MENU

女性自身と小室圭、その深い愛の歴史

ラベンダー

こんにちは、ラベンダーです。

最近、ハードなネタが多いので、
ちょっと休養気味に、ヒマネタをやります。

毎号、毎号、天皇家を上げ続ける「女性自身」
天皇家御用達で、秋篠宮家攻撃という雑誌スタイルが定着してますが、
それは最近のこと。
もともとは、天皇家御用達でも秋篠宮家攻撃でもなく、

JKG御用達&小室圭を応援する雑誌でした。

最近、激しく秋篠宮家攻撃してるので、忘れそうになりますが、
「女性自身」は、小室圭・小室眞子の応援雑誌です。

今回は、「女性自身」の小室圭への深い愛(笑)
その「小室圭LOVE」(笑)の軌跡を見てみましょう。

目次

金銭トラブル発覚前の「小室圭LOVE」

「女性自身」の「小室圭LOVE」記事は、たくさんありますが(笑)

まずは、金銭トラブル発覚前から。

なお、引用は最小限にとどめましたので、
記事の詳細は、リンク先の元記事を読んでください。

笑顔素敵な「王子」 眞子様婚約内定の小室さん

(以下、抜粋)

小室さんは眞子さまと同じ国際基督教大を卒業し、現在は法律事務所勤務で一橋大大学院に通う。横浜市港北区で、母親と祖父の3人で暮らしている。

学生時代の2010年には藤沢市の観光をPRする「海の王子」に選ばれ、1年間活動していた。

明るくさわやかで、やさしい雰囲気。『海の王子』にふさわしいと思った」。当時「湘南江の島 海の女王&海の王子コンテスト」を担当していた市観光協会の荒井ひろみさん(42)は、突然の“ビッグニュース”に驚きと喜びを語った。

2017/05/17 (太字、下線等はラベンダーによる)

このころは、他社も小室圭上げてました。
金銭トラブル発覚前のこと。

明るくさわやかで、やさしい雰囲気

だそうです(笑)

後からも出てきまますが、

小室圭という人間は素晴らしい

というのが、
「女性自身」の基本スタンスのようです。

もう一度、いいますよ(笑)

小室圭という人間は素晴らしい

小室圭さん 父の突然死で母に誓う「僕が母を守っていく」

(以下、抜粋)

国際基督教大学に進学した圭さんは、’10年、神奈川県藤沢市観光協会が主催するコンテストで「湘南江の島 海の王子」に選ばれ、同市のPR活動を行った、同年の「海の女王」に選ばれて一緒に活動した藤沢市職員の並河理奈さん(26)は、圭さんを評して「爽やかでかっこいい、本当の王子さまみたいな人です」と話す。

眞子さまが“ずっとこの人のそばに”と決めた男性は、17日、日本中が見守るテレビカメラの前で、「今日の朝、電話で『行ってきます』『行ってらっしゃい』と軽い会話をさせていただきました」と語った。いつも自然体な“王子さま”だった--。

2017/05/26

記事では、

『うちはお父さんいないし、僕がお母さんを守っていくんです。僕がしっかりしなきゃいけないんです』

って、言ったそうですが、

今(2023年)、「お母さん」は、どこで何をしてるのでしょうか?

謎です。

僕がお母さんを守っていくんです。

って話は、どうなったのかな?

小室圭さん ご婚約会見直前に買った“月2万円”超倹約レシピ

(以下、抜粋)

料理好きの小室さんは、一足先に新婚生活の準備を始めたようだ。そんな中、小室さんが勤務する法律事務所関係者からはこんな話が聞こえてきた。

小室さんはすでに外国での仕事を探しているらしいのです。それに宮内庁が関係している、という噂も聞きました」

宮内庁関係者に聞くと、

「公式には動けませんが、幹部職員が個人的に対応することは、ないとはいえません。三笠宮家の甯子さんと結婚した近衛忠煇さん(現日本赤十字社社長)は、結婚後に日赤に入社。ジュネーブの国際赤十字本部に、おふたりで出向なさっていましたね」

2017/09/06 (太字、下線等はラベンダーによる)

この記事は、小室圭爆上げ記事ではないですが、重要な情報があります。

小室さんはすでに外国での仕事を探しているらしいのです。

この段階で、小室圭の金銭トラブルは発覚しておりません。

しかし、
すでに、海外へ行くことが既定路線のように語られていた。
後日、結婚会見で小室眞子が言った

圭さんの留学については、圭さんが将来計画していた留学を前倒しして、海外に拠点を作って欲しいと私がお願いしました。(小室眞子結婚会見より)

というのを裏付ける記事ですね。

いわゆる「海外の拠点作り」というのが、準備されていたということですよ。

だが、「外国での仕事」と「留学」では、意味が違いますよね。

なぜ、「外国での仕事」が「留学」に変化したのか?
興味深いですね。

小室圭ご優秀伝説を生みだした「女性自身」

さて、2017年の12月に、金銭トラブルが発覚し、
しばらくは、小室圭上げ記事を書ける状況ではなかったですが、
2018年、2019年、2020年と、金銭トラブルがどんどん泥沼化していく中で、

「女性自身」による小室圭ご優秀伝説

の記事が次々と発表されます。
不思議な雑誌です。

小室圭への愛を感じます(笑)

「小室圭さん声かけてきた」NY留学先の女性語るまさかの遭遇

(以下、抜粋)

J.D.の学位を取得すればニューヨーク州の司法試験が受けられるが、小室さんはまず1年間、LL.M.の課程を受けることになっている。

「今日もオリエンテーションを聞いていたのですが、本当にいろいろな分野があって大変ですよね」

そして「眞子さまとのこと、ニュースで見ましたよ。頑張ってね」と声をかけると、「本当にありがとうございます! いろいろ教えてください。よろしくお願いします」と嬉しそうな笑顔を見せ、丁寧にお辞儀をしたのだった。

女性は「本当に感じのいいナイスガイでした」と、すっかり小室さんに魅了されたそうだ。

国際弁護士を目指し、3年間の留学に臨む小室さん。屈託のない笑顔の陰には、「眞子さまは絶対に待っていてくださる」という強い信頼があるのだろう――。

2018/08/24

「女性自身」による小室圭上げ記事
パターンとしては

  1. さわやかで人間性が素晴らしい
  2. 英語力が素晴らしい
  3. 知的能力が素晴らしい

この3本柱で小室圭ご優秀伝説は、構成されてます。

これ見て
血管キレそうになってる皆様。
こんなのまだまだ序の口です。

女性自身の「小室圭LOVE」をなめてはいけませんよ(笑)

まだまだえんえんと「小室圭LOVE」が続きます。

小室圭さん“もうひとりの母”が支えるNY留学と結婚への道

(以下、抜粋)

『スッキリ』(日本テレビ系)で電話取材に答えた立川氏は、小室さんについてこう評価した。

本人はすごく優秀な人ですよ。彼は、彼女のために立派に弁護士になろうと思っているし、いい法学部に入って、頑張って勉強していると思います。人様に何も言われないように、立派に彼女を迎え入れようとしているんじゃないですか?

さらに、小室さんから紹介され、眞子さまと面会したこともあるという立川氏。2人の現在の関係についても言及していた。

「私は、彼らの関係は何も変わらないと思っていますけどね。彼が頑張っているのは彼女のためですよ。彼女は彼の本質が好きなんですよ

彼女は彼の本質が好きなんですよ

って、マコさんは、
小室圭の本質が好き???

へぇ~そうですかぁ~

人を愛するというのは、理屈じゃないですからね。
いろいろあるのでしょう。

ということは、

女性自身の「小室圭LOVE」も
小室圭の本質が好きってことでしょうか。

 

小室圭さん NYからの「肉声音源」が全世界配信されていた!

(以下、抜粋)

森永卓郎さんも唸らせた、小室さんの英語力と経営知識――。

結婚延期の引き金となった金銭トラブルが解決しないままに決行された、小室さんのNY留学。国際弁護士を目指すという目標の実現性にも当初から疑問の声が上がっていたが、このインタビュー音源によって留学の成果を見せつけた格好だ。

2020/05/12(太字、下線等はラベンダーによる)

小室圭の英語力を絶賛
小室圭の経営知識を絶賛(一橋大学院へ行ったことからの連想?)

これも、よくある

「女性自身」による小室圭ご優秀伝説

のパターンです。

それにしても

このインタビュー音源によって留学の成果を見せつけた格好だ。

と小室圭を爆上げしてますが、
この後、合格率80%以上の試験に2度も不合格してますからね。
留学の成果って
いったい、何だったのでしょうね(笑)

同じ内容の記事が別にもあります。
同じネタで、何度も小室圭を絶賛する「女性自身」
小室圭への愛が止まらないようです(笑)

<同内容別記事>

 

小室圭さん「年収1億円」も!論文から見えた夢キャリア計画

(以下、抜粋)

日本とニューヨーク州の弁護士資格を持つ山口真由さんに、小室さんの論文掲載がどれほどの快挙なのか聞いてみた。

「弁護士を目指して勉強をしながら論文を書いて応募するのは、とてもたいへんなことです。東大でもハーバードでも、私の周りには専門誌に論文を掲載された学生はいませんでした。小室さんの発想力と行動力は、アメリカでは大きく評価されると思います」 小室さんの論文掲載は、東大法学部を卒業した山口さんも驚く成果だというのだ。

(中略)

「セキュリティ・ロイヤーは企業や投資家の行動が規制や法に触れないように予防することが仕事になります。年収についてはどの法律事務所に所属するかによって差がありますが、初年度で1千万~2千万円ほどでしょうか。その分野で頭角を現してパートナー(弁護士事務所の共同経営者)ともなれば、年収1億円も難しくないでしょう」(山口さん)

2020/06/09 (太字、下線等はラベンダーによる)

この論文コンペについては、以前、当ブログで検証しましたが、

  • 有名大学の学生が誰も見向きもしない
  • 会費を払って参加するサークルで
  • サークル内のコンペで表彰された

というもの。
たとえれば
クラブ活動で表彰されたというレベルの話。
年収1億円と何の関係もありません(笑)

記事の中で、

東大でもハーバードでも、私の周りには専門誌に論文を掲載された学生はいませんでした。

とありますが、
みんな勉強が忙しくてサークル活動してるヒマないから
一流大学の学生は、誰も参加してないということ。
これ事実です。

小室圭、よほどヒマだったようですね(笑)

で、ヒマすぎて、合格率70%以上の司法試験に2回も落ちてしまうという。

ユニークな人ですね(笑)

同じ内容の記事が別にもあります。
同じネタで、何度も小室圭を絶賛する「女性自身」
小室圭への愛が止まらないようです(笑)

<同内容別記事1>

<同内容別記事2>

「女性自身」
小室圭を繰り返し絶賛してます。

あああ、止まらない小室圭への愛(笑)

なぜ愛子天皇派は小室圭を絶賛をするのか?

小室圭は有名人からも絶賛されてます。

「小室圭さんは勇気のある男」小林よしのり語る“結婚賛成論”

(以下、抜粋)

とにかく今は、眞子さまがかわいそうで、かわいそうで……。

あんな自由のない世界で育って、初めて本気で惚れた男が小室圭さんだったのに、世間体ばかり重んじる大人たちが寄ってたかってお二人を別れさせようとしている。あまりにも残酷な話です。

わしはお二人の結婚に賛成です。ご結婚させてあげてほしい。

皇族女性と交際して結婚までしようなんて、これほど勇気のある男っているだろうか。デート中でもボディガードに監視されるんですよ。そんな不自由な恋愛でも眞子さまを選んだのだから、小室さんは本気で惚れているのでしょう。

ニューヨークに行ってまで法律の勉強を続けているのも、小室さんが本気である証拠です。

2019/5/2

だそうです。

ご存じのとおり、愛子天皇派のトップランナーである小林よしのり氏。

雅子皇后、愛子内親王を爆上げし続ける「女性自身」。

それが、ともに小室圭を絶賛する。

果たして、これは偶然なのでしょうか?

 

「小室圭氏は誠に立派」宮内庁長官が贈っていた最大限の賛辞

(以下、抜粋)

さらに婚約内定時、山本信一郎宮内庁長官(当時)は小室さんの人柄を次のように評していた。

《小室圭氏は、眞子内親王殿下のご結婚の相手にふさわしい誠に立派な方であり、本日お二方のご婚約がご内定になりましたことは、私どもにとりましても喜びに堪えないところでございます。この度のご婚約ご内定に当たり、お二方の末永いお幸せをお祈りいたします》

ご結婚の相手にふさわしい誠に立派な方――。まさに”ベタ褒め”ともいえる最大限の賛辞が小室さんに贈られていたのだ。

2020/12/10 (太字、下線等はラベンダーによる)

古い話を持ち出して、あえて、小室圭を絶賛する「女性自身」。

ご結婚の相手にふさわしい誠に立派な方

これを愛と言わず、何というのでしょうか(笑)

まだまだ、えんえんと絶賛は続きます。

 

小室圭さん誇示するピアノの腕前 その音色で紀子さまも魅了

(以下、抜粋)

眞子さまが29歳の誕生日を迎えられた、’19年10月23日――。

その日、ニューヨーク州弁護士会主催の論文コンペで、小室圭さんの論文が準優勝の快挙を成し遂げたことが発表された。ホームページには髪を伸ばした小室さんの顔写真も掲載。眞子さまへの最高のプレゼントになったことだろう。

小室さんのプロフィール欄には、こんな記述があった。

《Hobbies:Playing jazz piano》

趣味はジャズピアノの演奏――。全世界に配信された小室さんのプロフィールにはそう記されていたのだ。

’17年9月3日、眞子さまとの婚約内定会見のときにも、小室さんは「休日には、ピアノで好きなジャズを弾いております」と答えていた。

同年11月、秋篠宮さまは紀子さまとご一緒に誕生日会見に臨まれ、小室さんについて「非常に真面目な人だというのが第一印象でした」と称賛の言葉を贈られている。

そして紀子さまは、こんなエピソードを披露された。

「小室さんのピアノを聴きたいと話をしましたところ、快く応じてくださり、小室さんの優しいピアノの音色を聴きながら、私たちは心和むひとときを過ごしました」

紀子さまをも魅了したピアノの音色。小室さんは3歳のときからヴァイオリンを習い、音楽大学の付属小学校に通っていた。幼少期から音楽の素養があった小室さんのピアノの腕前は確かなものなのだろう。

2021/01/29 (太字、下線等はラベンダーによる)

小室圭を愛してやまない「女性自身」。

紀子さまをも魅了した、そうです。

さらに、
まだまだえんえんと小室圭への愛は続きます(笑)

 

小室圭さん29歳に 学業は順調、眞子さまとの結婚に向け光明も

(以下、抜粋)

コロナ禍という予想外の事態に見舞われたものの、小室さんの留学生活は順調そのものだ。1年目には、成績優秀者(学部150人中15位から37位のグループ)に入り、大学のホームページに小室さんの名前が掲載された。

さらに、学生でありながら投稿した論文が専門誌に掲載される快挙も。ニューヨーク州弁護士会のビジネス法部門が刊行する『NY Business Law Journal』(’19年夏号)に掲載された小室さんの論文は、クラウドファンディングに関する法律について分析したもの。全編英語で9ページ(注釈含む)ものボリュームだった。

そして今年4月には、小室さんによる54分間の「英語インタビュー」が配信。フォーダム大学のロースクールのホームページで配信されたこのポッドキャスト番組で、小室さんは金融の専門家に英語で取材。専門用語を駆使しながら、英語で何度も質問を投げかける様子が話題を呼んだ。

2020/10/05

学業は順調だったはずなのに、2回も司法試験に落ちた小室圭。

今となっては、寒々しい上げ記事ですね。

ハッキリ言って、小室圭を上げる材料は少ないです。

その数少ない材料を何度も何度も使いまわして、小室圭を絶賛し続ける「女性自身」。

ご存じのとおり、
現在、秋篠宮家をボコボコに叩き続ける「女性自身」。

それが、なぜ小室圭を爆上げし続けるのか。

不思議でしょう。

よく考えていただきたいと思います。

そして、

な、なんと、

あの小室28枚怪文書までも絶賛・・・

 

小室圭さんの“長すぎる説明文”「非常に丁寧」と評価の声も

(以下、抜粋)

多くの人があまりの長さに“悲鳴をあげる”一方で、小室圭さんの文書を評価する人もいる。

西村泰彦宮内庁長官は4月8日の定例記者会見で、小室さんの説明文を「非常に丁寧に説明されている」述べた。さらに佳代さんの“金銭トラブル”やこれまでの経緯を「理解できた」とし、「静かにお見守りしていきたい」語った。

映画『Fukushima 50』のの原作者でもあるノンフィクション作家の門田隆将氏も、自身のTwitterに《小室圭さんが発表した文書に「非常に丁寧に説明した印象だ」と西村泰彦・宮内庁長官。私も同じ感想を持った》と投稿し、小室さんの文書を評価した。

賛否が存在する小室圭さんの文書だが、脳科学者の茂木健一郎氏は自身のYouTubeチャンネルで、“長すぎる説明文”になった背景を推測している。

「(今回の説明文のような)文章を書く文化が(小室さんが通う法科大学院で)あり、(小室さんは)もともとパラリーガルとして日本の法律事務所で働いていて、法律的な議論の仕方に一生懸命、適応しようとされている。その結果(長い)文書になってしまったということがあるかもしれない」

2021/04/09

小室28枚怪文書。

数少ない擁護者を引っ張り出してきて、無理やり擁護する「女性自身」。

「女性自身」の小室圭への愛。

半端じゃないね(笑)

まだまだえんえんと小室圭への称賛が続きます。

そろそろ飽きてきましたね(笑)

小室圭&眞子の愛を絶賛

小室圭と小室眞子の愛を絶賛するのも「女性自身」の定番。

小室圭さん「8割超が応援」の衝撃…届かぬ秋篠宮さまの訴え

(以下、抜粋)

さらに眞子さまのご結婚延期をめぐっても、秋篠宮ご夫妻が訴えていた“慎重論”が、意外に支持されていない実情が明らかになったのだ。

5月16日放送の『モーニングショー』(テレビ朝日系)は「眞子さま・小室さんの結婚応援できる?」と題して100人に街頭アンケートを実施。なんと「応援できない」はわずか19人だった。

一方、「応援できる」は42人、金銭問題の解決などの条件付きで応援できるという意見が39人。大多数がお二人の結婚に賛成という結果だったのだ。

2019/05/22 (太字、下線等はラベンダーによる)

小室圭さん「8割超が応援」の衝撃

へぇ~・・・・・

ご存じのとおり、テレビ朝日はマコムロ擁護ばかりです。

それをわざわざ取りあげる「女性自身」。

執念を感じます。

さらに、コレ

眞子さま 数々の障害乗り越え…変わらなかった小室圭さんへの愛

(以下、抜粋)

《様々な理由からこの結婚について否定的に考えている方がいらっしゃることも承知しております。しかし、私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です》

2年間の延期となっていたお二人の結婚は、再び延期されることとなった。はたして眞子さまは変わらぬ「小室さんへの愛」を、結婚という形で成就させることができるのか――。

2020/11/13

こういう記事はたくさんあります。

いわゆる「お気持ち発表」を合わせて、マコムロへの世論を結婚OKという方向へ誘導しようとしたのが「女性自身」です。

愛する二人を世論が引き裂くのはおかしい。

そういうプロパガンダをしてた。

それが「女性自身」。

 

「眞子さま頑張って欲しい」変わらぬお気持ち公表にエールも

(以下、抜粋)

様々な困難があるなか、それでも変わらぬ「お気持ち」を表明された眞子さま。Twitter上では小室さんとの結婚に否定的な意見がある一方で、お二人へのエールも相次いでいる。

《眞子さまと小室さん、もうここまで来るとマジで頑張ってほしいって気持ちになってくるな。負けないでほしい》
《どうしても圭くんなんだな。でもこれだけのことを言えるのは素敵。眞子さま、頑張って》
《私も旦那と出会ったのはたぶん眞子さまが小室さんと出会ったのと同じ歳くらい。本当に好きだったからこの人しかいないって思って、その思いでなりふり構わず追いかけていったから、気持ちめっちゃわかるよ》
《眞子さま頑張って欲しい。結果はどうあれ、本人同士が幸せな決断をしてくれたら良いなぁ》

2020/11/15

今も昔も、徹底的にマコムロ擁護。

今、天皇家を爆上げしてますが、私がそれで騙されると思ったら大間違いです。

「女性自身」は、一貫してマコムロ擁護、マコムロ上げ雑誌。

「女性自身」の本性を見てほしいと思いますね。

 

眞子さま&小室圭さん 秘蔵写真で振り返る“3年愛”のすべて

(以下、抜粋)

’17年5月、NHKが眞子さまのご婚約をスクープ。

眞子さまが選ばれたお相手は、国際基督教大学(ICU)の同級生・小室圭さんだった。藤沢市の観光をPRする「海の王子」に選出された過去、趣味はピアノとヴァイオリン、将来の夢は国際弁護士……。小室さんの爽やかな笑顔とスマートな経歴は大きな話題を呼んだ。

シングルマザーの佳代さんとの親子愛も、当初は感動の物語として取り上げられていた。

2021/02/18

この記事は、簡単にマコムロ騒動がまとめられているので参考になります。

リンク先の記事を読んでいただくと、よい復習になります。

司法試験受験から結婚へとマコムロ擁護は続く

2021年の夏から秋にかけて、急にマコムロ結婚へと事態が動きました。

もちろん、非難の嵐。大逆風です。

しかし、「女性自身」は、あくまでマコムロ擁護、マコムロ上げを続けます。

えんえんと続きます。

眞子さま 逆風でも貫いた“一途な恋”に「凄い」「真実の愛」と広がるエール

(以下、抜粋)

いかなる逆風にさらされても、決して途絶えることのなかった小室さんへの一途な愛。そんな情熱的な眞子さまに共感する人もいるようで、SNS上ではエールが広がっている。

《眞子さま、お金のことはよく分からんけど、ここまで駆け落ち同然の結婚するほど愛し合ってるのはすごいなと純粋に思う》
《眞子さま、これだけ反対されて結婚するのすごい。なかなかできないよ。意志が強いね。幸せになってほしい》
《眞子さま〜4年間も貫いた愛マジで凄い。アメリカでのびのびと過ごしてほしい》
《私の想像が及ばないたくさんの苦難を乗り越え、遠距離恋愛も乗り越え、現代にこんな一途な恋愛が、まだあるんだって、めっちゃ感動と尊敬してます》
《なんか眞子さまのニュース見てると、真実の愛って感じがする。ここまでして、愛せる人に出会えるのも素敵だなぁ》

2021/09/01

ネットでは、99対1くらいの圧倒的大差で、マコムロ結婚に否定的な意見が多かったと記憶してますが、その少数意見を取りあげていたのが「女性自身」。

いかなる逆風にさらされても、決して途絶えることのなかった小室さんへの一途な愛。

お見事です(笑)

あくまで、マコムロ支援を繰りかえす「女性自身」。

まだまだ、

えんえんと続きます。

 

眞子さま結婚 反対7割でも20代は過半数が賛成「好き同士で運命だから」

(以下、抜粋)

賛成派は、眞子さまへの同情、共感の声が根強かった。また、周囲から反対されても結婚への意志を貫かれる姿勢にエールを送るコメントもあった。

「金銭問題が出てからなかなか会うこともできない2人だったと思うけど、気持ちが離れることはなかったし、夫婦としても必ずやっていけると思います」(20代女性/専業主婦)
「眞子さまが自由に恋愛出来ないのが悲しい。けれど税金などが関わってくるからお金の面では全て辞退してほしい」(20代女性/パート)
「お互い好き同士で運命だから結婚するしかないと思う」(20代女性/学生)
「世間では反対されているが、一時金も辞退するようだし、本人たちが愛し合ってるならそれでいいから」(30代女性/パート)
「人生のパートナーは眞子さま本人が決めるべき。世論に負けず幸せになって欲しい」(40代女性/会社員)
「眞子さまの愛の強さと確かさに感服」(70代以上女性/定年退職)

2021/09/04

20代は過半数が賛成「好き同士で運命だから」

このアンケートを見ると、否定派が圧倒的と思いますが、
どうしても、良いように解釈したいようですね「女性自身」。

次の記事も、アンケート系。

小室圭の「不屈の努力」で「流れ変えた」そうです(笑)

 

日本の5割超が結婚を祝福…流れ変えた小室圭さんの“不屈の努力”

(以下、抜粋)

「儀式なし、一時金もなしとなったのは、国民の反発の声が根強く、秋篠宮さまが求めていた“多くの人が納得し、喜んでくれる状況”にならなかったためでした。しかし、ここにきて国民の見方が変化し始めています」

そう語るのは皇室担当記者。その兆しは数字にも表れている。『読売新聞』が10月4~5日に実施した世論調査では、眞子さまと小室さんの結婚を「よかったと思う」との回答が53%に達し、「思わない」の33%を大きく上回った。

著名人からも賛同のコメントが増えている。元大阪市長の橋下徹氏は「ここまで批判を受けて、しかもアメリカでお二人で生活する。世界に飛び立っていく若者の象徴、ここを応援せずにどうするんですかね」と全面的に擁護。

匿名掲示板「2ちゃんねる」の創設者・ひろゆき氏もツイッターで《眞子さんはマジで人をみる目ある》《外国に移住して、たった三年で年収1,800万円の職を得るって相当優秀ですよ》と、小室さんを絶賛しているのだ。

「ニューヨーク州弁護士の年収は1年目から1,800万円を超え、さらに小室さんが就職したローウェンスタイン・サンドラーなら2,200万円以上といわれています。小室さんの実力が目に見える形になったことで、その努力を認める人が少しずつ増えてきたのでしょう」(前出・皇室担当記者)

2021/10/12 (太字、下線等はラベンダーによる)

日本の5割超が結婚を祝福

小室さんの実力が目に見える形になったことで、その努力を認める人が少しずつ増えてきたのでしょう

というけど、その後の展開はご存じのとおり。
日本の5割超が結婚を祝福???
何ソレ。

信者妄想?

「女性自身」は、妄想と現実の区別がつかないようです(笑)

雑誌記事が、いかにテキトーか。
わかるでしょう。
雑誌記事に、いちいち反応してVSバトルしてる人たちは、考えたほうがいいですよ。

踊らされすぎ。

さらに、「愛」はヒートアップします(笑)

 

小室圭さんと眞子さま 夜空に「十三夜」の名月が…3年ぶり再会のロマンチックな偶然

(以下、抜粋)

小室さんは2017年9月の婚約内定会見で、眞子さまのことを「月のように静かに見守ってくださる存在」と語り、夜空にきれいな月を見つけて眞子さまに思わず電話したエピソードを明かしている。まさかの偶然か、10月18日の夜は「十三夜」だったのだ。

「十三夜」とは、旧暦の9月13日の夜を指す。この日に見える月は、「中秋の名月」とされる「十五夜」に続く名月として、古くから愛でる風習がある。18日の東京の夜空は、多少雲が出てはいるものの、夜空を美しく照らす月がはっきりと見えた。

SNS上にも、このロマンチックな偶然に驚く声が見られた。

《小室圭さんが眞子さまのことを月に例えていましたね》
《十三夜の日に結婚相手と再会できた小室圭さん、眞子さまを幸せにしてね》
《この日を意識して眞子さまに会いに行った?》
《小室さんは眞子さまに電話してるのかな》

2021/10/21 (太字、下線等はラベンダーによる)

あの気持ち悪い「月」と「太陽」の話を再絶賛するとはね・・・(唖然)

このロマンチックな偶然に驚く声が見られた。

って、
この偶然をいちいち発見する気持ち悪さのほうが驚きですよ。

そして、とうとう、こんなことを言い出した。

 

国民の「6割超」が結婚賛成に!小室圭さん“多くの人の納得”を達成?

(以下、抜粋)

毎日新聞が社会調査研究センターと合同で9月18日に実施した世論調査では、眞子さまの結婚を「祝福したい」との回答が38%で、「祝福できない」の35%をわずかに上回っただけ。この時点では賛否が拮抗していた。

しかし、読売新聞が10月4~5日に実施した世論調査では結婚を「よかったと思う」が53%と半数を超え、「思わない」の33%を大きく上回った。

さらにANNが10月16~17日に実施した調査では、結婚を「お祝いしたいと思う」が61%で、「思わない」は24%となった。結婚賛成派が反対派にダブルスコアをつける結果となったのだ。

「もちろん3つの調査は別々の報道機関によるもので、設問も異なるため単純な比較はできませんが、この1カ月で結婚に賛成する国民が急増しているのは間違いないでしょう」(皇室担当記者)

2021/10/26 (太字、下線等はラベンダーによる)

結婚賛成派が反対派にダブルスコアをつける結果

国民の「6割超」が結婚賛成に!

この1カ月で結婚に賛成する国民が急増しているのは間違いないでしょう

って、
2023年に至っても、急増してないよ(笑)

徹底的にマコムロを擁護する「女性自身」。

今や、天皇家の機関誌みたいになってますが、
天皇家を上げてるからといっても、
秋篠宮家を叩いてるからといっても、
それで

マコムロ爆上げの歴史を無かったことにはできない

私が「女性自身」を支持しない理由は、ここにあります。

どれだけ、天皇家を爆上げしようと、
どれだけ、秋篠宮家をボロ叩きしようと、
そんなこと、私には関係ない。

「女性自身」は、マコムロの共犯雑誌

そういう認識しかありません。

 

小室圭さん「月が綺麗」から「愛してる」へ…“匂わせ”捨てた直球告白に称賛の声

(以下、抜粋)

「私は眞子さんを愛しております」

10月26日、秋篠宮家の長女・眞子さんと小室圭さんの結婚会見が行われた。眞子さんの発言のあと、小室さんは開口一番に眞子さんへの気持ちをストレートに語ったのだ。

小室さんは続けて「一度きりの人生を、愛する人と共に過ごしたいと思っています」と話し、「これまで幸せな時もそうでない時も、様々な気持ちを二人で分かち合い、励まし合ってきました」と眞子さんとの交際を振り返った。

小室さんの率直な愛情表現に、Twitter上では称賛の声が広がっている。

《これだけ注目されている会見で「眞子さんを愛しています」って言いきった小室さんカッコいいな……! ちょっと泣きそうになった……笑 ご結婚おめでとうございます!》

《小室圭さん男らしいなぁ 凄く素敵な会見でした 眞子さんと幸せになってください》
《今まで小室さんに対していいイメージなかったけど、結婚会見で「眞子さんを愛しています」って言ってるのを見てなんか凄く感動した。眞子さまのこと一生大事にして欲しいし2人で幸せな家庭を築いて欲しい》

’17年9月に行われた婚約内定会見では、互いを「太陽と月」と表現し合った2人。小室さんは、「夜空に綺麗な月を見つけ、そのとき思わず宮様にお電話をいたしました。その後も綺麗な月を見つけますと、嬉しくなり宮様にお電話をおかけしています」と話していた。

「この発言は、夏目漱石が『I LOVE YOU』を『月が綺麗ですね』と和訳したという俗説をなぞったものと考えられます。つまり小室さんは4年前の会見では、遠回しな表現で“眞子さんを愛している”というメッセージを忍ばせていたのです」(皇室担当記者)

婚約内定会見では、それとなく“匂わせ”表現で愛を伝えていた小室さんだが、今回は一転してストレートに眞子さんへの愛を告白したのだ。

結婚会見の最後には、「私は眞子さんと、あたたかい家庭を築いていきたいと思います。同時に、これからも出来る限りのことをして、眞子さんをお支えしていきたいと思います」と決意を語った小室さん。

新たな門出を迎え、眞子さんとの新婚生活が今始まろうとしている。

2021/10/26 (太字、下線等はラベンダーによる)

小室さんの率直な愛情表現に、Twitter上では称賛の声が広がっている。

そうでしたか???

健忘症かな?
そんな話、記憶にありませんよ(笑)

婚約内定会見では、それとなく“匂わせ”表現で愛を伝えていた小室さんだが、今回は一転してストレートに眞子さんへの愛を告白したのだ。

小室圭のマコさんへの愛よりも、
「女性自身」の「小室圭への愛」のほうが、よく伝わってきますよ。

愛だわ(笑)

これでもか、これでもかと、小室圭を上げ続ける「女性自身」。

愛だから、しょうがないか(笑)

皆さん、
この雑誌がやってきたこと。
忘れないで、よ~く覚えておいてくださいね。

 

小室圭さん「まるで別人」とプロも絶賛!“自信満々”会見導いたアメリカ留学経験

(以下、抜粋)

婚約内定会見との比較では、特に圭さんの成長ぶりに驚いたという氏だが、理由についてこう分析する。

「なにより、自信がみなぎっていることが窺えましたよね。4年前はまだまだ若者といった風情で、頼りがいを感じられなかったのですが……。やはり、論文で受けた評価や、アメリカの法律事務所への就職など、結果を出したことによって、得られた自信が大きいのでしょう。

同時に、渡米したこと自体による影響も計り知れないと思います。会見でも、『このたびはみなさまにご心配をおかけし~』などと前口上から始めるのではなく、『愛しております』と切り出せてしまえる。結論から述べる話し方はビジネス的にも好印象ですが、海外的な“情熱”をも感じさせました。

日本人的感覚からすれば歯の浮くようなセリフですが、きっぱり『私のいちばん言いたいことはこれだ』といった強い思いが伝わる、とても効果的な出だしです。アメリカでいい刺激を受けてきましたね。

くわえて、ガラリと変貌した“見た目”によって生み出される説得力もありました。言葉の意味内容そのもの以上に、ぱっと見によって受ける心象が大きくなってしまうのが人間の性。

4年前はスーツに着られてしまっていましたが、社会人らしい着慣れた感じが出ていましたし、おろしていた前髪も上げていました。顔立ちもどことなく精悍になり、大人の男性らしさを私は感じましたよ。

そのようなきちんと身だしなみを整えようとする姿勢も、眞子さんへの思いの強さをアピールするのに一役買ったと思われます

2021/02/18 (太字、下線等はラベンダーによる)

へぇ~・・・・

そのようなきちんと身だしなみを整えようとする姿勢

コメントの代わりに、写真をひとつ引用します。

「まるで別人」

意味はわかりますよね(笑)

ということで

結婚成立までの記事を紹介しましたが、
この後、結婚後の記事でも、当然、小室圭・小室眞子を上げてます。

しかし、もうキリがないので、今日はこれくらいにします。

とにかく、これでも「小室圭LOVE」記事の一部にすぎない。

「女性自身」の小室圭への愛は深い(笑)

天皇家を上げてるとか、秋篠宮家を叩いてるとか、
それに騙されてはいけません。

「女性自身」は小室圭御用達の雑誌。

数えきれないほど、小室圭を爆上げしてきた雑誌

これは事実です。

そして、

秋篠宮家はボコボコに叩いても
小室圭・小室眞子を上げ続ける「女性自身」

つまり

秋篠宮家とは無関係に、小室圭・小室眞子を上げ続けてるということ。

よく覚えておいてほしいと思います。

ではまた。

ラベンダー

いつもありがとうございます

Subscribe
Notify of
guest

2 Comments
Oldest
Newest
Inline Feedbacks
View all comments
ラッキー
ラッキー
11 months ago

お久しぶりです、面白い記事でした!
この持ち上げぶり凄いですねー、よくまあこんなに絶賛する内容を書けるものですね、
私もライターになりたいです。面白そうで。
こんなんで仕事が成り立つなんて羨ましいです。

こんなに絶賛する程の素晴らしい人なのに大事な儀式も行えず
類例に無い結婚になったのでしょうか?

ところで、一ッ橋大学で経営戦略学んだ人が国家安全保障なんて担当出来るのですか?
設定変更についてラベンダーさんの意見を聞きたいです。
まあ、どうせ使えなくて移動させられたと言う所でしょうね。
またお邪魔しますね。

目次