火災現場の住人から消火報酬を受け取るようなものですからね。
 公費と報酬の二重取りですよ。
 公務員はアルバイト禁止されてますよね。
 公務員よりもはるかに公人である皇族。
 公務員よりもはるかに多額の税金が使われている皇族。
 なのに、バイトOKって意味わかりませんよ。
 だから
 税金から多額のカネを受け取って、皇族の地位を利用してバイトという二重取り。
 恥ずかしすぎます。
 
 でも、地位を利用した高額謝礼ゲットはやめない。
 ということは
 そもそも自分たちが皇室利用したカネ儲けが大好きなのだから、コムロや下着屋が皇室利用するのをNOとは言えないってことでしょうか。
 

 良くいいますよね。
 組織は頭から腐るって。
 上の人間がカネに汚いと、下の人間もカネに汚くなる。
 同様に、
 上が税金ジャブジャブ使いたい放題してると、下も同じようにジャブジャブ使う。
 
 家族ですからね。
 みんな似てくるのでしょう。
 マコだけが、突然変異で、おかしな人物だったわけじゃない。
 今、マコのやってることは、秋篠宮家の基本スタイル。
 皇室を私的な欲得のために利用しまくっても、
 別に、おかしいとも何とも思ってないでしょう。
 
 秋篠宮家が、ずっと、やってきたことだから

 

 ということで

 いつも思いますが、テーミスは中途半端ですね。

 ジャーナリズムとしては、姿勢がテキトーすぎて使えない。
 ファンタジー解釈としては、考えが浅すぎて、論理レベルが低すぎ。
 イリュージョンとしては、ツッコミが甘すぎて、悪口レベルを超えられない。

 だから、まあ、ネタ雑誌として「鑑賞」するのが、適切だと思います。
 一瞬のネタを楽しむ(笑)
 そうとしか、言いようがありません。

 今や、ユーチューバーへ動画作成ネタを提供する媒体。
 そういうことでしょうか。
 まじめに相手するものではないですよ。

 ただ、毎月、楽しませてくれるので、その点は感謝したいと思います。 
 ありがとうございます。
 もっと、もっと、楽しませてください。

 さて
 猛暑に台風と日本列島は大変です。
 くれぐれもご自愛くださいませ。
 
 

ラベンダー

今日もありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Subscribe
Notify of
guest

8 Comments
Oldest
Newest
Inline Feedbacks
View all comments
つぶきち
つぶきち
2 months ago

連投お疲れ様です。

何かKと政府関係者のやり取りチープなコントみたい。記者の妄想ですかね。でも、実際言ってなくても こんな事Kの奴思ってそう。本当は御手振り外交やりたいんですもんね。
何でこんなバカ負債に大きな金が動くんでしょう。何の得にもならないのに・・・。

A宮邸、金の部屋でしたっけ?あれも公開されるんですかね。どっちみち炎上しますね。あとA宮は何故二重取りを平然とするんですかね。してはいけないという認識があるのなら相当悪質です。もし、追及されたら何て答えるんですかね?濡れ衣とでも言うんでしょうか。老人会がA宮家をクラウドファンディングでもして養えばいいのに。こんな人物をもっと敬えとか到底無理ですし。

テーミスってJKG氏の息がかかってるから批判は絶対できないんでしょうね。
何か違う雑誌にJKG氏は聖人君子とは程遠いとか記事でてましたね。(見た目ちょっとエロそうな雑誌でしたね)

M子氏もあんな家庭環境にいたから、常識的な男性とはまともにつきあえないんだろうなーと。 だから あんな胡散臭い男(M子氏にとっては素晴らしい男)を選んだんだろうなと思いました。

白玉ぜんざい
白玉ぜんざい
2 months ago

ラベンダー様
ご苦労様です。『テーミス』を購入せずして解説付きで内容を知ることができるので、本当にありがたいです。
A宮家を立て直さなければ男系男子での皇室存続は不可能に近い、と関心のある人は誰でも思っているでしょう。それにしても、それをわかったうえでこの流れを止めることもなくお出ましになるJKGというのは何なのでしょうか。天皇制をつぶすためにGHQが長期計画で送り込んだ刺客という説が妙に真実味を帯び始めています。崩壊前の最後の女帝として歴史に名を残したい、ということなのでしょうか。

RobotsWar!
RobotsWar!
2 months ago

今回も秀逸な回でした。
特に、財政的な部分、公費とバイトの2重取りについて。税金も一切払わず、いったいこのような特権を受ける根拠は一体何なのか説明してほしい。
特別な人間だからというのなら、この人々の何が特別でがどのような責任を負っているから、特別なのか。

責任や、役割も持たずに、この特権を行使できるというのなら、現在の仕組みの中では、負でしかない。意味わかりません。廃止です、廃止。

でも、心の奥底では、この人たちが特別な役割の人々であると思いたい自分がいるんですけどね。残念ながら、A家の人々をみると、それはさっぱり感じられません、っていうか、並みの人間以下、ほとんどクズ、、、。

チャムス
チャムス
2 months ago

ラベンダーさん みなさんこんにちわ。

展覧会がどうのとか、日本を忌み嫌い出て行った人間が、日本の文化に関わらないでもらいたいです。
子でも産まれれば、今以上の家賃の広い住居も必要、乳母も雇う、一人分食い扶持も増えるで良い事など1つもないですね。
モアイを見てても必死感が全くない。
ポニーテールが悪いとは言いませんが、常識てもんがあるでしょうに。
なんか煽られてるような気になります。
イジメ、家族連続自死、母親は詐欺で告発、いかがわしい男と同棲、親族も皆、口を閉じる、まだ他にもありますが、これだけの悪条件の揃った親子もそう居ないでしょう。
馬子はもちろん主犯ですが、両親もかなり悪い。
結婚を賛成と思えば、納采の儀は行えないとかどっちつかずの言い方をし、結局は許したのですからね。
それにしても、ナマズ一家はなんでこんな金に必死なんでしょうか。
将来の天皇の為に貯蓄?
それともタイに仕送りかな(妄想)

目次