エリザベス女王死去への皇室・宮内庁の対応

こんにちは、ラベンダーです。

皆さまには、ご心配をおかけしまして、申し訳ありませんでした。

いろんなことがあって、こういう変な展開になってしまいましたが、
言いたくないことが多いので、理由等、詳細の説明は省略させていただきます。

で、結論ですが、
いろいろ考えたのですが、とりあえず、以下のようにします。

  1. 皇室王室ブログ(はてなブログ)は凍結
  2. 当ブログは、12月までは継続
  3. 12月に、全体の最終的な判断をする

ということにいたしました。
とりあえず、先送りってことです(苦笑)

とはいえ、継続なので、今後ともよろしくお願いいたします。

目次

エリザベス女王の縁

少しだけ、どうでもいい話をさせていただきます。

今回は、本当にキレてしまって完全に辞めるつもりでした。

どうせ辞めるのに理由を説明するのは無駄なので、
だから、いきなり「はてなブログ」を終了させました。

そこまでは予定通りでしたが(苦笑)

当ブログを辞めるにあたって、契約を確認したのですよ。
このブログは、ブログサービスを使わないでレンタルサーバーを借りて独自運営してます。
だから、レンタルサーバーの契約を解除することになります。

ところが、レンタルサーバーは1年契約をしてました。
今年の12月18日まで契約期間があります。
でも、今、やめてもお金を返してくれるわけではないので、損した気分。
根がセコイものですから(苦笑)
ちょっと迷いが生じました。

ううむ・・・どうしようか?

と考えてるうちに、エリザベス女王の訃報が入ってきました。

私はダイアナさんのファンなので、当然、エリザベス女王やチャールズ現国王は、普通の人よりはしっかりウォッチしてきました。
そして、自然とエリザベス女王を敬愛するようになりました。
ある意味、ダイアナさんとエリザベス女王は、相対する関係という見方もありますが、ダイアナさんのファンだからエリザベス女王のアンチになるという人は少ないと思います。
エリザベス女王は素晴らしいですから。
国や国民へ奉仕することに一生をささげたエリザベス女王の生き方を見ていると、自然と敬愛せざる得ないからです。
多くの人々から自然と敬愛される人物。
だから、私個人としては、エリザベス女王と昭和天皇は別格です。

もともと、SNSなど何もしてなかった私。
王室ウォッチ専門だった私が、自分で書くようになったキッカケは、

ハリメガの王室離脱。

ですが、もっと言えば、
エリザベス女王をないがしろにしたメーガンの態度が許せない。
それが一番、大きかったですね。

自分たち(ヘンリー&メーガン)は「ロイヤル」の称号を自由に使うけど、
それは権利であって、エリザベス女王に指図される筋合いはない


という趣旨の生意気なことをメーガンが言っていたので、
私もキレまくって、ヤフコメ投稿とかするようになったのですよ。

その女王陛下に対する態度は何だ💢💢💢

という感じですね。
そうやって、ヤフコメ投稿が始まったわけです。
で、エスカレートして(笑)
気が付いたら、こんなブログ書いてた(笑)
エリザベス女王VSメーガンという話がなければ、自分で意見を発信することは、今もなかったとおもいます。

そういう意味では、エリザベス女王とは、縁があります。

だから、
このタイミングでエリザベス女王の訃報に接するというのは、何か感じずにはいられないですね。
意味はないし、合理的に説明できるものでもないです。
単なるセンチメンタルな錯覚かもしれませんし、妄想かもしれないですが、
ただ、なんとなく、やめてはいけないような気がしたので、今回は継続することにしました。

とりあえず、12月までは頑張りますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
その先は、12月に考えます(笑)

日本皇室の異常な遅い対応

さて
エリザベス女王の訃報を受けた日本皇室の対応。
それを見てみます。
良い面と悪い面の両方がありました。
キーワードは「スピード」です。

英国エリザベス二世女王陛下の崩御に際しての天皇陛下のお気持ち

エリザベス女王陛下崩御の報に接し、深い悲しみの気持ちと心よりの哀悼の意を表します。

女王陛下は、70年の長きにわたり英国女王として同国並びに英連邦諸国の国民を導き、励まされました。また、世界の平和と安寧を常に願われたその御姿勢は、世界の多くの人々に深い感銘を与えました。女王陛下が残された数多くの御功績と御貢献に心からの敬意と感謝を表明いたします。

我が国との関係においても、女王陛下は両国の関係を常に温かく見守ってくださり、英王室と皇室の関係にも御心を寄せてくださいました。私の英国留学や英国訪問に際しても、様々な機会に温かく接していただき、幾多の御配慮をいただいたことに重ねて深く感謝したいと思います。

また、女王陛下から、私の即位後初めての外国訪問として、私と皇后を英国に御招待いただいたことについて、そのお気持ちに皇后とともに心から感謝しております。

英国並びに英連邦諸国の国民を始め、世界の多くの人々の悲しみは尽きませんが、改めて女王陛下の御冥福を心よりお祈りしたいと思います。

令和4年9月9日 宮内庁ホームページより

内容について、特に申し上げることはありませんが、
問題はこの声明が出された時間です。

エリザベス女王が亡くなられたのは、日本時間で9日の2時すぎ
宮内庁からこの声明が出されたのは、9日の18時すぎ
約16時間後ですが、それでは

異常に遅すぎます。

亡くなられたのは、世界で数人レベルの超VIPエリザベス女王ですよ。
世界中の首脳・国王などの要人は、2時間以内程度で弔意を示してますからね。
時差関係ないですよ、中国やインド、韓国も素早い反応してます。
死後16時間以上経過してから、ようやく反応したという要人。
いたら教えてくださいよ(呆)

日本時間では夜中だから、明日にしよう。
夜中だから、眠いし。だるいし。
やる気なかったってことでしょうか。
考えられない怠慢ですが、仮に夜中の対応が難しかったとしても、
それなら、せめて早朝には仕事しようよ。
朝起きてから、夕方まで、何してたの?
16時間後の18時になってようやく声明を出したって
どれだけ仕事が遅いのか・・・
エリザベス女王が亡くなってるのですよ。
まともに仕事する気あるのですか?

エリザベス女王のような世界で数人しかいない超VIP
日本皇室とも関係のあった最重要な方の訃報を受けて、

反応したのが16時間後って・・・(絶句)

陛下の問題なのか、組織の問題なのかは知りません。
でも、どんな組織でも
大人の世界ですから、まずは結果が問われます。
この常識外れ、時代遅れのスピード感。
エリザベス女王の死去には、16時間後にようやく声明。
安倍元首相の時は、数日後に「拝察」です。
異常に遅い。

皇室・宮内庁
怠慢で緊張感のない、だらしない組織
と評価するしかありません。
こんなに怠惰な組織では、皇室改革など、あり得ないでしょうね。
世界の常識など知ったことではないし、
社会常識なんて関係ない。
ノンビリ、ノンビリ、ダラダラ行動する。
何があろうと、自分のペースを崩さない。
どこかの内定者と同じじゃないですか(笑)

皇室、宮内庁。
日常、どれだけ緊張感のない仕事してるのかが推し量られます。
あきれましたよ。
どうしようもないですね。

天皇陛下、エリザベス女王の国葬参列へ

天皇陛下、エリザベス女王の国葬に参列へ 関係親密、宮内庁が調整

英国のエリザベス女王の国葬に天皇陛下が参列する方向で宮内庁が調整を進めていることが、関係者への取材でわかった。今後、閣議を経た上で正式に決まる見通し。天皇が外国王室などの葬儀に参列するのは異例で、皇室と女王、英王室との関係などを重視した。

 関係者によると、皇后さまは体調を考慮した上で、参列を検討するという。皇室が英王室と長年親密な関係を築いていることや、新型コロナの影響で延期されたものの、2020年に即位後初の外国訪問として天皇、皇后両陛下が英国に招待されていたことなどが考慮された。天皇が外国王室や元首の葬儀に参列するのは珍しく、1993年のベルギーのボードワン国王の国葬に当時天皇、皇后両陛下だった上皇ご夫妻が参列した例があるのみという。

 現在の両陛下ともに英国に留学経験がある。参列すれば、即位後初の外国訪問となる。(多田晃子)

    ◇

 英国のエリザベス女王の訃報(ふほう)を受け、宮内庁は10日、天皇、皇后両陛下が9日から3日間、お気持ちとして喪に服すと発表した。 同庁によると、両陛下は深い悲しみの気持ちと心よりの哀悼の意を持っているという。上皇ご夫妻も同期間、お気持ちとして喪に服すという。(多田晃子)

2022.9.10 朝日新聞デジタル

 異常に対応が遅かった皇室・宮内庁ですが、エリザベス女王の国葬への参列については、すばやく意向を示しました。
 
ヤフコメを見てると一般人で反対してる人は見かけませんが、ごく少数の異常な前例主義者が反対してるようです。
アタマおかしい秋篠宮応援団の意見だと思いますが、それは無視して問題ないです(笑)
皇室・宮内庁は、アタマ正常なので、普通に陛下の国葬参列を検討。
当然です。
当然ですが、なかなかの英断でした。

やればできるじゃないですか(笑)

この素早い判断は良かったですが、何が良かったか?
わかってて、即断したならスゴイですが、たぶん偶然でしょうね。

つまり、重要なのは
政府より先に国葬参列の意向を示す。
ということです。これが死ぬほど重要。
総理大臣に先に参列と言われてしまうと、後から陛下参列とは言いにくい。
というより、政府から圧力がかかるし、宮内庁の役人は政府に逆らえないので、必死で陛下参列を断念させようとするでしょう。
だから
政府より先に国葬参列の意向を示す。
これはナイスな判断でした。
先に、天皇陛下参列への流れができましたからね。
政治的には、してやったり、という感じですね。
もし意図的にやったならスゴイですよ。
陛下にそういう政治的センスがあるようには見えませんけどね。
たぶん、偶然だとは思います。
でも、さっきも言いましたが、
大人の世界ですから、まずは結果が問われます。
だから、この件に関しましては、上手くやりました。
結果が良かったということです。

ただ、
エリザベス女王の国葬は、世界的な大舞台という意味もありますので、
自己顕示欲を満たすため、岸田首相が、イギリス行きにこだわる可能性はあります。
そうすると、面倒なことになる可能性がありますね。

政府に魂売って、エリザベス女王の国葬参列を取りやめる

なんて恥ずかしいことのないように、お願いいたします。
昭和天皇が見てますよ。
香淳皇后も見てますよ。

誰が何と言おうと、自らの信念に従って参列する

そうあって欲しいです。

あと、
狂った皇室前例主義者によれば、喪に服するのにもルールを守る必要があり、親族以外の死で喪に服すことはあり得ないそうですが、

気持ちとして喪に服す

これは素晴らしいし、人間として当然。
喪に服すという行為は、前例によって決められるものではなく、人間の心根から発せられる真摯な行動であるということ。
皇室が国民(一般人)に近づくというのは、そういうこと。
皇室の前例に従って動くしか能がないなら、それはロボットですよ。
今回の天皇、皇后両陛下のご判断。
上皇ご夫妻のご判断。
素直に、素晴らしいと申し上げたいと思います。

あと、蛇足ですが、
紀子妃の誕生日コメントには、エリザベス女王について触れられていませんでした。
こういう言い訳を加えております。

参考
 この文書は、宮内記者会へ令和4年9月8日午後に回答するため、エリザベス女王陛下の崩御の報道がなされる前の8日午前中にお示しいただいたものです。  

不思議なことをしますね。
言い訳を後から加えることができるなら、哀悼の言葉を後から加えればいいだけのこと。
宮内庁って、バカですか(笑)
ユニークな知性ですね。

まあ、日本皇室はイギリス王室との交流を大切にしてましたが、
将来の秋篠宮王朝はイギリス王室とは交流しない方針なのでしょう。
それは結構なことじゃないですか。
日本皇室と秋篠宮王朝は別物なので、
大歓迎(笑)

ということで
久しぶりの日本皇室ネタでしたので、まとまりがなかったと思いますが、
病み上がりみたいなものですから、
徐々に、調子が上がってくると思います。

あと、最後に、全般的な方針ですが、
やりかけのワクチン最新情報は1回書きますが、
それ以外は、可能な限りマコムロ問題を重視したいと思います。

今回のように、突然、キレてしまって、ブログやめてしまう可能性があるわけですから。
そのとき、書き残しがあって一番悔いが残るのは、マコムロ問題です。
マコムロ問題はやり遂げないといけませんよね。

マコムロ問題重視しつつ、他の気分転換もする。
そんな感じでやりたいと思います。

今後とも、よろしくお願いいたします。

ラベンダー

ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Subscribe
Notify of
guest

17 Comments
Oldest
Newest
Inline Feedbacks
View all comments
コーヒーフロート
コーヒーフロート
13 days ago

ラベンダー様、お久しぶりです。ブログにコメントはあまり残しませんでしたが、ずっと読んでいました。ブログも限定的再開になってホッとしています。
私もエリザベス女王ロスでいっぱいです。
女王陛下に弔意を直接表明するなら、自国の元首相が命を落とした時も、直接弔意を示すべきだったと思っています。安倍元首相を個人的にはあまり好ましくは思いませんが、国家の要職にあった人物と、外国の王族との対応の差に、何となく、今上は自分の好き嫌いをベースにマイペースな判断で行動する方のようだなと拝察しています。エリザベス女王への敬愛はもちろんの上でのお話しです。

ふくろう
ふくろう
13 days ago

ラベンダーさん 皆さん 今晩は

今日、官房長官の定例会見で女王の国葬の両陛下の出席の件は検討段階とのことでした。
【全文】エリザベス女王の国葬参列「しかるべく検討」 官房長官会見(9/12午前)

これは両陛下の国葬出席に関して、政府に圧力かけて誰か邪魔をしているのでしょうか?
単純に考えたらJKGですが、もっと大きな組織的ぐるみで阻止しているのでしょうか?
それとも陛下側がギリギリまで正式発表を伸ばして邪魔されないようにするためなのか。
ここは陛下には、踏ん張って出席していただきたいです。
自分の意志を通していただきたいです。今後の皇室に対する希望の光が完全に消えるか、少しだけ弱い光が残るかの分岐点のような気がします。
あって当たり前と思っていた皇室がなくなるのは不安が大きいです。
それにあの宮家に皇統が移ると壺側の思うツボ(オヤジギャグみたいで失礼)になるのは絶対嫌です。あの宮家から天皇がでるイコール皇室がなくなるということと思います。

少しの希望の光が残る可能性があるのでは、という陛下の数年前のブログの記事がありました。お代替わりの時の元号を決める時の陛下と安部元総理との攻防戦が書かれてあります。
なかなか面白い記事でした。
天皇陛下の人柄は怖い?令和の元号に隠された大エンペラーの片鱗 | ドリンク片手にちょっとひといき
前にこのブログをコメントに貼り付けた記憶があるのですが、重複していたらごめんなさい。
元号に自分の名の安を入れたい安部さんの希望が、陛下の強い意志で却下されたという記事です。
両陛下でエリザベス女王にお別れの挨拶に行っていただきたいものです。
女王陛下も喜ばれると思います。

ブロッコリー
ブロッコリー
13 days ago

今晩は。ブログ更新ありがとうございます。こちらは暫く続けていただけるんですね。よかった〜!そうですよ〜、マコムロ問題はもちろん、ハリメガウォッチもよろしくお願いします(笑)このような状況下でも、ハリーの暴露本出るんでしょうか…。
ラベンダーさん。色々な事があったとお察ししますが、大好きなブログなので何時も応援してます。私事ですが、7月末からなんだか毎日胃が痛くて…ラベンダーさんのTwitterポチ♡しか出来ない状態でした。そろそろ病院行こうかな〜面倒だな〜と迷ってるところです。ラベンダーさんもどうかお身体に気をつけてくださいね。

mamo
mamo
13 days ago

ラベンダーさん!
12月迄の先送りに感謝です。
そして悔いを残さないためにマコムロ問題に、ぜひシフトしてください。

そしてエリザベス女王のご逝去に伴う一連の流れですが、
私は今上陛下は即座に国葬参加をご決断されたと思います。
問題はそこから先ですよね。
宮内庁の前例主義(平成と同じことしかやってはいけない)、
上皇夫婦へのお伺い(美智子さんの許可)、
秋篠宮家への報告(天皇皇后両陛下お留守中は天皇の代行をする)、
宮内庁長官から内閣政府への根回し、
皇后陛下の気力体力への懸念。

などなどオールグリーンになるまでに時間がかかったのではないか?
と考えています。

結論が出ない中、これ以上遅れてはまずいと、
見切り発車で声明を発表し、ようやく答えが出そろって
10日に国葬参列を発表したのではないでしょうか?

三日間の喪に服されるとの記事には、衷心からの哀悼を感じ取りました。

それにひきかえ、秋篠宮家の対応は相変わらずです。
ダイアナ妃が亡くなった時も秋篠宮がアホなコメントしてましたね。

つぶきち
つぶきち
13 days ago

連投有難うございます。お疲れ様です。

ラベンダーさんが何か宣言すると必ず大きな出来事が起こりますね。不思議な現象(?)ですね・・・。それこそ天から『まだ辞めたらいかーん!』とか言われてるんですかね?

天皇陛下、エリザベス女王の国葬参列するんですね。皇后陛下も体調次第だそうですが。久しぶりに海外ご公務が見られますね!
宮内庁は旧態依然な所だからなかなか急には変わるわけないですよね。

岸田総理も行くんですか?あの人『検討士』だからよくわかりませんねー。統一教会の問題の事ですが、あんなショボいアンケートで済むと思ってるんですかー!衆院議長なんてズブズブなのに議長だから何のお咎めなしってどういう事ですかー!!!

A宮妃の誕生日会見の内容酷いですね。M子氏の事2人の『確かな考え』があって旅立ったって言ってるじゃないですか。『どこがだよ!』とツッコミたくなります。あとモッコウバラのアーチをくぐりたいとか。もしかして、いずれあのバカ負債を呼び戻したいのかと頭の片隅で思ってんじゃないかと感じました。

あと1か月ちょっとで、どこかの『内定者』(笑)の合否がわかりますね。
見解楽しみです。

ラベンダーさんに今年いっぱいと言わずに、なるべく長くこのブログを続けて頂けるよう自分は心から思うばかりです。

ロータス
ロータス
13 days ago

私はスピ系ではありませんが、不思議なことってありますよね。ラベンダーさんがやめようと思ったら女王のニュースが飛び込んできたり、こういうタイミングで来るのは、まだやめたらあかんという啓示だと思います。
ラベンダーさんはマコムロを見届ける使命があるのでしょう。天命かもしれませんよ。と、プレッシャーをかけているような内容になってしまったのですが、ラベンダーさんのペースで書きたいときに書いてくださったら、ファンとしてはありがたいです。

マスカット
マスカット
13 days ago

ラベンダーさま。記事更新ありがとうございます。
そして、12月までブログを続けていただけるとのこと。
とても嬉しいです。
さらにもっと長く続けていただけたらというのが私の贅沢な願いです。

思いを文章にするのは難しいことです。ラベンダーさまのような表現力はありませんが、ラベンダーさんを応援する気持ちや、ラベンダーさんに共感しているという思いを、少しでもお伝えしできたらとマスカットは思っています。

ラベンダーさんの賢さ、そして薄氷のような美しさともろさ、全部大好きです。

ラベンダーさまのご意見、どんどん発信してください。
応援しています。
ブログ継続ありがとうございます。

Puzik
Puzik
12 days ago

更新ありがとうございます。
エリザベス女王国葬への、天皇陛下の参列の御意志表明、良かったです。
天皇が葬儀に参列しないという慣例をめぐって、秋篠宮殿下が行くべき!とか、またアホみたいなこと言ってる輩がいますね。そもそもそういう慣例に意味があるんでしょうか?宗教的なことですよね。陛下はイギリス王室とも縁が深く、留学中にお世話になっていらっしゃいますし、参列すべきだと思いますよ。ただ一点、皇后陛下はどうされるのか、これが気がかりですね。ラベンダー様もよく言われてますが、慣例、前例にそれ相応の意味があるのなら納得もしますが、ただ「今までがそうだったから」というだけなら、笑止です。粛々と変化を受け入れるべきです。時代は変わってゆくのです。

Puzik
Puzik
12 days ago
Reply to  Puzik

ツイッターでの速報、ありがとうございます。首相が参列しないという事は、皇后陛下も参列予定なんでしょうね。良かったと思います。
首相は、安倍さんの国葬をごり押しするんですから、そこで思う存分外交されたらいいんじゃないでしょうか。欲出しすぎ。
安倍さんに対しては、正直なところ個人的にそこまで悪い感情は無く、「残念だった」と思っていますが、岸田氏の長いものには巻かれろ的ないい加減な対応には、嫌気がさします。

目次