報道の自由を攻撃する宮内庁

 こんにちは、ラベンダーです。

 汚いことしますね、宮内庁。
 報道の自由への攻撃を連発してます。
 欧米諸国では常識ですが、報道の自由へ圧力をかけるのは、民主主義への挑戦です。
 
 私は、民主主義派・国民主権派なので、今回の出来事には激しい怒りを感じますが、とりあえずは落ち着いて検討してみたいと思います。

目次

報道の自由は民主主義の土台

 報道の自由や言論の自由は、民主主義の土台です。
 改めて、その重要性を確認にするために、以下の記事を引用します。
 長くて、堅苦しくて申し訳ないですが、アンダーラインの部分だけでも、ご確認いただければ幸いです。
 

論座 2014年10月6日

 われわれが確実なものとすることを追求している将来の日々に、われわれは人類の普遍的な4つの自由を土台とした世界が生まれることを期待している。
 第1は、世界のあらゆる場所での言論と表現の自由である。
 第2は、世界のあらゆる場所での、個人がそれぞれの方法で神を礼拝する自由である。
 第3は、欠乏からの自由である。
 第4は、世界のいかなる場所でも、恐怖からの自由である。
(フランクリン・D・ローズベルト大統領、1941年1月6日「一般教書演説」より)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 アメリカ大統領フランクリン・ローズベルトは1941年の議会に向けた一般教書演説で、第二次大戦後の世界秩序構想を示した。全体主義国家であったナチスドイツが隣国をつぎつぎと併呑し、ヨーロッパを覆い尽くそうとしていた第二次世界大戦中のことである。

 一般的には「4つの自由」演説といわれるローズベルトのこの演説は、のちの大西洋憲章などにも影響を与え、戦後、われわれがいま生きている世界の原点となった。

 「4つの自由」演説で世界が目指すべき最も重要なものとして、最初に掲げられているのが「言論と表現の自由」である。それは、民主主義の政治を自認する社会で、何よりも重んじられねばならない権利だからだ。

 人々が国家から咎められることに怯えたり恐れたりせず、自分の意見を公の場で表明できる自由、そして時の為政者が振りかざす政治的権威に異議を唱え、政府の政策を正々堂々と批判できる自由はわれわれの民主主義国家と、独裁国家や全体主義国家の政治との根本的な違いだ。

 民主主義の政治では、政府与党にとってうるさくて政治運営の邪魔だからといって政治的な「制裁」という手で人々の口をふさぎ、その声を消音させてはならないし、ましてや一国の指導者や政権党がこれらの自由を抑圧する発言や行為は、絶対にしてはならない。

 この「言論と表現の自由」のなかでも、とくに政府から独立した立場で政府への権力を監視し、権力の不正義をわれわれに伝えるのが新聞等のマスメディアがもつ「報道の自由」である。

 政府にとって都合の悪い報道を制限することは全体主義への第一歩であり、権力による報道への介入によって記者やジャーナリストらを萎縮させ、報道の自律性を奪うようなことがあれば、その国の民主主義は危機的な状況にあるといえる。

 近年、民主主義国であるにもかかわらず、政府の側が報道各社に介入しさまざまな圧力をかけ、「報道の自由」の幅、すなわち民主主義の幅を狭めようとする例が目立っている。

五野井郁夫 高千穂大学経営学部教授(政治学・国際関係論)
(太字等はラベンダーによる)

 報道の自由は、民主主義の土台とよく言われますが、意味としてはこんな感じに理解してます。
 
 1.民主主義国では、意思決定の前提として、自由な議論・討論が必要。
 2.自由な議論・討論のためには、言論の自由が必要。
 3.言論の自由の前提として、報道の自由による自由な情報提供が必要。

 自由な議論・討論がないと民主主義は成り立たない。
 また、自由な議論・討論するには、政府や権力者などの情報が報道され国民に伝わっていることが必要です。
 しかし、報道の自由がなければ権力側に都合のよい情報しか流されないので、自由な議論・討論が成り立ちません。
 つまり、報道の自由がなれば民主主義そのものが成り立たないのです。

 だから、中国共産党や北朝鮮では、
 批判する情報を弾圧し消滅させ、権力を肯定する情報だらけにし、
 自由な議論・討論をさせないようにして、独裁体制を維持するのです。
 そう、報道の自由は重要です。

 報道の自由を攻撃するのは、民主主義を攻撃するのと同じ。
 
 皇室・宮内庁は、その重大性を理解しているのでしょうか。

報道の自由を攻撃する人たち

 将来の天皇が大炎上して非難を浴び続けているのに、それを黙って放置し続けるのはあり得ない。
 どんどん炎上が拡大してるのに、何も対策しないのは異常だと。
 以前からずっと、そう申し上げております。
 だから、炎上対策するのはいいと思いますが、
 その「対策」が

 報道の自由を攻撃
 
 だったわけです。
 極悪ですよ、宮内庁。
 内容は、以下のとおりです。

 1.1月24日 皇嗣職大夫がメディアへ圧力をかける
  「一般論として、受験期を迎えている未成年者の進学のことを、臆測に基づいて毎週のように報道するのは、メディアの姿勢としていかがなものか」

 2.1月27日 宮内庁長官がメディアへ圧力をかける
  「受験期を迎えている未成年者の進学のことを毎週のように報道し、中には臆測に基づくと思われる記事も見られるのはいかがなものか」

 3.1月28日 再び、皇嗣職大夫がメディアへ圧力をかける
  記者から「佳子さまの結婚についても、臆測に基づくような報道が続くがどう思うか」と問われた加地氏は「こちらから発表も何もない段階でそういった記事がでてくることについては、やはり遺憾であると私は思う」

 
 宮内庁長官や皇嗣職大夫には年間2千万くらいの高給が支払われているそうですが、民主主義を攻撃する人たちに、多額国民の税金が使われるのは納得がいかないですね。

 国民から搾取したカネで、国民を言論弾圧する
 
 ようなものですからね。
 民主主義の破壊者を税金で養っているようなものですよ。
 しかも、上級国民待遇ですからね。
 ふざけた話ですよ。

 1.1月24日 皇嗣職大夫がメディアへ圧力をかける
 については、前に書いた記事をご参照ください
 <参考記事>
 皇室は国民と戦争するつもりなのか

 で、次の
 2.1月27日 宮内庁長官がメディアへ圧力をかける
 ですが、これは重大です。
 この件については、メディアの報道がほとんどありません。
 要するに

 完全に委縮してしまった
 
 ということですね。
 もともと皇室批判するメディアは少ないですが、その数少ないメディアの動きも許せないという感じですね。
 批判するメディアを消滅させ、皇室を絶賛するメディアだらけにする。
 批判するメディアは許さない
 そういう臭いを感じ取ったからこそ、メディアは一斉に沈黙したのでしょう。
 どんな報復を受けるかわかりませんからね。
 

宮内庁が報道の自由を攻撃する

 この
 2.1月27日 宮内庁長官がメディアへ圧力をかける
 ですが、これは本当に重大です。
 何が、メディアを震え上がらせたかと言えば、

 宮内庁がメディア弾圧に乗り出した
 
 ということです。
 今までとは意味が違うのですよ。
 ぜんぜん、意味が違います。

 昨年のマコムロ結婚。
 発表は皇嗣職大夫から行われて、宮内庁の公式発表はありませんでした。
 あくまで、秋篠宮家の「私事」という位置づけ。
 宮内庁としては、表面的は静観するという態度でありました。
 ところが、
 今回は、宮内庁が表に出て「苦言」を述べた。
 宮内庁長官の発言ですからね。
 つまり、皇室全体の問題となった
 
 マコムロ問題 = 秋篠宮家の「私事」
 筑附問題 = 皇室全体の問題

 悠仁さまは、将来の天皇ですから、それ自体は不思議なことではありません。
 しかし、その手段がデタラメすぎますね。
 ここは北朝鮮じゃない。中華人民共和国でもない。
 にもかかわらず
 宮内庁・皇室が全面に出て、報道圧力をかけた、と言う事実は重いです。
 24日に出されたコメントを27日にわざわざもう一度発する。
 それは圧力以外の何ものでもありません。
 
 そして、28日の皇嗣職大夫の発言。
 これはヒドイ。
 「こちらから発表も何もない段階でそういった記事がでてくることについては、やはり遺憾であると私は思う」
 
 秋篠宮家の体質がよく表れてます。
 つまり、発表されたことを報道しろ。
 発表されていないことを報道するなという暴言。
 報道の自由を否定しているのと同じですよ。
 中国共産党の報道官の発言かと思いましたよ。
 でも、この体質は、皇室全体の体質なのかもしれません。
 そう
 メッセージは明白です。

 この件を報道すると皇室を敵に回すことになるぞ

 ということですよ。
 恫喝によって、将来の天皇を守ろうという発想。
 民主主義国にあるまじき暴挙です。
 欧米なら大規模デモが起こるレベル。
 しかし、
 日本の皇室報道は死んでます。
 メディアも、その恫喝メッセージを読み取って
 突然、筑附関係の記事が消えました。
 皇室が本気で怒ってるのだと悟って、自主規制した。 
 あるいは、ビビッてしまって、沈黙した。
 日本のメディアにはジャーナリズム精神はありません。 
 情けない話です。
 メディアは恐れているのですよ、

 ある日、突然、広告収入がなくなるとか
 ある日、突然、取次販売を拒否されるとか
 ある日、突然、怖い人がやってくるとか
 
 誰に何をされるかわからない
 いろんなリスクを考えると、沈黙するしかない。
 そう考えて、報道するのを止めたのでしょう。
 ある日、
 突然、メディアAが沈黙。
 突然、メディアBが沈黙。
 突然、メディアCが沈黙。
 ・・・
 そして、
 報道するメディアがなくなった。
 恐ろしいですね。
 自由な報道が許されない国。
 このまま、メディアの沈黙が続くのでしょうか。

共産主義国のような言論統制を目指すのか

 今回の報道の自由へ攻撃3連発。
 当ブログでは、何度も「危険な状況」ということを伝えてきましたが、最悪の方向へ向かいつつありますね。
 今回、秋篠宮家だけでなく、宮内庁が皇室を代理して「苦言」を述べました。
 これは重いです。
 今上陛下は、どのようにお考えなのでしょうか。
 もう、秋篠宮家だけの問題ではなくなってます。
 このまま報道の自由を攻撃し言論統制の方向へ向かうなら、
 それは、皇室全体が情報公開や国民への説明といった民主主義国の皇室を目指すのではなく、閉鎖的な特権階級を目指しているように見えます。
 陛下は、それでよろしいのでしょうか。
 民主主義国を否定する皇室に意味があるのですか?
 ご再考いただきたいと存じます。
 もう、傍観者では済まない状況になってきてると思われますが・・・

 そして
 どうやら、秋篠宮家はこのまま筑附入学を強行するようです。
 大炎上しますが、それは言論弾圧で抑え込むということでしょう。
 だから、ここ1か月くらい何度もクドクドと申し上げてます。
 危険な状況になりました
 とね。
 将来の天皇を守るのに

 A)情報公開し国民へ説明する民主主義国の皇室
 B)秘密主義で言論統制する共産主義国型の皇室

 この、どちらを目指すかが問われてました。
 やはり、こういうことですよね。
 危険な状況というのは、将来の天皇を守るために、言論弾圧へ向かう恐れがあるということでした。
 報道の自由を攻撃し、報道させないようにして、やりたい放題やる。
 予想通りではありますが、ハイそうですね、とはいかない。
 共産主義国のような言論統制には反対するしかありません。
 これは
 徹底抗戦するしかありません。
 

共産主義国のような言論統制に反対する!

 さて、この流れ
 天皇派VS秋篠宮派のバトルは、ほとんど意味がなくなってます。
 一般国民の秋篠宮家不信は増え続けると思います。
 だから、秋篠宮家が大炎上により人気回復が困難なのは事実ですが、だからといって天皇派バンザイとはなりません。
 だって
 皇室が治外法権として特権階級になってしまうのなら、どちらが勝とうが負けようが、意味ありませんからね。
 莫大な税金を使って特権階級を養うなんてナンセンスですから。
 大切なのは、天皇派VS秋篠宮派ではなく、民主主義VS特権階級です。
 この状況で、秋篠宮家がこのまま特権階級化を進めるのかどうか。
 この状況で、天皇陛下がお誕生日会見で何を述べられるのか。
 2月は注目ですね。
 
 
 ということで
 2月は、忙しくなってしまうかもしれませんね。
 筑附発表・司法試験・天皇誕生日
 今のうち、力を蓄えておきます。
 筑附決定、コネ就職もしくは帰国、佳子の乱。
 何があるかわかりませんが、
 戦闘再開って感じですよ。
 頑張るしかありません。

 今日もありがとうございました。
 またよろしくお願いいたします。

 


Subscribe
Notify of
guest

13 Comments
Oldest
Newest
Inline Feedbacks
View all comments
ブロッコリー
ブロッコリー
9 months ago

おはようございます。ブログ更新ありがとうございます。いよいよ2月ですね。マコムロ&ツクフ問題が動きだし大炎上必至、天皇誕生日、3月には愛子さまの会見も予定。嵐の前に弾圧、でしょうか‥。

vsの皆さんは、相手の特権&権力に厳しい批判をするくせに、なぜか肩を持つ皇族の特権は当然だと思っています。皇族はみな生まれながらに特権を持っている、と私は思います。そしてそれを自然に使っている。彼らとその盲目的支持者は、何が悪いのかなぜここまで国民に批判されるのか、全くわからないのではないかと思います。と言うより、「批判する国民の方がおかしい」とすら思っているのではないでしょうか。

私は民主主義支持、どちらかと言うと保守です。なので天皇制反対ではありません。でも、憲法に象徴とあるから、歴史と伝統だから、窮屈な生活をさせているから、等々の理由で敬うのが当然だ、ともう思えなくなりました。
普通に、ただ納得したいだけなのに。
例えば進学問題では特権と権力で特別枠を設けた、と思われてます。それに納得できる説明をする努力もせず、権力で批判を封じる。みな未成年を吊し上げたい訳ではない、それならそれでただ正当な理由が欲しいだけなのに。
あーあ、ただ「のほほん」と、自分の暮らしを続けたかったのに。なんでこんな事に〜と思います。あ、でも皇族もそう思ってそう(笑)

チャムス
チャムス
9 months ago

ラベンダーさん 皆さんこんにちわ
メディアからは【報道の自由】
国民からは【税金】【言論の自由】を奪っておいて、もう黙って見てろって事ですかね?
マコムロの4年間は散々叩かせ大炎上させておきながら、kk親子が腹立たしいばかりに、娘まで巻き添え食っても平気でしたよね。
もう国民より意識もプライドも低い【なんちゃって皇族】ですね。
ツクフ問題も、一般受験で合格したって事になるんじゃないですか?
久々にモアイの再試験の記事が上がってましたが、見出しの写真…ホント勘弁してくださいレベルでした(笑)
今後、モアイ再試験、愛子様会見、ツクフ、天皇誕生日、それに加えモアイ2世ご懐妊が近々なのでは?見たくも聞きたくもないです。
それとも慶事だけはリーク、大々的に発表ですか?
一時的な帰国だけでも莫大な税金が無駄になります。大嫌いな日本と国民の元に帰って来ないでってお願いなんですけど。
【P・S】なんちゃって皇族なぞ不要です。

月見ハンバーグ
月見ハンバーグ
9 months ago

こんにちは、もうすぐ暦の上では春になるので、早く暖かくなってほしいですね。
皇族は、国民なんぞに説明する必要なんてないって考えてるんでしょうね。
佳子さまも(結婚などのプライベートなことは)お話しするつもりはありません!(ツーン)って宣言してますもんね。
〇〇がとてもすきなので、〇〇について深く研究するには△△学校にどうしても行きたいから、わかってくださいとか説明できれば、日本国民は優しいから理解してくれますよ。
ただ姉と姉の夫がどうしょうもなく国民から嫌われたから、今の状態で説明しても多少は炎上しますよ。でも説明しないよりましなのに、ぜった〜いに説明したくない。
説明できないの?→息子くんの意思で行きたい学校じゃないから説明できないの?→親のエゴや見栄だよね。
学歴が必要な理由説明できるの?→息子くんの意思はどうなの?→誰が将来天皇になる人に学歴を要求したの?国民じゃないよね→親のエゴや見栄だよね。
皇族なのに価値観おかしいよね→炎上
私は受験生でも、受験生の家族でもないから冷めた目でまだ見れますが、受験生や受験生の家族はすごくイライラする存在だと思いますよ。
明らかにズルして入ったとわかる人と私は近づきたくもないし、友達にもなりたくありません。
悠仁さまが何故そういう負の全てを引き受けないといけないのか。
マコがタンカ切ったのに逃げ、佳子さまがケンカを売り、父親も逃げて説明をしないから、一家が守りたい悠仁さまに全部降りかかってくるのに、ヒドイ家族ですね。
でも悠仁さまもお母様が隠して隠して人目に触れさせないから、どんな人かわかりません。
そんなよくも知らない人物を国民が天皇として戴かないといけないことは、国民にとって不幸です。

RobotsWar!
RobotsWar!
9 months ago

ほんの一部の日本人に特別な利益をもたらすよう働く、また情報統制など平気でおこなう公務員、何か罰則とかないんですかね。A家に、職務ルールに反するのでその件は請け負えませんとか反論できないんでしょうか。ある人間を殺せと言われたら、殺すんでしょうかこの人たちは(笑)
さてさて、そうはいっても、国民の声が大きくなってやりたい放題が内面で前ほどうまく行かなっているということかもしれませんよね。相手方も参戦してきたということは、ある意味でいいサイン。ここで、筑府あたりも「いやー、ここまで国民に内情を知られて大ごとになってくると親御さんや現在いる生徒さんにも迷惑が掛かってきますし、、やっぱりわが校としては受け入れ難く」なんて、取り消しの方向へと進むといいんですが。頑張れ、筑府! それがh様を守ることにもなるんだよ。
A家とかかわるとみんなロクでもないことになっていくのがオチなので、A家の要求ははねるのが得策、そういう勇気をもってほしいです。

サリバン
サリバン
9 months ago

ラベンダーさん、皆さま今晩は。言論統制ですかね?日本のマスコミ自体が、無能なのではないでしょうか?報道しない自由も駆使しますし、何処ぞから黄金の菓子折りでも届けば、目をキラキラさせて這いつくばりそうですが……。秋篠宮家と宮内庁も大概ではありますが、個人的にはラベンダーさんのようにマスコミを信用しておりません。所詮金儲け集団ですし、そもそも記者に使命感なんてものあるんですかね?……と、意地悪く (笑)Kの不合格発表が待ち遠しいわたくしです。

D4C
D4C
9 months ago

きょうはファンタジー濃い目で失礼いたします(まあ、いつもなんですが笑)。
加地くんは24日にHくんの報道について「一般論として」「未成年なのに」「憶測に基づく報道いかがなものか」と言い、つづいて佳子の結婚報道について28日の会見で「憶測で書かれるのは遺憾」と発言したと報道されてますよね。朝日新聞の記事によりますと、https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.asahi.com/amp/articles/ASQ1X5J9FQ1XUTIL05C.html%3Fusqp%3Dmq331AQIKAGwASCAAgM%253D
28日に記者がわざわざ「佳子さまの結婚についても臆測に基づくような報道が続くがどう思うか」と質問してるんですよね。それに応えて「遺憾だ」と発言したと。あれこれ書かれてますが受け止めは?と感想きいただけと、とれなくもないですが、いやしくも報道機関に対して「遺憾」とまで大それた圧力かけてますからね。この「待ってました」みたいな答え方からしてこれ事前にA宮家から「言え」っていわれてませんかね?なぜ記者が「パス」出してるんでしょうか。加地くんナイスパァスッからのごっつぁんゴール。事前に打ち合わせがあったんじゃ・・・?
この定例会見は、宮内記者会向けだと思うので、テレビと大手新聞しか参加してないはず。その場で、おそらく朝日新聞の記者が(この記者の質問を、かぎかっこ付きで引用してるのは朝日新聞だけなので、おそらく自社の記者でしょう)、いくら週刊紙記者がそこにいないといっても「憶測に基づく報道はいかがなものか」と週刊紙をこき下ろすような質問しますかね同業者として。それに加地が「まったくそのとおりだ!遺憾だ!」と応じる。台本があったと思うのは深読みしすぎですかね(笑)。
そして「発表もしてないに」って発言に滲み出る古い体質。基本「発表」しか報じないのが宮内記者会なので「国民は宮内記者会報道だけ聞いとけ」といわんばかり。宮内記者会は宮内庁(A宮家)公認のお仲間、週刊紙やネットは「雑音」。いまだにそう思ってるんですね。笑ってしまいます。うーんファンタジーすぎましたかね(笑)。

D4C
D4C
9 months ago
Reply to  D4C

ちょっとわかりにくい書き方だったのですみません、整理すると・・・

∇「遺憾だ」という言論統制パワーワードを、いち官僚の判断で出すのは不自然。
なのでA宮家や関係各方面と事前に”すり合わせ”があったはず。
∇しかし事前にすり合わせたとバレると、A宮家が「言論統制」の批判を受ける。
∇そこで「記者からの質問に、聞かれたから答えた」ていにして、事前打ち合わせは無かったと装う。
←”手先”の宮内記者に協力させる。
∇さらに「私は思う」と付け加え、A宮家の意向ではなく加地の私見ということにして、A宮家が批判されないよう仕向ける。
←西村長官の「拝察」と同じ常套手段。

周到に計算された計画ですね。
・・・と、書いてておもったのですが、発言ひとつをここまで緻密に練り上げ、周到に根回しする対応力があるなら、いまごろこんな大炎上にはなってないですよね、
ないない(爆笑)。
A宮家が愚痴ってることを、
なにも考えずにゆっちゃってまた炎上ってとこですね(笑)ファンタジー濃すぎでした(笑)。

ふくろう
ふくろう
9 months ago

ラベンダーさん
皆さん
こんにちは

ご存じかもですが月刊テーミス2月号
圭職員がチームマコムロにベンチャー企業を作って社長にしてくれとか
ウィスコンシン州の田舎には住みたくないのでリモートで入学できないかとか
頼んでるらしいです。
あとマコさんは家事などはメイドさんまかせなどの記事が掲載されていると篠原さんの動画で言ってました。

もうめちゃくちゃですね。
政府関係者からの情報らしいです。
政府もわざと大炎上させてオータム一家全員焼きつくすという狙いなのではと思ってしまいます。
どうなるのでしょうか?

目次