平成ブラック皇室の圧勝劇

ラベンダー

こんにちは、ラベンダーです。

 異常に暑いですね。

 朝9時台で30度超えてましたから大変ですよ。
 今年は暑い夏になりそうですが、熱い夏にもなるかもしれません。

 さて、
 今日は、今後の見通しなどを雑談したいと思います。
 ただ、暗い話になります。
 現実をリアルに分析すると暗くならざる得ません。
 
 <参考記事>で書いたとおり、自然にメンタル病むので、
 メンタル悪い場合は、今日の記事は読まないほうがいいと思います。

<参考記事>

目次

第一次炎上対策の失敗

 どうやら、本格的に炎上対策してるようですね。
 情報が、見事に出てこなくなりました。

 いつかは忘れましたが、
 ネット炎上に対して反論するのは無駄。
 炎上を鎮火するには、専用の炎上対策が必要。
 という趣旨のお話をしました。

 そこで、最近の宮内庁。
 炎上対策のプロを雇ったということはないでしょうが、炎上対策してますね。きっと。
 宮内庁なりの炎上対策ということでしょう。
 ちょっと、役所仕事っぽさを感じます(笑)

 つまり、こういうことです。

  1. 昨年、11月に小室眞子・小室圭が渡米した際に、「報道協定」という圧力をかけて、ニューヨークでの取材活動を事実上禁止した。
  2. さらに、秋篠宮殿下がお誕生日会見で「ヤフコメ」に対する苦言を呈した。
  3. それを受けて、マコムロ問題記事のヤフコメ記事が激減した。

 というのが、
 第一次の炎上対策だったと思われます。
 ストレートに、マコムロ記事がヤフコメに上がらなければ、それで問題解決。
 いかにも、役人らしい短絡的な考えです。

 秋篠宮殿下がヤフコメを名指ししたからヤフコメ対策した。

 役人らしい対応ですよ(笑)
 しかし、
 この対応には誤算がありました。

 まず第一の誤算は、
 すでに炎上が、マコムロだけではなく、秋篠宮家の独立炎上に発展してたこと。
 特に、悠仁親王の問題は、マコムロ関係なく、一般人から非難される展開になってしまいました。
 マコムロ記事をヤフコメに上げなくても、それ以外の記事で大炎上。
 炎上は、まったく収まりませんでした。

 次に第二の誤算は、
 ヤフコメを規制しても、マコムロ記事そのものは書かれてましたから、その記事を引用してTwitterやYouTubeで大炎上を引き起こしたことです。
 記事を規制したら、リアルに北朝鮮・ミャンマーのような独裁国なので、さすがにそれはできないと考えたのでしょう。
 当然の判断ではありますが、それでは炎上は終わらない。
 特に、YouTubeに大量のアンチ秋篠宮家動画が上がってるので、毎日が炎上状態です。
 これは大きな誤算でしたね。

 ということで、
 ヤフコメを規制したけど、炎上は止まらなかった。
 えんえんと燃え続けてきたので、このままではいけないと。
 第一次の炎上対策から第二次の炎上対策へ切り替わったのだと思います。

 どうやら本腰の対策に切り替えたようです。

 そういう感じになってきました。

第二次炎上対策の特徴

 今年の春ごろから第二次の炎上対策をしているようです。

 現在行われている炎上対策の特徴は以下のとおりです。

  • ヤフコメは直接規制
  • 週刊誌の秋篠宮家批判記事を撲滅
  • プロパガナダ&印象操作

 という感じになろうかと思います。
 第一次炎上対策が、「マコムロ」+「ヤフコメ」という限定的な対策だったのに対し、現在の第二次炎上対策は、より広範囲に秋篠宮家への批判を禁止し、プロパガナダ&印象操作を強化した。
 そう。これは

 平成ブラック皇室方式

 JKGがメディアをコントロールした手法ですよ。
 そう
 時代が暗黒へ逆戻りしたということ。
 古いやり方です。

 メディアをアメとムチでコントロールする。
 強烈なマコムロ批判してた週刊文春を転向させたり、「秋篠宮」を出版させて小学館、「マコクライシス」で講談社と次々と出版社を調略して

 批判記事そのものを出させない

 という対策を強化したのだと思います。
 批判記事を抹殺する。
 批判記事がなければ、炎上しようがない。
 とても合理的な考え方ですが、民主主義・自由主義の価値観を有する欧米先進国では、ありえない対応ですね。
 
 さらに、
 ヤフコメについては、秋篠宮家関係の雑誌記事のコメント欄を無くした。
 自由主義国とは思えないようなレトロな統制。
 JKGの得意分野ですよ。

悪口を言いたいだけ

 で、この平成ブラック皇室方式。
 古いから役に立たないかといえば、そうでもなくて、現状を見た限りでは意外と効果的といえます。
 特に、YouTubeやTwitterに有効だったのは驚きでした。

 
 YouTubeやTwitterなどの個人メディア。
 皇室関係で言えば、
 何かテーマがあって、それに議論が行われる。
 そういうことではないですよね。
 建設的な皇室改革の意見を述べる人もいない。
 そう
 アンチ秋篠宮家で炎上に参加してる人々は、議論したいわけじゃない。

 悪口を言いたいだけ

 別に、皇室がどうなろうと、どうでもいいのですよ。
 マコムロや秋篠宮家に悪口言いたくて言う。 
 それだけです。

 ネタがあって、そのネタを肴に、悪口を言うだけ。

 YouTubeが典型例だと思いますよ。
 オリジナルコンテンツが異常に少ない。
 雑誌記事を肴にして悪口を言う。そればかりですよ。

 YouTubeの人たちは、クリックを集めるために動画を作ってるので、時間かけてオリジナルのコンテンツを作るという発想はないのでしょう。
 楽してクリックを集めるには、他人のコンテンツに乗っかって、悪口言うのが一番。
 オリジナル作るのは、時間もかかるし、かなり努力が必要です。
 けど、悪口動画だと時間かからないし、大量に動画を出せる。
 だから、雑誌記事を引用して、悪口を言いまくる動画だらけになった。
 そういうことだと思います。
 
 そうすると、不思議な現象が起こりました。
 昭和の化石メディアとなりつつある雑誌。
 その化石メディアをパクることでしか成り立たない動画が大多数なので、
 雑誌記事が減ると、YouTube動画も自動的に減る
 
 つまり
 最先端のネットメディアが、実は昭和メディアに支配されている。
 面白いですよね。
 時代が逆上がりしてますよ。

 そして、
 これは、言論統制する側にしては、オイシイ話ですよ。
 新聞、テレビ、雑誌を統制することで、国民を騙す平成ブラック皇室方式

 雑誌を規制すればYouTubeも下火になる

 のですからね。
 権力者にとっては、オイシイ展開。
 平成ブラック皇室方式
 令和でも、激しく有効な手段だということですよ。
 驚きですね。

 たとえば
 一時期、ビザ問題が流行りましたよね。
 本質的な話ではない、オタクな議論が横行してました。
 ビザ問題よりも、警備費問題とか報道協定問題とか、いくらでも重要なネタはあるのに、それはやらない。
 ビザ問題ばかり追いかける。なぜか?
 もともとユーチューバーの目的は、クリックを集めることであって、皇室問題について議論とか提言とかする気はない。
 皇室がどうなろうと知ったことではない
 だから、動画が作りやすいネタに皆が飛びついた。
 ビザ問題は、ネタ的に動画が作りやすかった。
 それだけの話ですよ。

 YouTubeの人たちには、天皇派VS秋篠宮派の宗教戦争ではない、真っ当な批判を盛り上げてくれるものだと期待していたのですが、現状ヒドイですね。
 終わってますよ。


 さらに、
 Twitterも似たようなものです。
 もともとTwitterは、オリジナルのコンテンツを作る場所じゃありませんからね。

 既存のコンテンツ乗っかって意見言うだけ。

 自分でコンテンツを作る立場ではなく、あくまで観客にすぎない。
 たとえば、イベントが開催されてないスタジアムに観客はいません。
 それと同じで、
 雑誌記事(=イベント)が激減している今、Twitterも勢いがありません。
 しょせん、Twitterユーザーは、観客。
 ネタになるコンテンツがなければ、どうにもなりません。

 しかも、ユーチューバーと同じで、基本的なスタンスは
 皇室がどうなろうと知ったことではない
 ということですから。
 あえて、必死に議論しようとする一般人ユーザーもいないでしょう。
 雑誌記事が激減すれば、ツイートも激減する。
 理由は違えど、ユーチューブと同じ結論になりますね。
 終わってますよ。

本気を出したブラック皇室

 だから、平成ブラック皇室方式で雑誌記事を締め付けるやり方は、激しく効いてます。
 YouTubeもTwitterもさびれる一方ですよ。

 しかも、ヤフコメを規制して、コメント書けないようにしたわけですからね。
 どこもかしこも、さびれるばかり。

 平成ブラック皇室の圧勝劇!!!

 見なくないものを見せられそうです。
 報道規制と言論統制で、悪口言いたいだけの一般人は、いなくなり。
 宗教戦争する両派信者は、相手方の絶滅運動にしか興味がない。
 そうすると

 皇室への真っ当な批判が消滅する

 そういうことになりますね。
 ブラック皇室がどこまでも続いて、やりたい放題やるでしょう。
 9割以上の国民は、皇室に関心ありませんから。
 この状況で、皇室への真っ当な批判とか、皇室改革への渇望が生まれるとは思えないですね。
 
 私は、現実主義者です。
 今の状況を現実的に分析すると、

 平成ブラック皇室の圧勝劇!!!

 そういう未来しか見えないですね。
 我々が考える以上に、
 ブラック皇室のブラックなパワーは強い。
 その気になれば、いつでも報道や言論を封じてしまうことができる。
 そして、
 昨年から今年にかけての秋篠宮家大炎上を見て、

 本気で、ブラックパワーを行使

 したと考えられます。
 厳しい状況になりましたね。

 ということで
 ここまでやってきた以上は、できるだけ私は抵抗しようと思ってます。

 とはいえ、無力すぎます。
 ほとんど何もできないでしょう。
 もはや、大きなことを言える状況ではないですね。
 これだけ大炎上が連発されてた状況が、

 本気で、ブラックパワーを行使

 したとたん、静かになってしまう。
 恐ろしいですよ。
 中国共産党ばりのブラックパワー。
 本気出せば、まだまだ

 国民を黙らせるのは余裕

 って、ことだと思います。

 まあ、悲観してても何も生まないので、
 戦う方法は考えたいと思います。

 ただし、
 マコムロ問題について、このまま公費と公務員を好きなように使い続け、それに対する批判をブラックパワーで黙らせることに成功したとすれば、

 ブラック皇室は末代まで続く

 ということになりそうです。
 マコムロ問題は試金石ですね。

 とりあえず、力を蓄えモチベーションを上げたいと思います。
 どうせ、しばらくは何も起こりませんから
 皆様もゆるりと、ご休養くださいませ。

ラベンダー

今日もありがとうございました。

 

 


 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Subscribe
Notify of
guest

8 Comments
Oldest
Newest
Inline Feedbacks
View all comments
つぶきち
つぶきち
2 months ago

お疲れ様です。毎日暑いですね!
今現在は まだまだ序の口ってところですよね。本格的にパワーが作動するのは Kの試験結果発表前後からですよね。
今日もバカ負債の記事出てましたね。えー!!!『経済的自立』してるんですか?奴ら。
この記事書いた人物は正気ですか?週3日AM10時勤務のパシリーガル(弁当士)ってそんなに 給料良いんですか?(笑)それとも私達こんなに仲良く手を取り合って頑張ってるの!アピールですか?もう『褒め殺し』ですね。
絶対、試験落ちてほしい。
平成ブラック皇室方式なんて成功してほしくない。ぶち壊したいぐらいです。

自分は見届けたいです。この顛末。ラベンダーさんと このブログの読者の皆様と一緒に

白玉ぜんざい
白玉ぜんざい
2 months ago

ラベンダー様
これが皇室問題「だけではない」、ことに気づいていない人が多い、という問題ですね。
騒いでも騒いでも、肝心の部分は確実に悪い一定方向に向かっている。
他のテーマでもそのことを指摘する意見は多いようにも思うのですが、今回の選挙をもっとチャンスとしてとらえることはできないのでしょうか。

ブロッコリー
ブロッコリー
2 months ago

今晩は。ブログ更新ありがとうございます。暑い日が続いてますが、お身体大丈夫ですか?気がつけばもう、6月も終わろうとしているんですね〜。
報道を押さえつけなければ存在できない皇室って、何なのでしょうね‥。どんなに報道規制•コメント規制されても、絶対に国民の批判は止むことはないのに。批判している国民を悪者にし続けるんでしょう、皇室は。
どうなるんでしょうね〜この関係(国民と皇室)。破綻、するのかな〜このままだと。

チャムス
チャムス
2 months ago

ラベンダーさん 皆さんこんにちは

kk親子が現れてからの3年間、毎日のように叩かれ炎上してましたが、なんでこの時に報道規制しなかったんでしょうね。
結婚すればモアイだけの問題じゃなくなる、馬子を守るためにニューヨークでの生活を報道規制。写真も撮らせない。
そしていよいよ我が身に降りかかってきた今になり完全シャットアウト。
kk親子を炎上させ続けた(私はそう思ってます)のは、その時はまだ破談させる方向でいたのでは?と妄想です。
しぶしぶ結婚を許したのもカネコネのズル特権で箔をつけたのも、モアイだけじゃない、あの母親も全部知ってるから破談にも出来ないでしょう。
私もクドくて申し訳ないですが、カネコネ箔つけなくても自力で頑張る男性を選べば「馬子さんおめでとう」で一時金も辞退せず納采の儀や披露宴も挙げて祝福されていたのに。
おかげで庶民はえらい迷惑。
書くと気分悪くなりますが、皆さんのご存知の状況です。
なんでよりによってあの男?
やはり怒りの原点はモアイです(私にっとては)
暑さで頭がどうかなってます。
皆さんも熱中症とか、お気をつけくださいね。

目次