エリザベス女王が死去されました

エリザベス女王が死去されました。96歳でした。

女王は本日午後、バルモラルで穏やかに亡くなった

英王室は8日夕、エリザベス女王が滞在中のスコットランド・バルモラル城で亡くなったと発表した。96歳だった。

王室は声明で、「女王は本日午後、バルモラルで穏やかに亡くなった」と発表。「国王と王妃は今晩、バルモラルにとどまり、明日ロンドンに戻る」と発表した。

エリザベス女王の死去を受けて、長男チャールズ皇太子が国王となった。これからイギリスの追悼の先頭に立つ。国王は正式名がチャールズ3世となる。

チャールズ国王は声明を発表。「私の最愛の母である女王陛下の死は、私と私の家族全員にとって最大の悲しみとなる瞬間です。私たちは、大切な君主であり、とても愛されていた母の死を深く悼んでいます」とした。

そして、「女王の喪失は、国、王国、英連邦、そして世界中の無数の人々によって深く感じられることでしょう。この喪に服し変化する時期に、私と家族は、女王が広く抱かれていた敬意と深い愛情を知ることで、慰められ、支えられていくでしょう」と続けた。
(以下、略)

BBC 2022.9.9

 

この喪失感は、大きすぎます。

たまたま偶然ですが、皇室王室ブログを終了させた途端に、女王陛下が亡くなられたのは、何かの因縁を感じずにはいられません。

やっぱり、終わりだったのかな・・・

エリザベス女王は特別です。

あまりにもショックが大きすぎて、何を話していいのやら。
精神的に厳しすぎます。
呆然としております。

ブログ終了を発表したとたんに、これですからね。
気持ちが沈みすぎて、どうにもなりません・・・

とにかく女王陛下
心よりご冥福をお祈りいたします。

Queen Elizabeth II : Thursday October 14, 2021.

<公式ホームページ>

https://www.royal.uk

<公式インスタグラム>

https://www.instagram.com/theroyalfamily/

<公式ツイッター>

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Subscribe
Notify of
guest

25 Comments
Oldest
Newest
Inline Feedbacks
View all comments
Youco
Youco
17 days ago

私もショックです。
謹んで哀悼の意を表します。
95歳になる祖母が最近高齢のせいで気弱になっており、弱音を吐くことがあると、
「おばあちゃまは、エリザベス女王より1歳年下なのだから、まだまだ大丈夫!」と励ましてきましたが、その存在がなくなりました。
持病もなく、杖もついておらず、さすがに料理をさせることはなくなりましたが、自立した生活を送っていますが、この先は、自然に老衰で大往生…になるのでしょうね。

ラベンダーさんのブログですから、書きたいときに書いて、放置しておく期間が長くてもまったく構わないと思います。
でも閉鎖宣言をしたとたんに、このようなことが起こることは、何か巡りあわせのような気がします。
どうぞこれからも、気が向くときに、たまにはストレス発散&日頃のグチ吐きに、ブログ更新してください。
コメ欄は閉鎖したり、コメ返しはしないなどで負担を減らすことも一手だと思います。

Puzik
Puzik
17 days ago

おはようございます。一報を聞いたとき、真っ先にラベンダー様のことを考えました。
エリザベス女王、数日前まで公務されてましたね。自身の体調のことは分かった上での、君主として最後の仕事だったのでしょう。ご自身の持って生まれた運命を、最期まで全うされました。日本の皇族の方々にも、これくらいの気概を・・・まあ、無理でしょうね。
ラベンダー様、お体休めてくださいね。無理なさらずに。

カフェモカ
カフェモカ
16 days ago

ラベンダー様

本当に突然のことで呆然としています。
エリザベス女王は、人生の終わり方まで完璧な女王陛下であられたのですね。

チャールズ国王は大丈夫でしょうか?そして、まさかカミラ王妃が実現するのでしょうか?
正直、カミラ夫人に王妃の位は相応しくないと思うのですが。。。

ラベンダー様、これからも、たまにはこうして記事を更新していただけるとうれしいです。

カフェモカ
カフェモカ
13 days ago

ラベンダー様、嬉しいお返事をありがとうございます。

イギリスにハリメガが現れましたが、相変わらずの様子でしたね(手を繋ぐ、笑顔振りまくetc.)。

エリザベス女王という偉大な存在を失ったイギリス王室はどうなるんでしょう。。。

ロータス
ロータス
16 days ago

先日まで公務をされていた女王がお亡くなりになって、大変驚いています。いつもしゃきっとして威厳に満ちた女王だったと思います。今後、イギリスもごたごたあったし、どうなっていくのでしょうね・・・
たまにでいいので、ラベンダーさんが記事をあげてくださったら嬉しいです。10月はもうすぐきます。ラベンダーさんのご意見を中心に、ほかの皆さんの意見など共有できれば、このブログはもやもやした気持ちを鎮められる貴重な場所です。

白玉ぜんざい
白玉ぜんざい
16 days ago

ラベンダー様
アップしてくださる女王の写真がとても素敵です。表情や身のこなしだけでなく、それぞれの年齢で身に着けていらっしゃるものの画面越しにも伝わってくる質の良さとか調和、センス。常人には計り知れな強い意志と節制を貫かれたと思いますが、やはりその土台は一朝一夕にはできないものだと。一方で好むと好まざるとに拘わらず、この繁栄を数世紀にわたって支えてきた地域の人々の「恨み節」も紹介されたりしています。
天皇陛下、追悼のメッセージ出されましたね。改めて終身その地位・立場にあるのが皇室・王室なのだと気づかされました。

ふくろう
ふくろう
16 days ago

今年はいろんな事があります。

今日、テレビで1975年エリザベス女王が来日された時に昭和天皇に「女王として感じる孤独感は昭和天皇にしかわからない」という事を話されていたエピソードが紹介されてました。
最高権威をもつという苦しみがわかる人が最高権威につく資格があるように思いました。
亡くなられたと報道後に虹が出た事は、やはり天に選ばれた方だったように思いました。

つぶきち
つぶきち
16 days ago

お疲れ様です。投稿有難うございます。

トラス首相就任式の時は まだまだお体は大丈夫だと思っておりましたが。残念です。
本当に長い間お疲れ様でした。
これから英王室もどうなっていくんでしょうかね。チャールズ国王真っ当な王室を築けて行けるでしょうかね・・・。なんて自国民でもないのに心配しても取り越し苦労ですね。
日本の皇室の方がよっぽど危ういよなー!と思う日々ではありますが。

これから先、益々はらわたが煮えくり返る様な出来事が起こるかもしれません。
そんな時、何か言わずにはいられない時にこの場所は自分にとって、貴重なものです。
ラベンダーさんとの やりとりもそうですが、他の方同士の言葉のやりとりも貴重なものです。全て消してしまったら、このご縁も無くなってしまいます。とても心苦しい思いです。
・・・って自分の一方的な話をしてごめんなさい。

お体ご自愛ください。

ブロッコリー
ブロッコリー
16 days ago

今晩は。ブログ更新ありがとうございます。皆さん同じですね。私も悲報を知り、すぐにラベンダーさんのこと考えてしまいました。
改めて、エリザベス女王の世界への影響力の大きさを感じました。偉大な女王陛下、御冥福を御祈りいたします。
日本の皇室とは成り立ちも違うし比較はできませんが、SNSの事一つとっても見劣り(適当な言葉が思いつかず…汗)しますね。

ブロッコリー
ブロッコリー
14 days ago

こんにちは。連投失礼します。
今週は忙しく今日ようやく休みです。エリザベス女王の訃報についてあれこれネットで見てました。なんだろう、会ったこともない遠い国の女王の死にこの悲しい気持ちは。ドラマ「ザ•クラウン」や、ロンドン五輪での名場面は記憶に新しいですが、日本じゃあり得ないですよね。名も無き一般人が思いを共有できる場を開放してくれて、改めてありがとうございます!

りんご2
りんご2
16 days ago

私もショックでした。
偉大な方だったなあと。
日本の皇室の方も、お手本にしていただきたい方ですね。無理でしょうけど。

ショックの中でも、これからキングの時代になり、イギリス王室はどうなっていくのか、これからもますますラベンダーさんのお話を聞いてみたいという思いがわいてきました。

「終わり」にするのは、マコムロ中心のブログで、これからはイギリス王室中心でその他関心のある社会問題も取り上げつつ、その1トピックとして日本の皇室も気が向いたら取り上げる、くらいのスタンスで、このブログを心機一転、「ラベンダーさん自身のブログ」に変更されてはいかがでしょう?貴重な過去の考察は一応残していただけるとありがたいですが、気に入ってる記事だけ残すというのでも、、、。あとコメントには返信しない、ということにしてもご負担が減るかもしれません。

後は、「note」に移行して気軽なスタンスで好きなことを書くというふうにしたら、カルトに嫌がらせを受けることも、メンタルやられることも少なくなるかもしれないですよ?noteだと有料記事にすることもできるので、よっぽどのファンでないと来ないという利点もあります。

と、なんとか続けてほしいという思いで提案させていただきましたが、今回のショック、そしてたまったお疲れはそんな簡単には癒えないと思いますので、参考程度に、ダメもとで言ってるだけなので、ラベンダーさんの思う通りにしてください。時間をかけて。
ラベンダーさんのメンタル最優先ですので。ご自愛くださいね。

私はラベンダーさんのブログをいつも楽しく読ませていただいてました。ありがとうございました!

マカロン
マカロン
15 days ago

ラベンダーさん、Twitterでのエリザベス女王の記事紹介ありがとうございます。本当にご幼少の頃から威厳があり君主となられる方はやはり違うのだなと思いました。(赤ちゃんという感じではないんですよね)
私エリザベス女王のお父様ジョージ6世を描いた映画、英国王のスピーチも大好きなんです。

マスカット
マスカット
14 days ago

ラベンダーさま。こんにちは。
更新ありがとうございます。

お返事いただき、感激しました。
なんとか復活していただけそうで、とても嬉しいです。
まずはお体に気をつけて、ゆっくりなさって下さいね。

ダイアナ妃の非業の死を思うと、カミラ夫人が王妃と称されることを残念に思います。

これからどうなっていくのか、英王室も日本の皇室も、問題が多いですね。

ミモザ
ミモザ
14 days ago

ラベンダー様の復活、とても嬉しいです。
眠れない夜、皇室王室の画像を拝見してうっとりいい気分になっていたのは、遠い過去のこと。
次々と表面化されてしまった実態に、驚き哀しみ更には怒りで、眠れない日々。
こんなに国民に不愉快な思いをさせる皇室って一体なんなのでしょう?週刊誌やTVの報道のあり方にも疑問が湧いてきました。
そのひとつひとつに冷静かつ丁寧な解説で答えてくださったラベンダー様。
このブログに出会ったことで、どんなに胸のすく思いがしたことでしょう。
皇室関連の問題は、なかなか話題にしにくく、ストレスが溜まる一方なのです。
エリザベス女王の悲しい一報を目にした時(朝方4時でした)、他の方もおっしゃているように、真っ先にラベンダー様のことを思いました。
きっと、何かの……。
「合理主義者でありながら、運命論は信じる」そんなラベンダー様の大ファンです。
在りし日のエリザベス女王の素敵な写真の数々、ありがとうございました。

新しいオミクロン対応ワクチンについての専門家のYouTube のご紹介もありがとうございました。とても勉強になりました。

無理のないペースでの更新、楽しみにしております。

目次