MENU

秋篠宮邸問題の研究(基礎知識編)

ラベンダー

こんにちは、ラベンダーです。

秋篠宮邸問題についてやります。

佳子内親王の「別居」の件は、いったん置いといて、
まずは、建築という意味で、今回の秋篠宮邸プロジェクトの疑問点を指摘したいと思います。

この件について、自称「批判」をされている方々のユーチューブやブログなどを調べてみましたが、

雑誌記事を引用して悪口言うだけ

の人ばかりですね。

良し悪し以前に、面白くないですよ。

ニーズがあるから、そういうユーチューバーが流行る。
でも、そんなに毎日、毎日、秋篠宮家の悪口を聞き続けたいですか?
麻薬みたいなものでしょうか。
悪口依存症みたいな人がいるから、悪口ビジネスが成り立つ。
それはそうでしょうけど、内容がまったくないですよ。

だって
毎日、流れ作業のように動画作ろうと思ったら、真面目に研究してるヒマないでしょう。
もう、何も中身がなくて、論評や検証も何もなくて、ただ、悪口言ってるだけ。
そういう悪口動画がほとんどですよ。

いろいろ見てみましたが、一般人の人にとっては、時間の無駄だと思います。
毎日、秋篠宮家の悪口を言い続けるのが生きがい。
そういう人でないと、ユーチューブはおすすめできない。

まあ、なんというか、
なかなか、まともに論評する人に出会えません。
困ったものです。
どこかに、いないですか?

結局、時間かけてチェックしましたが、誰も参考にならないので自分で書くしかないという、いつもの結論になりました。

さえないなあ・・・

目次

秋篠宮邸周辺の基礎知識

まずは、位置を確認します。

秋篠宮邸は、赤坂御用地にあります。
国立競技場の近くです。

<赤坂御用地の略図>

これを航空写真で見ると

ピンクの部分が、秋篠宮邸などのある場所です。

ピンクの丸の部分を拡大してみます。

<赤坂東邸>
赤坂東邸は、本邸約672㎡、付属棟(職員用)約800㎡。
皇族が仮住まいなどに使う共用の邸宅であった。
今回の秋篠宮邸の改修に伴い、共用の邸宅をやめて秋篠宮邸との一体化が計画されていましたが、先日の会見でそれを断念することが発表されました。

<仮寓所>
秋篠宮夫妻が結婚した際、当時職員住宅だった建物を8000万円かけて改修の上「御仮寓所」として入居。その当時の写真が以下のとおりです。

もともとは住宅なので、かなり狭かったようですが、増築を重ねて秋篠宮一家の住居として使われてました。
この後、旧秩父宮邸に隣接する形で、2000年に鉄筋コンクリート造2階建の「付属邸」を新築し、秋篠宮家は引っ越したため、この建物は職員用として使われていたようです。

で、今回の秋篠宮邸改修プロジェクトでは、
この古い「御仮寓所」を取り壊し、新しい「御仮寓所」を新築した。
それが、こちら

御仮寓所 約9億8千万円
鉄筋コンクリート造3階建(新築)
延べ床面積 約1378平方メートル

そして、秋篠宮本邸ですが

工事前は
旧秩父宮邸を改装して(接遇部分)とし、付属邸を新築して(居宅部分)としてました。
(旧秩父宮邸)+(付属邸)が一体になって「秋篠宮邸」を構成していた。
旧秩父宮邸部分(860㎡以上)は1972年ごろに作られた建物で古いですが、
付属邸の新築(472㎡+α)は、2000年の建物なので、まったく新しいです。

で、それを自称「改修」して、新しい秋篠宮邸にした。
というのが、今回の工事です。

「秋篠宮本邸」については、建物全体の写真が公開されてません。
やましいことがあるからだと思います。
それは、次回(後半)でお話します
ただ、このテレ東の動画は、なかなか使えますので、ご参照ください。

秋篠宮邸 建物部分に約26億円、庭園工事など含めると約30億2千万円、
     赤坂東邸の改修まで含めると約34億6600万円
鉄筋コンクリート造3階建(改修?)
延べ床面積 約2970平方メートル。

天皇になる前から天皇を超えたかった

写真にあるとおり、「赤坂東邸」「御仮寓所」「秋篠宮邸」は、近い距離にありますので、この3つの建造物を秋篠宮家が一体として使うという予定だったらしいです。
当初は、「赤坂東邸」と「秋篠宮邸」を地下通路で結んで一体化する計画もあったそうです。

なんで、そこまでする必要があるのか?

今も、その疑問は残ってますが、ある程度の推測ができます。
それは後でやります。

今回は、細かい事情等は捨象して、大きく比較してみたいと思います。

ずばり、
天皇家 Vs 秋篠宮家 

天皇家のお住まいについては、情報が公開されてます。

皇居・新御所の床面積

(前略)

建物は鉄筋コンクリート造の地下1階、地上2階建てで、外国賓客らをもてなす接遇部分(630平方メートル)、ご一家の私室部分(970平方メートル)、側近らが業務を行う事務室部分(1480平方メートル)に分かれ、廊下などを含めた延べ面積は5290平方メートル。

 改修工事では、老朽化した給排水管や電気設備の取り換え、内装のリフォームなどが行われたが、部屋の配置などは建設当初のまま引き継がれた。工事費用は、約8億7000万円だった。

(以下、略)2021年7月15日 読売新聞オンライン (太字、下線等はラベンダーによる)

前にも言いましたが、一般論として、
単純に費用を比較して秋篠宮邸が「贅沢」だというのは、小学生論法です。
工事内容を精査しないと。
工事内容によっては、金額は少ないけど、内容不適切という場合も当然あり得るからです。

しかし、
この件については、明らかに、秋篠宮邸工事が疑問だらけです。

細かい検証は次回になりますが、
まずは、大きく数字を比較してみましょう。

<天皇家>
接遇部分(630平方メートル)、ご一家の私室部分(970平方メートル)、側近らが業務を行う事務室部分(1480平方メートル)

<秋篠宮家>
秋篠宮邸(約2970平方メートル) 御仮寓所(約1378平方メートル)
改装後合計 約4378平方メートル

改修前の数字、(旧秩父宮邸)+(付属邸)だと
接遇部分(860+α平方メートル)、ご一家の私室部分(470+α平方メートル)
になります。
この数字を生かして、事務所スペースを天皇家と同じ(1480平方メートル)
と仮定しますと、以下のようになります。

<皇居・新御所と秋篠宮邸+の比較(いずれも概算)>

皇居・新御所
秋篠宮邸+旧御仮寓所
  • 接遇部分 630㎡
  • 私室部分 970㎡
  • 事務室部分 1480㎡
  • 接遇部分 860㎡+α
  • 私室部分 470㎡+α
  • 事務室部分 1480㎡

  • 1500㎡程度、床面積が余る

仮に、旧御仮寓所(約1378平方メートル)を全部事務所に使っても、
1500㎡程度も床面積が余ってます。

ところで
秋篠宮派の人たちは、天皇家の私室部分(970㎡)と秋篠宮家の私室部分(470㎡+α)を比較して、「3人しかいないのに天皇家は贅沢だ」と批判してます。

ならば、
数字のお遊びですが、
私室部分を天皇家(皇居・新御所)と同じ床面積にしてみましょう。

<私室部分が同じ床面積だった場合(いずれも概算)

皇居・新御所
秋篠宮邸+旧御仮寓所
  • 接遇部分 630㎡
  • 私室部分 970㎡
  • 事務室部分 1480㎡
  • 接遇部分 860㎡
  • 私室部分 970㎡に変更
  • 事務室部分 1480㎡
  • それでも、まだ
    1000㎡程度床面積残ってる

接遇部分については、秋篠宮邸のほうが広く、その他はほぼ同じになりました。
でも、まだまだ、床面積が余りますね。
おかしいなあ~

1000㎡の床面積は、どこへ消えたのですか???

皇居・新御所と同じくらいのものを作ったとしても、1000㎡も床面積が余る

私室部分を天皇家よりも広くしたのか?
接遇部分を天皇家よりも豪華にしたのか?
事務所面積を広大にしたのか?
書庫の類を作ったしても、1000㎡は大きすぎですよ。
一般的な4LDK住宅が10戸分くらいですからね。
天皇家よりも、1000㎡以上も広い床面積、いったい何に使ったのですか?
宮内庁は、この情報公開を意図的にしないので、推測するしかいないですが、
書庫・倉庫などに500㎡くらい使ったと仮定して、
余った床面積は、だいたい比例配分してみましょう。

<皇居・新御所と秋篠宮邸宅+αの比較(いずれも概算)>

皇居・新御所
秋篠宮邸+旧御仮寓所
  • 接遇部分 630㎡
  • 私室部分 970㎡
  • 事務室部分 1480㎡
  • 接遇部分 1000㎡
  • 私室部分 1200㎡
  • 事務室部分 1600㎡
  • 書庫など 500㎡

適当に配分したので、これは数字のお遊びです。
本当の数字は違います(本当の数字は次回に)

とりあえず、2邸宅合計の概要。
全体として、不遜なくらい広いですね、秋篠宮邸。
佳子内親王が別居してるとか、ぜんぜん関係ありませんよ。

どこから、どう見ても、

天皇家越え

してますね。
それも微差じゃなく大差。

一応、秋篠宮殿下は、
法律上は皇太子待遇なので、皇太子と同等に扱ったとしても、

皇太子が、天皇よりはるかに大きな邸宅を新築するのですか???

納得できないなあ。

どうして、こんな大規模な建築物が必要なのですか?

秋篠宮家の皆さんは、
天皇家より、はるかに大きな建物を私邸にしたかった。

天皇になる前から、天皇を超えたかった。

って、ことでしょうか、秋篠宮殿下。

天皇をはるかに超える秋篠宮邸。

気分はすでに、秋篠宮王朝ってことですか。

しかもね。

床面積約4378平方メートルでは、まだ足りないとして、
赤坂東邸の一体化も要求してたわけです。

マコムロ問題がなければ、地下トンネル作ってたかもしれませんよ。

いったい、どれだけ床面積が必要なのか?

異常ですよ。異常。

異常に床面積を欲しがる秋篠宮家

秋篠宮殿下。
秋篠宮家は清貧とかいう話、あれは何だったのですか?

で、

節約って話がありましたが、何を節約したのですか?

余裕で天皇家越えの大建造物を作っておいて、今更、節約もヘチマもないでしょう。

どうして、こんな大規模な建築物が必要なのですか?

私の試算が間違っていたら、当然、訂正させていただきますので、
ぜひ

床面積の内訳の情報公開

をお願い致します。

秋篠宮殿下。
国民に寄り添うということは、国民の理解を得ること
国民の理解を得るためには、情報公開。
よろしくお願いいたしますね、秋篠宮殿下。

それで、今回明らかになったのは、
異常に床面積を欲しがる秋篠宮家
ということ

で、この先は、久しぶりに私のイリュージョンをお話します(笑)

帰ってきたラベンダーのイリュージュン見解

さて、本格的な批判は、次回(後編)ですので、
今日は軽く、ラベンダーのイリュージョン見解をお話します(笑)

異常に床面積を欲しがる秋篠宮家

もう一度、
写真見てください。

写真にあるとおり、「赤坂東邸」「御仮寓所」「秋篠宮邸」の3つの建造物を秋篠宮家が一体として使うという予定だった。
当初は、「赤坂東邸」と「秋篠宮邸」を地下通路で結んで一体化する計画もあった。

秋篠宮家は、この3つの建物を一体として使うことにこだわった。

異常に床面積を欲しがる秋篠宮家

そして、

(ア)この改修計画は、小室眞子の結婚前に計画されている
(イ)佳子内親王は、秋篠宮邸に同居せず、御仮寓所に住んでいる。
(ウ)すでに、床面積余ってるのに、「赤坂東邸」の併合にこだわった。

およよ???

何かイリュージョン見えてきませんか?

これですよ。

<ラベンダーのイリュージュン見解>

秋篠宮家だけなら、そんなに広大な床面積は必要ありません。
けど、
3つも宮家があるので
天皇家をはるかに超える、広大な床面積が必要だった。

そういうイリュージュンを私は思い浮かべました。

これなら、秋篠宮家が異常に床面積を欲しがるのも納得ですよ。

そして、「赤坂東邸」の一体化を断念したというのは、

マコ宮家の可能性がなくなったから

もう、必要なくなった。

というイリュージュンもあるかもしれませんね。

宮様と度々お会いするようになりましてから,ある日夜空に奇麗な月を見付け,そのとき思わず宮様にお電話をいたしました。その後も奇麗な月を見付けますと,うれしくなり宮様にお電話をおかけしています。(婚約内定記者会見 BY 小室圭)

この宮様というのは、「赤坂東邸」でなるはずだったマコ宮ってことかも。
事前に、新宮家の夫として、マコさんを宮様と呼ぶように練習してた。
そういうことかもしれませんよ。

でも、その可能性は潰えた。

が、しかし

カコ宮家の可能性は、まだあるから

予定どおり、「御仮寓所」をカコさん1人で占有することにした。

例の有識者会議で、女性・女系天皇は、検討しないことになりましたが、
内親王・女王の永久皇族化は、喫緊の課題として残ってます。

女性宮家という話は、まだ、生き返る可能性があるのです。

それに備えた、というのは十分ありうる。

<ラベンダーのイリュージュン見解>

異常に床面積を欲しがる秋篠宮家
その理由は、
秋篠宮家、マコ宮家、カコ宮家の3つの宮家が想定されていた

いかかですが、ラベンダーのイリュージュン見解

ただのイリュージュンで、特に根拠があるわけではないですが、ありそうな話なのが怖いですね。

3宮家と圭殿下。

恐ろしや・・・

ということで

時間がないので

基礎知識はこれくらいにします。

今日は、知識確認だけで、何も批判してないです。
数字は出しましたが、あくまでお遊びです。

本当の数字には、どす黒い陰謀が隠されてます。

それは次回にやります。
今回は、
皆様へご挨拶しただけ。概要の確認です。
本気を出すのは、これからですよ。

いろんな数字を確認しつつ、このあと本格的に反撃します。

ではまた

<続きはこちら ~ 第2回目の記事>

ラベンダー

またよろしくお願いいたします。

Subscribe
Notify of
guest

13 Comments
Oldest
Newest
Inline Feedbacks
View all comments
モコモコモカ
モコモコモカ
7 months ago

ラベンダー様

今回も詳しい検証をありがとうございます。
ラベンダーさんのイリュージョン見解、的を射ているのではないかと思いますね。
本当にありそうな話です。

本当か嘘かは分かりませんが、紀子妃の弟さんも一緒に住んでいるという噂も目にした事がありますし、
特権を享受したい関係者などが、他にも住んでいるのかもしれませんね。

防犯という観点もあるのでしょうが、ある程度の情報公開はして欲しいと思います。

暑い日が続きますが、どうぞ体調に気をつけてお過ごしください。後半も楽しみにしております。

ふくろう
ふくろう
7 months ago

こんにちは。
記事を読んでいる途中に、女性宮家のことを思い出しました。記事後半の「マコ、カコ宮邸の文字付画像」を見た時、ラベンダーさんと考えが一緒だったと喜んでしまいましたが、冷静に考えたら喜んでいる場合ではないですね。
数年前のマコムロ問題の発覚の頃は、宮家を取り巻く、政府、官僚、大手企業、マスコミがここまで腐っているとは思わなかったので、宮家がマコカコ邸を考えていても阻止されるだろうと甘くみていましたが、このまま腐った状態が続くと国民無視をしてマコカコ宮家、圭殿下が実現するのではと恐怖に感じるようになりました。
あの宮家の頭の中は、まだまだマコ宮家をあきらめてないような気もします。
考えすぎでしょうか。

オクラ
オクラ
7 months ago

ラベンダー様 こんばんは
たいへんわかりやすく丁寧な検証をありがとうございます。
また、遅くなりましたが、新サロン参加を承認頂きありがとうございました。
ちょっと忙しくて、ゆっくり訪問できなかったのですが、今日は、じっくり読ませて頂きました。

3邸の配置を知ったとき、こりゃ、3宮家鼎立作戦かも、と思いましたので、ラベンダー様のイリュージョンにはいたく共感いたします。恐ろしいですね…

ラベンダー様が本気をだす、と予告された後編、楽しみにしています。国民を騙して建築したカコ別邸の件も、ぜひぶった斬って下さい。読むと血圧上がりそうで怖いですが…(笑)
またよろしくお願いいたします。

ブロッコリー
ブロッコリー
7 months ago

おはようございます。そんな床面積だったとは!ビックリです。そして、帰ってきたラベンダーさんのイリュージョン見解。恐ろしいです。久しぶりにあの恐怖の会見を思い出しました。前編でこの驚きと恐怖!後編ではいったいどうなるのか…。やましいことってなんだろう。むしろ、やましいことしかなさしうな…。
佳子様は別居ですが、秋篠宮様と紀子様も家庭内別居で、各々独立してお住まいだったりして。秋篠宮邸内部は、実はマンションみたいな構造なってて、中に秋篠宮様、紀子様の各々の独立したお住まいがあり、公開してる部分は共用スペースとか。
後編、楽しみにしています!

ブロッコリー
ブロッコリー
7 months ago

お気遣いありがとうございます。私も家族も仕事が大変忙しく、4月末から週末に謎の微熱が出ています。自分の能力、体力以上に無理している感じです(汗)
ラベンダーさんのツイートにポチは出来ても、コメントは今回ようやくできました。それが、私には嬉しいです。
ラベンダーさんもどうぞお身体に気をつけてくださいね。

コーヒーフロート
コーヒーフロート
7 months ago

ラベンダーさま、記事アップありがとうございます。テレ東BIZの画像を見ました。旧秩父宮邸は、文化勲章受賞者の建築家、吉田五十八の設計だと初めて知りました。
BGMもなく、あくまで紹介という体を取りながら、なめるように調度品や建物の細部を映し、容赦なくグサグサ刺しているところが秀逸ですね。天皇御所についても同様の態度で、何か強い意志を感じました。

秋篠宮邸の改修増床工事は、どうみても過大要求ですよね。正直、現状の邸宅だけで充分ではないかと思います。三邸が欲しい具体的かつ合理的な理由を公表せずに、多額の公金を投入していて、明らかに説明不足だと思います。これは皇統移行を見据えてかなり前から計画されていたのではないでしょうか。佳子様の一人暮らし云々は家族と仲が悪いからとミスリードさせているだけで、秋篠宮殿下が即位するどさくさに紛れて娘を皇族にするための前ステップ、お得意の既成事実づくりのように思えてなりません。悠仁様がご成人したあとは、マコ宮邸にお移りになり、秋篠宮殿下が即位すれば、晴れて約200年ぶりの皇統移行で秋篠宮王朝成立。あの3邸は半永久的に秋篠宮一族の私邸になるのでしょうね。ラベンダーさんのイリュージョンは実現する確率高いので笑

後半も楽しみにしています。

昔は良かったちゃん
昔は良かったちゃん
7 months ago

ラベンダー様

こちらへの参加をご承認いただき、ありがとうございました。
私も「眞子邸、佳子邸、秋篠宮邸」構想だった可能性は高いと思います。
でも眞子は全力でその構想を拒絶したということですね。なりふり構わずに皇室から脱出した。。

ここで気になるのは悠仁親王の影の薄さです。秋篠宮家は悠仁親王を早く結婚させて子供を作らせたい気持ちは強いはずなのですが、悠仁親王邸として赤坂東邸を復活させる可能性はないのでしょうか?

色々ウソや不正が多い秋篠宮家ですが、秋篠宮がそのウソや不正をしているようには見えないのですが、いかがでしょうか?(失礼ながらそれを主体的に進められるだけの頭脳があるようには見えない。。。)。
主体的に進めているのは誰なのか???悠仁親王を天皇にすることしか頭にない紀子妃???
それとも秋篠宮の側近がウソや不正を重ねに重ねている?もしそうだとしたらその目的は???

まさか、悠仁親王の即位を確実にするための工作資金???
工作するまでもなく悠仁親王の即位は既定路線のはずですよね。。

本当に謎は深まりますね。

目次