MENU

チャールズ戴冠式の裏を読む(続き)

こんにちは、ラベンダーです。

さて、戴冠式が始まるので、さっさと終わらせます。

前回の続きを簡単に書きます。

目次

ヤフコメを見てみた

そもそも、秋篠宮家が出席することに、怒り狂ってる人たち。

嫌味でなくマジメな話、
何をそんな怒ってるのか、意味わかりません???

チャールズ&カミラのようなバカップル(注・カミラゲート事件参照w)の戴冠式など、行かせればいいだけの話。

日本国の天皇が、あんなバカップルを祝いにノコノコ出かけなくて、正解。

私は、天皇家も秋篠宮家も支持してませんが、もし、天皇家支持派だったら、
似た者同士、仲良くすればいいじゃん(笑)
と大笑いするところ。

嘲笑することはあっても、怒るような話じゃないでしょう。

何をそんな怒ってるのか、意味わかりません???

そこで、ヤフコメをいろいろ見てみました。
あちこち、調べてみましたが、
ううむ・・・

何をそんな怒ってるのか、意味わかりません(笑)。

たとえば、こんなコメントがありました。

これを機になぜ日本では天皇皇后両陛下のお子様である愛子さまに皇位継承権がないのか 今の時代に伝統という名の下皇位継承を男子に限る事が許されるのか 議論する機運になれば良いですね。(ヤフコメより)

愛子さまとか、今回の話と何の関係もありませんよ。
皇位継承権も、戴冠式と関係ありません。
さては、
宗教運動ですか?

結局、
秋篠宮家への憎悪感情が抑えられないから、正気でなくなってるってことでしょう。
内容に関係なく、ヤクザのような因縁をつけ続ける。
無茶苦茶な人、多すぎますよ。
そもそも、
事実関係が、ウソばっかり
ですしね。
宗教の人は、自分が信じたい情報は、作り話でも真実になるそうでから(笑)
おかしな人が多いです。

まあ、そういうヤフコメを見ながら
一般人向けの正しい情報提供をしてみたいと思います。

ヤフコメ批判にこたえる

当然ですが、バカップル戴冠式への出席を利益と考えてないので、
秋篠宮家が行こうと誰が行こうと、どうでもいい話だと思ってます。
ラッコでも派遣しとけば十分(笑)

だから、そもそも

戴冠式への出席が名誉なこと

と考えてることが間違いだと思ってます。
秋篠宮家を批判するのは自由ですが、この件については、的外れとしかいようがないですね。

では、「批判」を見てましょうか
宗教信者とか運動家が多いですが、
できるだけ、一般人らしき人のコメントを見てみたいと思います。

日本だけが慣習を守るって本当に変なの。チャールズ国王は親友の天皇陛下にきてほしかったようだし、ほとんどのヨーロッパの国は慣習に従わず、国王が列席されるのに日本だけが、格下を出席させるってあり得ないほど失礼な選択をしたものです。(ヤフコメより)

慣習というのは、イギリス王室側が慣習を勝手に破って、各国の王を呼ぶことにしたのであって、欧州各国の王室慣習は関係ありません。

日本が慣習を守ったというのも、ほぼ作り話。
過去の事実を検討した場合。
今まで、イギリス王室の慣習にしたがって、皇太子を出席させてたにすぎない。
イギリス王室と日本皇室の力関係からして、日本皇室が自分たちの慣例を主張して、物事を決められるなんてありえないです。

日本は敗戦国でイギリスは戦勝国。
日本がイギリス王室の慣習を重視するのは、止む得ないでしょう。
現に、日本の皇室慣習に反してエリザベス女王の葬儀に天皇陛下が出席したじゃないですか。
日英間で慣習が異なる場合、イギリスの慣習に従って動いてきた。
良し悪しは別にして、それが事実ですよ。

今回は、チャールズが、国王でいいと言った以上、
日本側がそれを慣習で断るなんてことないですよ。
そんな気骨のある国じゃない。

だから、
今回の出席問題について、「慣習」はまったく関係ないです。
日本側はイギリスの王室の慣習に従ってきた。
そして、イギリス側が慣習を放棄してますからね。
もはや、守るべき慣習が存在しない。
自由です。

よって、
肯定・否定、どちらにせよ、「慣習」を持ち出すのは誤り。

今回、守るべき慣習が存在しない以上、
天皇陛下が出席することに何の問題もありません。
慣習関係ない。

この件の決定権は、日本国憲法の規定にあるとおり、内閣にありますからね。
皇室や宮内庁に決定権はありませんよ。
だから
政府・外務省の判断で、秋篠宮夫妻を代理にしたというだけの話。

政治・外交の問題

そういうことですよ。

慣習とか言ってるのは、秋篠宮家を派遣する口実にすぎない。
本当は、政治・外交の話。

そして、「親友の天皇陛下」って話。
アタマ痛いね・・・
そもそもチャールズがアレな男なので、チャールズの親友というのは恥
どこかで、「チャールズを兄と慕う陛下」と書いてましたが、そんな恥ずかしい作り話やめてもらいたい。
チャールズって、人間性に問題ある人なんですが、そんな人物を「兄と慕う」って???

  1. 人間性に
  2. 問題ある男を
  3. 兄と慕う

って・・・・

日本の天皇陛下を辱めるのはやめてもらいたいですよ。
そういう作り話してまで天皇陛下をイギリスへ行かせようとする人たちの狂気は、うすら寒いものを感じます。
もちろん、陛下とチャールズが親友だとする「イギリス王室関係の記事」は見たことないです。
本当に、そういう事実があるというなら、
日本の御用メディアの上げ記事ではなく、イギリスメディアの記事ソースを示してほしいですね。

これについては、次のコメントで、引き続き説明します。

56ヶ国あるイギリス連邦の指導者とチャールズ

チャールズの「友人」

チャールズ国王ご自身が既にお若くはなく、今回は既に王位にある友人を招く方針を表明していて、他国もそれに応じていますよね。
留学中から英王室に深いご縁を結んだ陛下が参列するのに何の問題があるというのか。
(ヤフコメより)

チャールズの友人って(笑)

ヨーロッパの王室は、全部、どこかで血がつながってる親戚なので、言うまでもなく、すべて「友人」です(笑)。

チャールズが「友人を呼びたい」という趣旨の話をしたのは事実のようですが、日本のことではないですね。

 「何世紀にもわたって、神聖な式典は、神の前で君主とその国民との間の親密な交流を意図しているため、英国君主の戴冠式には他の戴冠した王族が出席してはならないという慣習が定められていました
とメール・オン・サンデーは説明しました 
  「しかし、式典を最新のものにするという彼の計画の一環として、チャールズ国王は、ヨーロッパの王族やアラブ諸国の支配者を含む、戴冠した友人を招待することにより、900 年の伝統から移行することを決定しました。」
(2023.5.1 イギリス・タトラー誌より)
(太字、下線等はラベンダーによる、翻訳はグーグル翻訳)

本当に、日本の天皇陛下がチャールズの親友なら、ここで「日本の天皇」も例示されるはず。
でも、日本の話は出てこない。
「友人」として、例示されたのは

アラブ諸国の王様

日本の天皇より、アラブの王族連中のほうが「友人」。
それが現実ですよ。

というか、
イギリス王室をウォッチする立場からすれば、

チャールズは、日本よりもアラブ王族と親しい。

というのは、前から常識です。

アラブの王様は、チャールズの慈善団体に多額の寄付をしていて、使途不明金であるとか、現金授受であるとか、いろんな金銭疑惑が追及されてきました。


ズブズブですよ、チャールズとアラブ。

例をあげておきます

カタールの元首相から4億円の「現金」をもらったチャールズ

 チャールズ皇太子がカタールの元首相ハマド・ビン・ジャシム・ビン・ジャブル・サーニから300万ユーロ(約4.2億円)を現金で受け取っていたことが発覚した。

 新聞「サンデータイムズ」によると皇太子の慈善財団への寄付金だったという。授受は2011年から2015年の間に3回に渡り、2人で対面する機会を使って行われた。

 皇太子のオフィスで私的に行われた会合で渡されたこともある。紙幣はスーツケースや旅行カバン、英国王室御用達の紅茶で有名な老舗百貨店「フォートナム・アンド・メイソン」の買い物袋に入れられていた。

(以下略)

2022.6.29 ELLE

(太字、下線等はラベンダーによる)

キャッシュレスの時代に、億単位の現金を授受することじたい、怪しすぎますよ。
まともな寄付金なら、直接、財団の銀行口座へ振り込めばいいだけの話。

なんで、
4億円の現金を手渡し
する必要があるのでしょうか?
現金の手渡しですよ。
怪しすぎますよね。

ビンラディン一族から100万ポンド受け取ったチャールズ

 イギリス王室のチャールズ皇太子が2013年に、サウジアラビアの富豪ビンラディン一族から100万ポンド(約1億6000万円)を受け取っていたと、英日曜紙サンデー・タイムズが7月30日に報じた。
(中略)

さらにこれとは別に、チャールズ皇太子がかかわる慈善団体の寄付をめぐっては、寄付をしたサウジアラビア人にイギリス市民権と勲位が与えられたという疑惑が浮上しており、資金の流れが注目されている。

 ロンドン警視庁は今年2月、爵位や勲位の売買を禁止する1925年の法律に沿って、皇太子の慈善基金に関する疑いを捜査する方針を示している。慈善基金はこの捜査に全面協力しているとされる。
(以下略)

2022.8.1 BBC
(太字、下線等はラベンダーによる)

ビンラディン一族から100万ポンド。
ロンドン警視庁の捜査対象って・・・(継続中)
皇太子時代、チャールズは、中東訪問に力を入れてましたが、
カネをどんどん「寄付」してくれるので、喜んで出かけていたのでしょう。

チャールズは、アラブが大好き

そう、
チャールズが「友人」といってたのは、アラブの王族連中のことですよ。
日本のことじゃない。

アラブの「友人」を戴冠式に出席させたかった。
そういうことですよ。

それを誰かが都合よく、
日本の天皇を「友人」として招待したいという話にすり替えたのでしょう。
いわゆる
捏造ってやつですね。

ちなみに、
疑惑の対象であるサウジアラビア。
さすがに、目立つのはよくないと考えたのでしょう。
今回の戴冠式には、サルマン国王ではなく、国務大臣を代理出席させるようです。
これも、
戴冠式を無事終わらせるためにリスクは避ける

ということだと思われます。

アラブの伝統装束を着てサウジの剣舞「アルダ」に参加するチャールズ皇太子(当時)

なんでもかんでも因縁をつけるのはヤクザ

戴冠式の席次どこかで確認しましたが、見事なくらい末席中の末席でしたね(一番うしろの王妃側、新王から最も遠い)。
ここぞというところで国民の期待を裏切らない代理夫妻、流石だなと思いました(笑)。(ヤフコメより)

葬儀のときの両陛下の席次もたいしたことはなかったですよ。
それは意図的にスルーですか?
というか、
一般論として、
日本の天皇・皇族の席次が良くなる可能性は、もともとないです。
理由は、常識ある人ならわかると思います。

  • 歴史の問題(王室は、軍や保守派と関係が深い)
  • すべてのヨーロッパの皇室とは血縁関係で親戚
  • チャールズはアラブ王室重視

もちろんですが、秋篠宮家の日本国内の問題は何の関係もありません。
というか、誰も興味ないから、しらないでしょう。
陛下が出席しても、アラブの王様と同等か、それ以下だったと思います。

逆に、日本国の名誉からすれば、
陛下がノコノコ出かけて、さえない席へ案内されることを考えれば、
秋篠宮家にやらせるのが、ちょうどいいんじゃないですか。

くだらないことは、秋篠宮家にさせておけば十分。

いいですか
バカップルの戴冠式ですよ。

席次を良くしたいなら、
日本皇室も、チャールズに現金渡したらいい(笑)
手渡しが効くと思いますよ(笑)

しょせん
バカップルの戴冠式
席次がどうこう、ムキになるような話じゃありません。

あと、
チャールズがポケットに手を入れながら秋篠宮家夫妻と話をしたから、塩対応だという難癖を見かけましたが、アホですね。
チャールズがポケットに手を入れながら話をするのはクセ。
よくあること。
そういう写真、数えきれないほど見たよ。
別に塩対応でも何でもないよ。
普段のチャールズ。

確か、雅子妃(当時)と会ったときも、ポケットに手入れてたんじゃなかったかな。

だから
難癖つける前に、ネットで調べようよ。

何も勉強しないで、何も調べないで、見当はずれな因縁つけるのはヤクザですよ。

そういうヤカラ、最近、多いですね。

チャールズがポケットに手を入れて話すのは良くあること

 

各国の皇族が来ているのに、日本人12名と会う必要ないやん。日本人と懇談したいなら赤坂に引きこもっていればいいだけ。各国の皇族と親睦を図るのが一番大切なこと。二億円以上の金をかけわざわざ行くことなかった。(ヤフコメより)

それを言うなら、
イギリス王室主催のレセプションを欠席した雅子皇后は?
って話になりますよね。
「各国の皇族と親睦を図るのが一番大切なこと」
って、
巨大ブーメランじゃないですか(笑)

あと、費用について難癖つける人もいますが、
今回は、誰が行っても、費用に大差ありません。

誰が行っても、個人で訪問してるわけでなく国家元首の代理ですから、政府専用機を使わないわけにはいかない。
宿泊費等は、相手方負担ですし、警備もある程度は相手負担。
むしろ、陛下が行くほうが、日本から連れていくスタッフが多くなるので、費用が多くなるでしょう。

秋篠宮家が、金銭問題が多くてダークな宮家であるのは、承知しておりますが、
今回については、汚いことをやりようはありません。

なんでもかんでも因縁つけるのは、ヤクザですよ。

そういうヤカラ、最近、多いですね。

秋篠宮夫妻チャールズ英国王主催のレセプションに出席

秋篠宮ご夫妻は5日午後(日本時間6日未明)、バッキンガム宮殿でチャールズ英国王主催のレセプションに出席された。側近によると、ご夫妻は国王に直接、お祝いの気持ちを伝え、天皇、皇后両陛下からの祝意も伝えた。

秋篠宮さまは黒のスーツ、紀子さまは水色のドレス姿で出席し、国王のほか、ウィリアム皇太子夫妻らにあいさつした。宮殿内の部屋では、オランダやベルギー、タイなど国王の戴冠式に参列する約20カ国の王族と言葉を交わした。秋篠宮さまは「非常に熱気にあふれていた」と振り返っていたという。

国王の戴冠式は6日午前にウェストミンスター寺院で執り行われ、ご夫妻で参列する。

23023.5.6 共同通信

秋篠宮家が許せないなら真っ当な批判を

ということで

秋篠宮家については、金銭問題・皇室私的利用問題がありますので、
今後もマコムロ問題に関連して、追及していくことになりますが、
今回のようなくだらない戴冠式で、粘着して非難し続けるのはまともじゃない。

戴冠式の件など、バカな連中と思って、上から目線で眺めておけばいいだけのことです。

真剣に怒るような話。ぜんぜんありません。

運動家や宗教家が、秋篠宮家への憎悪を煽っているだけ

そんなものに乗せられて、ヤクザ抗争に参加しても、人生の無駄。

秋篠宮家を本気で追及するなら、豪邸問題、マコムロへの税金投入問題など、
日本国国費を横領するような許しがたい行為を追求すべきです。

くだらない話にエネルギーを投入すればするほど、
肝心の豪邸問題やマコムロ問題が消えてしまいます。

皆さんは、秋篠宮家絶滅運動家になりたいのですか?
秋篠宮家絶滅教の信者になりたいのですか?

違いますよね。

本当に、秋篠宮家がけしからんと思うのであれば、理性をもって、事実関係をきちんと調べた上で、真っ当な批判をすべきだと思います。

真っ当な批判を浴びせることが、汚い連中を困らせる。

そういう当たり前の話が機能しなくて、粘着ストーカーだらけになってしまうと、結局は、汚い連中に利することになると思いますよ。

冷静に、真っ当な批判をすべきです。

何で、それがわからないのだろう。

一般人へ秋篠宮家問題を訴えるなら、
戴冠式のような他国のどうでもいい話に粘着しないで、日本国の税金が無駄遣いされている話に集中すべきです。

でも、
宗教だか政治運動だか知りませんが、おかしな人が多すぎる。

何でもかんでもヤクザのように因縁つける状況。

このままずっと、この状況が続くのでしょうね。
終わってますよ。

クイーンカミラと書かれた戴冠式の招待状

ということで

結論としては、

チャールズの戴冠式など、どうでもいい話。

チャールズと親しいのが自慢とか、戴冠式に出席するのが名誉とか、
そういう小学生レベルのミーハー根性では、アホとしか言いようがありません。

チャールズは、スキャンダルと不人気で、王室存続させるのが精一杯の国王。
そして、たぶんカミラが、今後は「クイーン」として、やりたい放題するでしょうから。
どんどん王室人気は下がる一方ですよ。

なんといっても、人間性に問題ありますからね。
そのエピソードは、調べれば普通に出てきます。
そして、極悪女カミラの言いなり。

終わってますよ。

ウィリアム皇太子夫妻がいるので、王室廃止にはならないと思いますが、
チャールズと仲良くしても、日本の国益にはならないですよ。
そう

バカと仲良くしたいのは、バカ

カネに汚い男と仲良くしたいのは、カネに汚い男

そういうことですよ。
チャールズ・カミラなど、放っておいて十分。

何をそんなに怒り狂っているのか、意味わかりませんよ。

天皇家支持者が、本当に天皇陛下を大切に思うなら、
チャールズのようなバカな男とは距離を置くことですね。
「親友」とか「兄と慕う」とか
愚かな作り話してると、陛下がそういう人間だと疑われます。

チャールズの友人は、アラブの王族連中ですからね。
そんなドス黒い連中は、相手にしないのが一番ですよ。

ということで

チャールズ・カミラの戴冠式。

GWのイベントの一種として見学しましょう。

ではまた

<5月13日追記>

追加資料をブログに書きました。

ご参照くださいませ。


Subscribe
Notify of
guest

19 Comments
Oldest
Newest
Inline Feedbacks
View all comments
ローズ
ローズ
11 months ago

ラベンダーさん こんにちは。
記事の続き、早速読ませていただきました。
大変勉強になりました。

恥ずかしながら、私も天皇陛下とチャールズ国王が親友という話を「そうなんだー」と信じていました。ラベンダーさんの記事のおかげで目が覚めました。嘘を広めないでいただきたいですね。

ツイッターでは「秋篠宮夫妻戴冠式参列反対」とか「秋篠宮家不要」とかがトレンド入りしていましたけど、これを見てもほとんどの人は「?」ってなっているはず。それでも、「秋篠宮家のネガティブイメージが一般人に浸透していく効果はある!」と絶滅派の人たちは喜んでいるのでしょうか。やっぱり怖いですね。

イギリスはウィリアム皇太子が即位したら王室人気は回復するのでしょうか。まだ先の話ですが、見ていきたいなと思います。
続けてのブログ更新、ありがとうございました。また楽しみにしていますね。

ブロッコリー
ブロッコリー
11 months ago

今晩は。カミラゲート、なんとなく知ってた話ですが、そんな名前が付いてたんですね(汗)カミラの最初の夫もその世代ではモテ男だったとの事で、カミラがなんでそんなにモテるん??という疑問は残りました…。
ただのおばちゃんキャラではなく、クイーンになるべく周到に準備してたんね〜。
ダイアナさんは純粋すぎたのかな〜。
カミラがクイーーーーン(笑)としてなにしてくれちゃうんでしょう。日本も他人事ではないですが、生暖かくウォッチですね。

ふくろう
ふくろう
11 months ago

ラベンダーさん 
今日は
全く違う視点でいつも驚かされます。イギリス王室の事は全くわかりませんでした。

ただ、秋篠宮夫婦アレルギーが強くなっていて、最近、冷静さを失っていました。
皇室にしても、王室にしても、よほどの人格者でないと自堕落な人間になってしまうのですよね。何もしなくても周りからチヤホヤされて生活が保障されていたら人間おかしくなってしまうのでしょうか。
皇室っていらないような気がしている今日この頃です。

記事とは関係ないのですが、マコムロ問題の破壊力は相当なものです。
マコさんが結婚会見の時にジャガーさんに対する借金問題の対応は「私がお願いしました。」の発言が頭から離れません。マコさんは私が言ったといえば、国民は納得すると信じて疑わなかったのでしょうね。まるで水戸黄門の印籠みたいに。
このまま秋篠宮王朝になってしまうと暴君天皇の道まっしぐらのような不安感がいっぱいです。
イギリスで王室廃止の運動をしている人の気持ちが、わかる気がしています。

オクラ
オクラ
11 months ago

ラベンダー様
連続のブログ更新、ありがとうございます。お疲れさまでした。

イギリス王室のことはよく知らず、カミラゲート事件も、昨日ネットで調べて初めて知りました。いやはや何とも…すごいですね(汗)。
戴冠式の前にラベンダー様のブログを読むことができて本当に良かったです。今までと違う視点で見ることができます。
いや、ホント、ラッコでも派遣すれば十分です(笑)。
またよろしくお願いいたします。

つぶきち
つぶきち
11 months ago

お疲れ様です。

最新記事面白く拝読致しました。
そういえばあったなー。例の事件、あれでチャールズ嫌になったしカミラもクソだと思った(笑)事。

戴冠式の模様ちらっとTVで見ましたが、反対デモやってましたね。
これから、どうやって舵とっていくんだろう?家族間の諍いもまだまだ色々ありますよね・・・

今回のA宮殿下派遣反対騒動、ゴリゴリの天皇派の方々無我夢中でしたねえ・・・

あと、TVでのA宮殿下留学時代のご優秀伝説アピールは「???」と思いましたけど。
バカ負債とA宮夫妻は再会するとか記事が出てましたけどホントなんですかー
新潮で定期的にバカ負債の写真を見る度、この問題は絶対に置き去りにしてはいけないと、いつも思います。

イギリスも気にはなりますけど、日本の皇室大丈夫かー(政治も)と言いたくなります。
将来,JKG氏がいなくなったらどうなるんだろうとかー取り越し苦労かもしれないですけど。

ブログ色々なテーマでの記事、テーマごとのツイッターの使い分け有難う御座います。

すずらん
すずらん
11 months ago

ラベンダー様
連続の発信ありがとうございます。
自国の皇室にも疎いのにイギリス王室の背景なんて一般の人達には理解も及びません。
歴史的な成り立ちは違えど、長く続く組織は腐敗しやすいので個々の努力は勿論、組織全体で正しく維持していく仕組み作りが必要なんでしょう。政治も同様ですね。
そんな本質でなく抗争に明け暮れているのはラベンダー様が仰る通り時間の無駄ですね。
それにしてもカミラさんって強かな方なんですね〜驚きました。
これからも気づきを頂けるブログ楽しみにしています。宜しくお願いします。

白玉ぜんざい
白玉ぜんざい
11 months ago

バカと仲良くしたいのはバカ。類は友を呼ぶ、ということですね。この年齢での即位を機にさらに権力拡大を達成した配偶者。これもいわば類友の関係で今回の訪英を捉える、ということでしょうか。安穏と眺められる事態ではありませんね。

昔は良かったちゃん
昔は良かったちゃん
11 months ago

ラベンダー様
英国王戴冠式についての解説、ありがとうございます。
じっくり味読させていただきました。

今回の秋篠宮夫婦の戴冠式参列をめぐる、アキシン、アンチ秋篠の合戦を黙って観察してきましたが、両サイドともにチャールズとカミラがダイアナ妃にしてきた仕打ち、二人の人間性面での問題に対して全く無関心でいる(あるいは敢えて言及していない?)ことにモヤモヤしたものを感じていました。
そのためラベンダー様の論説に「そうだそうだ!」と思いつつ拝読しました。

もし日本国天皇皇后が戴冠式に出席した場合、Home wreckerであるカミラが王妃になることを積極的に是認したことになります。
かつてなかなか親王に恵まれなかったため側室を置くことを側近から勧められた昭和天皇は「それは人倫にもとる」と拒否されましたが、その令孫にあたりしかもダイアナ妃と面識があった今上陛下がカミラに対して肯定的感情を持っておられるとは考えにくいように思われます。
皇室の慣例に沿って秋篠宮を差遣するという選択をされた陛下は、英国王室よりも格が高いとされている天皇家[外廷皇族である秋篠宮家は“天皇家”に含まれません]の品位を守ることがおできになったと(結果論ではありますが)安堵とともに感じました。

ラベンダー様がご指摘されているように日本には問題が山積み状態です。
でも、今回のように右往左往しつつも結果的に一番良い形に落ち着いていくような気がしました。。。。そうなって欲しいと改めて思っています。

でもそれまでの間、我々は節度と常識を保ちつつ言うべきことを言っていく必要がありますね。

そういう意味でもラベンダー様の存在は日本にとって大変貴重です。
これからも大変でしょうが、どうぞくれぐれもお体ご自愛ください。

RobotsWar!
RobotsWar!
11 months ago

お久しぶりです! ラベンダーさんの筆が昔に変わらず健在で頼もしい限りです。

なんていうか、英国王室を否定するように表現すると現天皇皇后も否定することになるようで、反秋篠宮側は英国王室を自然に持ち上げるようになってしまうのでしょうか。

反秋篠宮の方々が、英国王室に今回絶対的尊敬の念を示しているのが、、、異様です。

英国は移民が多いので、英国王室には、無関心といいますか、むしろ不快な思いを抱く人もいるかと思います。特に元植民地だった国からの人々にとっては、自国の富を搾取して今の立場を築いている盗人と考えも少なくない。このご老人カップルはさっさと退陣しろと思っている方々も少なくないのでは。なんか、ずるいですよね、結局先はそんなに長くないだろうから、大きな努力なくして大人しくしていればチャールズ、カミラの時代は終わることができる。彼らは自分の欲するものを得るだけ得て。煩悩の塊丸出しカップルが、国王、王妃ですか、笑。

最高にずるいと思うんですが。

話は違うんですが、今のご時世に王室だのそういう制度がそぐわないとしても、元ダイアナ妃はキラキラしていたなあ、別格だったなあ、美しい人だったなあと、懐かしく思います。

RobotsWar!
RobotsWar!
11 months ago

余談なんですけど、英国のメディアに対するコメント欄(どの新聞か忘れてしまった)で、今でも元ダイアナ妃が我々のクィーンだ、というコメントが多くみられました。また、そこに「しかも、ダイアナには王冠なんていらない。王冠なんかなくても我々の女王だから」って。

ここまで国民に言わせると、なにがなんでも王冠をのせたいこの煩悩カップルと格が違いますよね。

目次