MENU

愛子天皇ではなく秋篠宮家への憎悪(SB)

ラベンダー

こんにちは、ラベンダーです。

ショートブログ(SB)2回目は、愛子天皇の話。

根拠は山ほど書いてますので、後で参考記事いれておきます。

この「愛子天皇」問題。

結論はすごく簡単。

愛子天皇は不可能

だから、「愛子天皇」の話に首を突っ込んでも、人生無駄にするだけなので、やめとくべし。

ということです。

目次

愛子皇太子は不可能

根拠を知りたい方は、過去のブログ記事読んでください。

結論をハッキリ言っときますね。

どのような法改正をしても、「法の不遡及の原則」があるので、新しい法律によって、現在、存在する事実を変更することはできない。

なので、現在、存在する事実。

1位秋篠宮殿下、2位悠仁親王、3位常陸宮殿下

を変更することはできない。

だから、

どういう法改正をしようとも、
愛子内親王が皇位継承順位1位になることはないし、もちろん皇太子になることもできません。

話は簡単。

今の愛子天皇運動は、

  • 秋篠宮殿下は「暫定」の1位で
  • 皇太子は空位
  • 皇室典範1条を改正し女性天皇を認めると
  • 愛子さまが皇太子になるので
  • 次の天皇は愛子さま

という

妄想によってつくられたストーリーによって行われてます。

ほぼ、全部妄想という話。

理論的には、不慮の事故とか3条とか、いろんな可能性がありますが。

しかし、そういうケタ外れの異常なことがおこらない限りは

愛子皇太子は不可能

そう考えて、差支えないです。

可能性ないです。

ところが、

愛子天皇派は、皇室典範1条さえ改正すれば

秋篠宮家の二方の順位を飛ばして

愛子さまが、皇位継承順位1位になれると、勝手に妄想してますよね。

皇室典範1条改正したら、自動的に順位変更が起こるというのは、妄想

「法の不遡及の原則」があるので、順位変動はない。

だから、愛子皇太子という運動。

そもそも不可能なことを妄想して運動してる。

ということです。

愛子皇太子は不可能

申し訳ないけど、

この点については、何の疑義もないです。

女子天皇実現イコール愛子天皇実現という詐欺

でも、ネガティブな情報が一切報道されませんよね。

面白いですよね。

小室圭の1回目司法試験の時と同じですよ。

メディアも個人もすべて、「小室圭合格確実」って言ってたでしょう。
小室圭は優秀だから年収2000万円確実とかね。

私ひとりで、「合格なんてありえない」って主張しててバカにされてましたよ。
あの時も、ブログで、丁寧に根拠を示してました。
事実を検討し、どこをどう考えても合格はない、そう主張してました。

でも、誰にも信じてもらえなかった。

あくまで、メディアも個人も、すべて「小室圭合格確実」というデマを流し続けてましたね。

今もその時と同じですよ。

小室圭ごときザコでも、メディアは忖度して不都合な情報を隠したのですよ。

小室圭よりはるかに身位の高い愛子さま。
愛子さまの不都合な情報をメディアが流すハズないでしょう。

だから

愛子皇太子は不可能

明白ですが、

あくまで実現可能だと言い張る。

小室圭優秀伝説と同じ。ずっと言い続けるでしょう。

そして、

これには、大きな欺瞞があります。

女性天皇実現 = 愛子天皇実現

というペテン。

これが、この詐欺的状況の基礎になってます。

おっと、

これだけ聞いても、意味わかりませんよね(笑)

今日はSBなので、詳しくは説明しませんが、

まず、女性天皇実現と愛子天皇実現は、次元の違う別々の話です。

女性天皇実現だけなら、皇室典範1条して男女差別をなくせばいいだけの話。
そうすれば、将来の女性皇族が男女平等になります。

ところが、
愛子天皇実現には、1条改正だけでなく、秋篠宮家二方の順位を変更する必要がある
愛子さまを1位する必要がある。
それは典範1条を改正しても実現しません。

女性天皇実現と愛子天皇実現、意味がまったく違うんですよ。

女性天皇実現 = 将来の女性皇族の男女平等
愛子天皇実現 = 男女平等だけでなく、秋篠宮家二方の順位変更が必要

ところで、
「法の不遡及の原則」があるので、秋篠宮家二方の順位変更は、ほぼ不可能です。

だけど、

それがバレると運動が破綻してしまうので

女性天皇実現 = 愛子天皇実現

という空気を作って、大衆を騙してるのですよ。

騙す理由は簡単です。

そもそも不可能なことを可能だと偽って運動してるから

もともと無理筋だということです。

でも、愛子天皇派としては、無理筋を認めるわけにはいかない。

運動終了ですからね。

認めたくても認めることはできない。

運動継続させないと困る人たちが大勢いるわけですよ。

なので、運動を破綻させないためには、

「法の不遡及の原則」によって順位変更ができないという現実は、しらばっくれるしかない。

そして

女性天皇実現 = 愛子天皇実現

という詐欺。

これを言い続けるしかないって、ことですね。

愛子皇太子実現と愛子天皇実現の違い

どうせ実現しないので、あまり意味ないですが、
では、どういう運動なら可能性があるのか。

それを真面目に話をしますと

愛子皇太子については不可能

と言い切って、これは問題ない。

ただ、

愛子天皇については、皇位継承順位4位でガマンできるなら、理論上の可能性は残ります。

順位4位ですけど、次世代の承継者は悠仁親王しかいないので、実質2位ですよ。

実質2位であれば、何かの拍子に天皇になる可能性がないとはいえません。

だから、

愛子皇太子は不可能ですが、

愛子天皇については、必ずしも可能性ゼロとは言えない。

ということにはなりますね(私は反対ですが)。

なので、真面目な結論としては、こういうことになります。

仮に、

  • 1条を改正して、女性・女系天皇を認める
  • 12条を改正して、内親王を永久皇族化する
  • 愛子内親王へ皇位継承権を授権する法制定をする

という法改正(法制定)を行ったとすれば、愛子内親王が順位4位になることは可能。

順位4位は、本人以外の誰の「予期」も侵害しないので、本人の同意さえあれば「法の不遡及の原則」は関係ないです。

なので、

愛子皇太子 = 不可能
愛子天皇 = 可能性がないとはいえない(4位狙いなら)

ということになります。

愛子皇太子実現は妄想でしかないですが、

愛子天皇実現というのは、4位をゲットするという方針であるなら、実現可能性はゼロとは言えないと思います。

ただし、

それは実現しません。

愛子天皇派の結末

1位から3位までの順位を認めて、女性・女系天皇の実現に注力する。

それが、実現可能性のある運動なのですが、たぶん、その方向にはならないと思います。

なぜなら、

愛子天皇実現を希望する人たちは

秋篠宮家抹殺派

の人たちが大多数だからです。

秋篠宮家が気に入らない。
秋篠宮家の皇位継承は認められない

秋篠宮家は許せない。

秋篠宮家の排除は、絶対に譲れない。

そういう人たちが、愛子天皇運動者の大多数なわけですよ。

その人たちにとっては、秋篠宮家の順位を認めるなんて死んでもできないでしょう。

それは理屈じゃなくて憎悪だから

秋篠宮家への憎悪が止められない人たちなのだから。

冷静に皇室の将来を考えて「融和」路線を推進なんてありえないわけですよ。

秋篠宮家を抹殺する以外の選択肢はない

そういう運動を続けるでしょう。

しかし、そうすると、

受けて立つ男系男子派としても、当然、譲歩できませんよね。

秋篠宮家の抹殺

を要求する人たちに譲歩するなんて、秋篠宮派からしたらありえないこと。

そうすると、結局、秋篠宮派も譲歩しないで徹底交戦。

女性・女系天皇、一切認めない。

そういうことを徹底的にやるでしょう。
権力が、どちらの味方かは、ご存じですよね。

そもそも、可能か不可能か以前に、
秋篠宮家の順位をはく奪して、愛子さま1位を実現させる
という方針に賛成する国会議員はゼロだと思いますよ。

反秋篠宮家を明言してる国会議員なんて与野党問わず誰もいない。

男系男子派の国会議員は300人以上。
勝敗は明白。

どういう結末を迎えるかは、説明の必要はないと思います。

秋篠宮家抹殺ビジネス

ということで、結論まとめますよ。

勘違いしないでいただきたいのは、

単純な、女性天皇・女系天皇実現は、普通に法改正すればできます。

ただ、
愛子さまが、秋篠宮家の順位を飛ばして順位1位になることができない。

ということ。

その点、ご注意ください。

女性・女系天皇実現と愛子天皇実現は、意味が違うということです。

<結論>

愛子皇太子 = 不可能
愛子天皇 = 少しだけ可能性あるけど、現実的には不可能
将来の女性・女系天皇実現 = もちろん可能

だから

愛子天皇運動というのは

そもそも不可能なことを目指して運動してる。

ってことです。

そして、そういう運動を社会常識では「宗教」と呼ぶのでしょう。

信仰として、愛子天皇実現を信じるのはアリかもしれませんが、
本気で実現可能性がある信じているなら、

カモネギ状態

ってことです。
どこまでいっても救いはないですよ。

結局、愛子天皇運動という現象は、

ビジネス

だと思ってます。

愛子天皇実現というビジネス

愛子天皇実現という宗教活動

愛子天皇実現という集金活動

愛子天皇実現という信者集め

愛子天皇実現というアクセス集め

ぜんぶ、広い意味でビジネスですよ。

ビジネスする人たちの都合のために、

そもそも実現不可能なこと

という事実が隠されている。

バレると、ビジネス終了ですからね。

でも、

そもそも実現不可能なことを可能だと偽ってビジネスすることを社会常識では

詐欺

と呼ぶのではないですか?

金銭の詐取、やりがい搾取、精神異常とか、何を詐取されるかは、人によっていろいろあると思いますが、

その本質は

詐欺

私から見れば愛子天皇派って、詐欺師に利用されてるカモしか見えませんが、愛子天皇派は詐欺されてることに気づかない。

なぜか?

それは、秋篠宮家への憎悪が強すぎるから

秋篠宮家が気に入らない。
秋篠宮家の皇位継承は認められない

秋篠宮家は許せない。

そういう憎悪感情が、冷静に物事を見る目を失わさせているのです。
詐欺されても、まだ、自分を正当化しようして、泥沼にはまる。

アタマの中が

秋篠宮家は許せない。
秋篠宮家は許せない。
秋篠宮家は許せない。

という憎悪感情に支配されてるから、正常な判断能力が失われてるのです。

なので、まだまだ、愛子天皇ビジネスは流行ると思います。

なんてったって

詐欺されても被害者が詐欺を否定してくれる

という、詐欺師としては、天国みたいな状況ですからね(笑)

結局、

皇族誹謗中傷ビジネスと愛子天皇ビジネス。

根っこは同じ、

秋篠宮家への憎悪

詐欺師に秋篠宮家への憎悪感情を利用されたビジネス。

言い換えれば、

秋篠宮家抹殺ビジネス

だから、

秋篠宮家の憎悪に取りつかれた人は、どちらに流れても、どのみちカモになるしかない運命なのかと思われますね。

ついでに、ゴー宣について言いますと、
あのゴー宣「愛子天皇論」が流行らない、売れないのには、明確な理由があります。

それは

秋篠宮家への憎悪がないから

今、皇室問題で、ビジネスとして成立してるのは、

愛子天皇ではなく秋篠宮家への憎悪

マーケティング的に言えば、商材選択を外しているということです。

男系男子派をいくら叩いても、信者には響かない。

信者が求めているのは、男系男子派ではなく、秋篠宮家への攻撃。

その違いが、大きな売れ行きの違いになっているのだと思われます。

男系男子では商売にならないが

秋篠宮家への憎悪は商売になる

ということです。

売れなくて当然ということですよ。

ただ、小林よしのり氏が、秋篠宮家への憎悪を全面に打ち出した路線へ変更するとも思えないので、このまま売れない状態はどこまでも続くでしょうね。

それはそれで、いいんだろうと思います。

ということで、

愛子天皇は無理というか詐欺なので、こういう詐欺案件は忘れて、違うことを考えるのが正解。

そして、この際

秋篠宮家への憎悪

とどのように付き合っていくのか。

反秋篠宮系の皇室ウォッチャーの皆様は、よくお考えいただきたいと思います。

最近、

秋篠宮家への憎悪が高じてアタマおかしくなってる人

目に見えて増えてますからね。

詐欺師も多いし、インチキする人間も多い。

情報はデマだらけだし、妄想をまき散らす人も多い。

そういうカオスな状況で、自分が皇室に求めているものは何なのか。

本稿記事を契機に、一度、ゆっくりとお考えいただければ幸いです。

あ、そうそう

忘れずに、今日もツイッターに「いいね」くださいね(笑

「いいね」が私へのご褒美ということで・・・

おっと、今、Xですね(笑)

あと、非ツイッター派の皆様で、マコムロ問題を期待されている方は、9月から10月にかけて、適当に、コメント入れておいてくださいませ。

あとで、いいことあるかもしれませんよ(笑)

ではまた

<参考記事>

ラベンダー

また、よろしくお願いいたします。

Subscribe
Notify of
guest

4 Comments
Oldest
Newest
Inline Feedbacks
View all comments
コーヒーフロート
コーヒーフロート
8 months ago

ラベンダーさま、記事アップありがとうございます。

空位とか暫定一位とか虚しく聞こえるこの頃です。

秋篠宮家は問題山積みで、個人的にも好きではありませんが、好き嫌いという感情と皇位継承は別問題です。
愛子天皇派、秋篠宮派どちらも、本当に皇室を敬う気持ちがあるのなら、アイドルの総選挙でセンターを決めるようなノリはやめてほしいなと思います。(まだ総選挙の方が平和です)

保守を自認しているゴー宣の小林さんには、愛子天皇がどうのというより、皇室が新興宗教ビジネスもどきになってしまうくらい品位が落ちたことこそ(それに自分も片棒担いでいること)を憂いて欲しいですね。

最近、まだ学生の愛子様に、やたらと縁談話の記事が出ていて気になります。妙齢の女性皇族は他にもいるのに不自然です。男系男子派による愛子様皇籍離脱プロジェクトが透けて見えるような気がします。

両陛下の今後のプロパガンダに注目したいです。

おしお
おしお
8 months ago

いつも拝見しています
「法の不遡及」はどうやらその概念がない(恋に無視する)国が近隣にあるために、いくら述べても「だって○○では~」と言い立てる人がいると思います。あとナチスを断罪するためにあとから作った法律などが存在するので平常時との区別がつかない人もいるだろうな、と。
 愛子天皇(女性天皇)派が過激なのは残っている時間があまりないからでしょう。
「愛子天皇の子」による皇位継承が最終目的だと思われますが、そう考えると残り時間は
多めに見積もっても20年、冷静に考えれば10年程度でしょう。もちろん現行法で結婚してしまえばその時点で試合終了。ラベンダー様がお書きの通り、法改正に向けて動く国会議員は皆無ですし(改正が無駄なことは皆知っている)。
 対して秋篠宮(男性天皇)派は、10年以上余裕で待てるわけで。もし父親が先に逝去したとしても息子がいますし。

落としどころが従姉弟同士の結婚しかなさそうなのがなんともはや。

目次