月間テーミスの皇室記事を読む

 こんにちは、ラベンダーです。
 今日は、月間テーミスの記事をネタに雑談します。
 篠原常一郎氏や多くのユーチューバーがネタ元にしてる雑誌です。
 月刊テーミス。
 マコムロ批判をしてる雑誌なので、悪くは言いたくないですが、
 そんなビックリするような話が書いてあるわけではないです。
 マコムロ問題に限れば、ネットのウワサ話をネタにして煽ってる感じも、しないではないです。

 でも、宮内庁の言論統制に反対する立場のようなので、その方向性には、今後とも期待したいと思っています。

 今回は、軽く記事をネタにして雑談します。

目次

上級ニートの代償

「学生ビザ」が5月に期限切れ

 小室圭氏と眞子さんが結婚した際、「もうここまで来たら祝福しよう」という声もあったが、その後の2人のNY生活が、外務省に強力に支援された「特別待遇」であることが明らかになるにつれ、国民の怒りは日増しに高まっている。

 1月27日、秋篠宮さまと紀子さまは、赤坂御用地の赤坂東邸で、新しくNY総領事に就任した外務省キャリア・森美樹夫氏(59歳)と接見した。氏は東大法学部出身で、85年に大省。中東アフリカ局アフリカ部長など主にアフリカや開発途上地域を担当してきた人物だ。秋篠宮さまは07年に眞子さんと共にマダガスカル旅行、12年にはウガンダを訪問されている が、その際、森氏と面識を持ったという。外務省関係者が語る。

 「認証官である特命全権大使ならともかく、総領事との接見は異例だ。また、森氏は昨年1月に領事局長に着任し、わずか1年でNY総領事に異動となるが、秋篠宮家とNY総領事の連携を円滑にする狙いがあるのは間違いない。今回の面談も『今後も眞子をよろしく』といった意味合いがあったのは想像に難ぐない。秋篠宮家への注目が集まるなか、さまざまな憶測が飛び交い批判されるのは目に見えているが、宮内庁、皇嗣職で助言できる人物もいない」

 総領事は現地日本人の保護などを主業務とする。小室夫妻のNY生活は前任の山野内勘二NY総領事が中心となって支援し、夫妻担当の職員も配置された。2人が渡米の際も、 総領事館が現地警察への警備依頼や専用車両の手配を行ったが、すでに 民間人である2人に多額の税金が費消され続けていることに国民の怒りがある。NY駐在のマスコミはそれを知っているのに黙っているのだ。

月刊テーミス3月号 (太字等はラベンダーによる)

 書かれてある内容は、すでに既報のものが多いです。
 とはいえ、改めて読むと、怒りが湧いてきますね。
 
 小室眞子は形式的には民間人になったけど、今も「皇族待遇」を受けていて、日本国の役人によって手厚く保護されている
 上級ニート
 ということですよ。
 日本国の税金によって万全のサポートがなされる上級ニート
 詳しくは、前回の記事で申し上げた通りです。
 彼女には、見事に騙されましたよ。

 <前回の記事>
 マコムロ問題についての個人的な妄想

 ところで
 森氏は昨年1月に領事局長に着任し、わずか1年でNY総領事に異動
 でしょう。ミエミエですよね。
 さらにわざわざ謁見するのですから、
 小室眞子をよろしく
 って、ことは明白ですが・・・
 普通の神経なら、こんなに堂々とミエミエのことやりませんよ。
 悪事は隠れてやるもの。現に、フォーダム関係の話は、全部隠されたまま情報が一切出てきません。それは、悪事の認識があるからですよ。

 ところが
 筑附問題とか今回の謁見とかは堂々とやっているので、悪事の認識がないと考えるのが自然です。
 秋篠宮家の「私」なんだから、国民がどう思おうと知ったことではない。
 という秋篠宮理論を実行してるだけだと思います。
 小室眞子の態度を見ても明らかですよ。
 国民に理解してもらおうという気はない。
 ということ。
 自分たちは皇族という上流階級下級国民ごときに文句を言われる筋合いはないってことですよ。
 だから
 意図的に特権行使を国民へ見せつける
 ような行動に出てますね。
 自分たちが、アンタッチャブルな特権階級であることを国民に理解させたくて仕方ないみたいです。
 下級国民が特権階級に文句を言うなどあり得ない。💢💢💢
 そういう気分なのでしょうか。
 
 
 でもね、
 国民を挑発し続けたツケ全部、悠仁さまが背負うことになりますよ。
 秋篠宮家の傲慢な態度に対する国民からの総攻撃。
 ぜんぶ、悠仁さまへ向かうことになりますよ。
 すでに、そうなりつつありますよね。
 このまま、長く激しいストレスが何十年も続くとどうなるか。
 どんな人間でも、耐えられないと思いますけどね。
 何かが崩壊しますよ。
 天皇になる前に、惨劇が起きるのではないかと心配します。
 それでもまだ、秋篠宮スタイルを貫くのでしょうか。

上級ニートに資格は不要

 「司法試験合格とビザ問題。この2つを一気に解決する秘策が、無試験でも弁護士資格が取得可能なウィスコンシン州のロースクールに入り直し、『学生ビザ』を再取得するというものだ。大学側にも相談し、すでに話を付けていた」

 だが、そこに難題が立ちはだかったという。当の小室夫妻が自由で便利な大都会生活を手放したくないと移住を頑なに拒んだというのだ。しかし、今回も不合格ならば、そもそも米国に滞在不能になる可能性が高いため、これを容認するわけにもいかず、極秘チームは頭を痛めた。

 前出の政府関係者が続ける。

 「そんなにNY生活を満喫したいならば、離れなくてよい方法はないかと解決策を練るうちに『サテライト授業がある』となった。コロナ禍を利用する方法だ。そこで現在、NY総領事館と協力し、大学側とサテライト授業形式での入学について、領事館として折衝を進めている。本来、州に在住する必要があるが、そこをクリアしようとしている」

 渡米後も結局、自分たちで安定した生活基盤を確保できず、外務省に頼るしかない状況だが、これが皇族の結婚として相応しくなかったことは明らかだ。

 「最終的には、日本に戻るしかない状況になるのではないか。もしくは、国連や財団の名誉職など新たな就職囗を探し直すしかない。2人に危機感はなく、当然、外務省が動くしかない」(皇室関係者)

 小室夫妻のNY生活の行き詰まりは当初から指摘されてきた。そもそも、小室家には多くの不可解な問題があるにも拘わらず、それらの報道を「誹謗中傷」と一括りにし、結婚を強行した。その責任はやはり秋篠宮さまが「自由な教育方針」を重んじてきたことが大きい。
(同記事)(太字等はラベンダーによる)

 これは、何でしょうね。
 ネタ投入したということ? もし、これを真に受けてテーミスが本気で書いているとすれば、編集部のレベルに問題がありますね。
 秋篠宮派のブログと同じですよ。訳のわからない陰謀論にハマってしまって、常識的な思考が出来なくなっている状態が疑われます。
 
 簡単に指摘しますと

 ア)ビザ問題は存在しない


 ビザ問題は、最低でも半年以上前からある問題です。
 マコムロを外務省がバックアップしているのに、今も解決してないというマヌケな状況はあり得ないでしょう。 
 小室圭は、昨年7月のNHKリークで「めどが立った」と言いました。
 在留資格のアテがないのに、アメリカ移住について「めどが立った」とは言いませんよ。
 LS社もゲーリー氏もビザサポートしてないのですから、日本の外務省になんとかしてもらった、と考えるのが自然だと思いますけどね。
 なのに、結論は、もう一度「学生ビザ」って(笑)
 日本の役人は有能ですよ。
 バカじゃないです。


 イ)弁護士資格は無意味

 ウィスコンシン州のロースクールに入り直すって・・・(あぜん)
 ネタというよりは、ギャグの世界ですね。
 論評のしようのないくらい、あり得ません。
 そんなことしたら、2018年フォーダム大学入学からの
 今まで積み上げた全部の設定が崩壊します
 そんなマヌケなことしないし、意味もありませんよ。

 そもそも
 小室圭が弁護士の資格取って、何か意味あるのですか?
 どうせ真面目に働く気なんてありませんよ。
 すでに、大金持って、日本国の万全のサポートで暮らしてる人間が、何で弁護士の資格が必要なのですか。
 意味ないでしょう。
 
 必要なのは「設定」であって、資格じゃない。
 わかりやすく大金持って遊んで暮らしてると世間体が悪いから、それを隠すための「設定」が必要なだけ。
 なのに、ウィスコンシンで学生をやる「設定」って・・・
 
 ニートがバレバレじゃないですか(爆笑)
 
 これ、ギャグですよね(笑)
 いくらなんでも、こんな自爆設定はしないと思いますよ。
 小室圭はバカでも、サポートしてる役人は優秀なので、こんなバカなことはしないと思います。
 個人的に思うのは、このウィスコンシン説。
 どこからともなく陰謀論をリークする官僚がいて、それを真に受けた人がいて、
 陰謀論にハマってしまった。そんな感じかもしれません。
 もしかしたら、ネタとわかってて投入ということも、あり得ますね。
 商売ですからね。
 ただし

 「最終的には、日本に戻るしかない状況になるのではないか。もしくは、国連や財団の名誉職など新たな就職囗を探し直すしかない。2人に危機感はなく、当然、外務省が動くしかない」
 
 というのは、あり得る話だと思います。
 テーミスのいう意味ではないですよ。
 何度も言いますが、ビザの問題は解決済みです。
 前は、国際機関就職もあり得るかと思ってましたが、
 それだと、多少なりとも、働かないといけないでしょう
 それは無理ですよ。
 上級ニート
 ですからね、働いたら負けですよ(笑)
 だから、国際機関就職も、今はないと思ってます。

 アメリカで何らかの「設定」するが難しくなって、ニートがバレそうになったとき。
 仕方がないから帰国する。
 そういう可能性は十分あると見てます。
 妊娠とかPTSDの治療とか口実つけて。
 

狂ったマイペースが終わらない

提携校進学制度で筑附合格へ

 前出の皇室関係者が指摘する。

 「ある女性皇族は知人との会話のなかで、”私”を優先させる秋篠宮家の問題に話が及んだ際、『私は伊達に皇族をやっていません』と公務に対する姿勢や皇族としての言動の違いを強調されたという。国民が秋篠宮家へ不信感を高め、結果的に皇室全体へのの念が薄れる事態を、他の皇族たちも非常に懸念している

 本来ならば、宮内庁が広報、危機管理を含め、助言やサポートをするべきだが、秋篠宮さまが宮内庁に「宮家内部のことには干渉しないでほしい」と強く要請したため、諌める者もいない。それは、秋篠宮邸の改築に約33億円をかける一方で、「大嘗祭」への国費支出に苦言を呈するなど過去の言動を見ても分かる。因みに、両陛下がお住まいの皇居・御所の改築費用は8億7千万円だ。

 一方、悠仁さまの筑波大附属高進学を巡っても、ネット上には「裏口入学だ」との声が上がる。当然、両殿下の耳にも入り、紀子さまは日増しに神経質になっているという。「紀子さまの職員への当たりの強さは相変わらずで、『ペタペタ歩くのは止めなさい!』と歩き方まで注意される。毎日が修羅場だ』(秋篠宮家関係者)。

 2月16日、悠仁さまの提携校進学制度利用での筑附合格が発表されたが、一般入試受験は「アリバイ作りだったのでは」と批判が沸く。同時に、昨年3月に北九州市主催のコンクールで佳作を受賞した作文に。盗作疑惑々が浮上し、宮内庁が「参考文献の記載に不十分な部分があった」ことを認めた。

 宮内庁皇嗣職の加地隆治大夫は、悠仁さま進学先報道について「憶測に基づいて毎週のように報道するのは、メディアの姿勢として如何なものか」と文書を出したが、将来の天皇の動向について伝えることは当然だ。

 もはや宮内記者会にその力がない以上、雑誌ジャーナリズムがその役割を担わねばならない。

(同記事)(太字等はラベンダーによる)

 それにしても、次から次へと、ロクでもない話が続きますね、秋篠宮家。
 両陛下がお住まいの皇居・御所の改築費用は8億7千万円
 秋篠宮邸は33億円。
 新築じゃないですよ、あくまでリフォームで33億円。
 
 権力ある人が、巨額の建築物を欲する。
 織田信長の安土城とか豊臣秀吉の大阪城と同じ。
 豪華絢爛な私邸を作って
 国民に自分の権力を見せつける
 そういう意味だと見られますよ。
 やっぱり
 国民から、どう見られようと知ったことではない。
 ってことでしょうか。

 他にもいろいろありますが、
 話を始めると時間が足りませんので、読んでおいてくださいませ。
 で
 共通するのは、
 結局、自分たちに問題があると思ってないようですね。
 
 意図的に特権行使を国民に見せつける
 最近の秋篠宮家の暴走は、そういうことだと思ってます。
 だから、
 もう気分は独裁者なのでしょう。
 意見するものを排除し、YESという人間に囲まれてくらす。
 その出来上がりが、小室眞子ですよ。

 筑附問題が決定打でしたね
 将来の天皇をボロボロにしても、自分たちの独善を通すのですからね。
 狂ったマイペースが終わらない。
 もはや何を言っても、通じないような気がしてきました。
 北の将軍様状態かもしれません。

ウィスコンシンなんて行くわけねンだわ


 ということで
 内容的には、ネットの継ぎはぎ感がありますが、テーミス面白かったですね。
 言論統制・報道規制で、まともな記事を書く媒体は少ししかありません。
 そういう意味では、テーミスにはまだまだ頑張っていただきたいと思います。
 

 ちょっと疲れました。
 今日はこれくらいで

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

皇室ブログ書いてるラベンダーです。
マコムロ問題(小室眞子&小室圭)を中心に、
一般人の立場で皇室問題を冷静に検討しています。

天皇派でも秋篠宮家でもない一般人目線。
それが大切だと、考えております。

どうぞよろしくお願いいたします。

Subscribe
Notify of
guest
11 Comments
Oldest
Newest
Inline Feedbacks
View all comments
ふくろう
ふくろう
3 months ago

ラベンダーさん 皆さん こんばんわ

どのメディア媒体も「マコ外務省職員ビザ説」を書いてないですね。
ラベンダーさんの記事を読んだとき、これに違いないと思いました。
テーミスの編集者にラベンダーさんの記事を読んでもらいたいものです。
マコ外務省職員ビザというのを白日の下に晒してほしいです。これは大問題です。

ただ少し流れが変わってきてますよね。ヒサ様の作文の剽窃が世界中に発信されたのはびっくりでした。朝日新聞の英字版がキッカケですよね。外圧をかけるしか状況は変わらないと誰かが仕組んだのでしょうか。
外圧で状況を変えるのは日本人として恥ずかしい事ですが、ここまできたら日本の恥をさらして膿を出し切ってもらいたいものです。日本のトップは腐りきってます。
圭職員のF大の入学や奨学金などの不正行為も英米法曹界にとことん追求してもらえることを期待しています。
本当の民主主義というものを英米に見せてもらいたいです。

LAND
LAND
3 months ago

ラベンダーさま、更新ありがとうございます。
マコムロ問題も、A宮夫妻が対応していただければ一番良いと思うのですが、やらない。
ずっとNYで放置状態。
結果、ラベンダーさまの言うようにHさまへという流れですね。
更に、作文盗用からズル進学を一般国民が強く連想することになり、大炎上です。
4月から筑附ですが、炎上確定で、何のための進学かお気の毒です。
なんでこんなバカなことをしてしまったのか。
なぜ、A宮夫妻が対応しないのも全く意味不明です。

チャムス
チャムス
3 months ago

ラベンダーさん こんにちわ。
「子供ノンフィクション文学賞」のコンクールがある事さえ本人は知らず、受賞実績がほしいばかりにゴーストライターに書かせたと妄想してます。周りは地頭の良い、悪知恵の働く人間ばかりなんだから、中学生らしい作文にすればまだわかりますけど、これは盗作抜きとしても疑うレベルです。
「指摘に感謝してる」も誰が考えたのでしょうか。「知らずに書いてしまい反省してます」くらいが良かったのにと思います。
受賞取り消しにもならないし、マコムロの事にしたって、全てが「なかった事」になる不思議。
ラベンダーさんの指摘どおり、ビザなんてどうにでもなってるんでしょうね。
いかにもビザ問題で困窮してます、質素な生活をしてます、取材されたら一般人じゃなくなります、ドリフの大爆笑ですね。
ニューヨークに飽きたら次はハワイあたりかもです。イースター島が1番しっくりくると私は思うのですけどね。
交際中も「箔付け」と「お会計」の為に食事会に呼び出されたのに、いそいそ出かけたって聞いた時に洗脳されてる哀れだと思ったけど、この頃はまだ浮かれてたんでしょうね。
男性遍歴は数々あれど、プロポーズは初だったからポワワ〜ンとなったのでしょうね。
全て私の妄想ですけど…

masa
masa
3 months ago

ラベンダーさん、
テーミスの概略ありがとうございます。一般人である上級ニートに税金と公務員のエネルギーを投入し続けるのは本当に勘弁願いたいですね。
これよりも深刻なのが弟君ですが、女性自身が沈黙を破りました(笑)
https://news.yahoo.co.jp/articles/50e8fa32d59163320f26c7e03bf6ae588d06f8ab
海外の記事そのもの見ておりませんが(すみません)これは本当に宮内庁も頭が痛いと思いますし、もう取り返しがつかない汚点の一つとなりましたね、、、

Puzik
Puzik
3 months ago

ラベンダー様、いつもありがとうございます。
悠仁様の作文の件ですが、皆様も言われているように、こういうことはボディブローのように後から効いてきますね。
私もこれはご本人の仕事ではないと思います。
しかしながら宮内庁の答えでは、ご本人がしたことになってるわけで、一体両親はどう感じてるんでしょうか。普通は子供が不憫ですし、我が身を顧みますけどね。
あと数年すれば悠仁様も成人されますが、その時は言い訳はきかなくなります。
大学入試の際に、同様のことをすれば、直接ご本人に非難が集中するのは目に見えています。炎上どころではないと思います。
こんな簡単なことも理解できない宮家。良い未来が全く見えません。

サリバン
サリバン
3 months ago

ラベンダーさん、皆様こんにちは。篠原常一郎さんのお名前が出たので。豆を。篠原さん元共産党ですが、共産党って結構裏街道を歩いていてコアな情報持っているんです。だから篠原さんの言論活動は意外とゴリゴリの保守のおじさん達も重宝しているらしいです。とは言えオープンにできない情報もあるのでフェイク入れながら出しているのではないかと思います。ネットの情報の焼き直しに見えますが、多分裏を取っているので、噂レベルの情報でも、篠原さんやテーミスで出れば確定と見ていいと思います。この人たち訴訟もめちゃくちゃ慣れているので、自分たちがやばくなるような事は絶対やらないと思います。また裏読みすると、マコムロでこれだけ情報が出てくると言う事は、守ってきたシンパ連中に綻びが出始めていると見ていいと思います。流石にお皿様一派も一線を退くと、潮が引いて行くように取り巻きも手を引いて行くのでしょうか?そうであれば、日本にとっても幾らか朗報であるかもしれません。元共産党の篠原さんだからこそ、ある意味とても喧嘩上手だと思います。

目次
閉じる