2022年の皇室報道メディアガイド(1)

 こんにちは、ラベンダーです。

 今日は、あまり時間がないので、軽くやります。
 検討すべき問題がいくつかありますが、それは順次やるとして。
 今回は、雑誌メディアの動向を見てみたいと思います。

 時代や状況の変化により、メディアも変化する。
 基本、日本のメディアはポリシーがありませんから、かつて東宮(現天皇家)叩きをしていたメディアが平然と、愛子さまアゲアゲ絶賛記事を書いてたりします。
 だから、
 古い時代の話は、もう関係ありません。
 日本のメディアは節操がありませんからね(笑)
 今、2022年は、どういうスタンスなのか、それを見てみたいと思います。
 一応、念のために申し上げますと
 皇室報道については、

 新聞 → 既に死んでいる

 テレビ → 既に狂っている(笑)(異常なアゲアゲ報道しかしない)

 という状況ですので、問題は雑誌メディアです。
 皇室報道の場合、新聞・テレビは存在しないのと同じですから、
 良くも悪くも雑誌メディアの状況が世論に影響を与えます。
 なので、今回は雑誌メディアの状況をチェックしたいと思います。

目次

週刊女性は、秋篠宮家の広報誌を維持

 週刊女性は、秋篠宮家の広報誌。
 過去の東横線リークや金銭トラブル報道にあるように、秋篠宮家とは深いつながりにあるようです。
 その秋篠宮家の広報誌路線は、今年も変化ないようですね。
 まずは、コレ

悠仁さまが筑波大学附属高校を一般受験する姿をキャッチ!

 2月13日の午前8時すぎ、秋篠宮家の長男・悠仁さまが東京都文京区にある『筑波大学附属高等学校』を受験されるため、本校を訪れたことが『週刊女性PRIME』の取材で分かった。

 気温3度ほどまで下がったこの時間、悠仁さまは通われている中学校の制服の上から紺のダッフルコートを羽織り、中身がパンパンにつまったグレーのリュックサック姿。手には受験票をしっかりと握っており、マスクを着けているものの、目元からは緊張されているような印象を受ける。

正門から入られた悠仁さまは、係員から促されてほかの受験生と同じように受付の列に並んだが、その後はテント前でキョロキョロされるなど、戸惑われていたご様子も見受けられた。試験は午前9時から始まり、午後3時ごろまでの予定とのこと。

 悠仁さまが通われる『お茶の水女子大学附属中学校』は高校から女子校のため、どちらの高校に受験されるのかに注目が集まっていた。

「本命だと言われていたのが、今回受験された、通称“筑附”でした。というのも、お茶の水と筑附の間で’17年から5年間限定で設けられた『提携校制度』を利用されるのではと、取り沙汰され続けていたからです。しかし、今回の一般入試に悠仁さまが姿を現したことで、正々堂々と筑附を受験したことが明らかになりました」(皇室担当記者)


週刊女性PRIME 2022年2月13日

 悠仁さまの筑附「受験」。
 テレビはTBS、雑誌は週刊女性だけに、独占撮影が許されたようです。
 この恥ずかしい北朝鮮ばりの指名報道において、
 とりあえず、宮内庁から代表撮影・独占記事を許された「週刊女性」。
 「天の声」があったと考えるべきでしょう。
 週刊女性を使え
 ってね。
 ああ、恥ずかしい出版社。

 選ばれたメディアだけが、悠仁さまのお御影を撮影できる。
 選ばれなかったメディアは、すべて、沈黙を守る。
 気持ち悪すぎますね。
 ここは、北朝鮮かと錯覚しますよ。
 日本の皇室報道と共産主義国の報道。
 どこがどう違うのか、教えていただきたいものです。
 

 いずれにせよ、「週刊女性」
 秋篠宮家の広報誌の地位は揺るがないようですね。
 最新では、こんな記事出してます。
 もちろん、例のパクリ問題はスルーです。
 この記事、なかなか香ばしいですよ(笑)

【速報】悠仁さまが筑波大学附属高校に合格!紀子さまが熱心だった“帝王教育”の中身

2月16日、秋篠宮家の長男・悠仁さまが4月から東京都文京区にある『筑波大学附属高等学校』に進学されることが『週刊女性PRIME』の取材でわかった。

現在通われている『お茶の水女子大学附属中学校』と通称“筑附”との間に設けられている『提携校制度』を利用して合格し、春から筑附に進学されることになったと宮内庁から発表されました。

(中略)

 偏差値が70を超える都内屈指の名門校に合格されたのは、悠仁さまの努力の賜物だろう。その背景には当然、ご両親のこだわった教育方針が影響している。

 「秋篠宮さまは悠仁さまへの教育方針として、日本全国を訪れて直接地元の文化や自然の素晴らしさや、上皇さまから受け継がれてきた戦争の記憶の継承をご本人にも伝えていきたいとのお考えです。その方針を折りに触れて、しっかりと具現化されてきたのは何を隠そう、母親である紀子さまでいらっしゃるのです」(秋篠宮家関係者)

 悠仁さまは’13年に沖縄県、’16年に長崎県をご両親とそれぞれ訪問し、戦没者が眠る地に供花されているが、‘18年には当時小学6年生だった悠仁さまが夏休みを利用して、紀子さまとおふたりで私的に広島県へ。

 「広島市内にある『平和記念公園』の『原爆死没者慰霊碑』をご拝礼。『広島平和記念資料館』で遺品などを見て回り、近くのホテルで7歳の時に被爆した女性の体験談をお聞きになりました。この年には都内の戦傷病者資料館の『しょうけい館』も訪れるなど、悠仁さまは戦争の悲惨さを肌で感じられたそうです」(皇室担当記者)

 学生の悠仁さまは普段は学業優先のため、遠出をすることができるのは夏休みのみ。その期間を最大限に利用するため、奔走されているのが紀子さまだという。

悠仁さまの夏休みの計画は、紀子さまがすべて主導されているそうです。公務などの合間で殿下もお供されることもありますが、基本的に妃殿下が付き添われているのはそういった理由もあるのです。戦争関連の訪問が目立つのも、上皇ご夫妻のご意思を汲みとった紀子さまが、戦争への見識を深めるべきだというご意向が働いています。

 ’17年の夏休みにも、紀子さまは悠仁さまを連れて小笠原諸島の父島や母島を訪れ、塹壕(ざんごう)や軍道など戦争の痕跡を巡られました。’18年の夏には宮邸に昭和史研究家を招き、戦争の歴史をお聞きになり、悠仁さまは“原子爆弾はなぜ広島に落とされたんですか”などと、強い関心を持ちながら質問されたそうです」(前出・秋篠宮家関係者)

(中略)

 春から高校生となられる悠仁さまは、着々と“天皇への道”を歩まれている。

週刊女性PRIME 2022年2月26日 (太字等はラベンダーによる)

 これは、スゴイ提灯記事ですね。
 前にも言いましたが、「週刊女性」には恥ずかしい「職人芸」があります(笑)
 <参考記事1>
 「週刊女性」の恥ずかしい「職人芸」を読む
 
 <参考記事1>もなかなか香ばしい職人芸でしたが、今回もスゴイですね。
 要するに、こういうことでしょうか。
 
 1.学習院ではなく、筑附へ進学した。
 2.筑附だから、帝王学に怠りがあるという批判は間違い
 3.なぜなら、紀子妃が、上皇夫妻の意向に沿って“帝王教育”されているから

 悠仁さまへ、紀子妃が“帝王教育”をしてるって
 
 ははははは
 
 勘弁してくださいよ。
 確か秋篠宮殿下は、帝王学は学んでないと聞いております。
 その殿下の妻である紀子妃に、帝王学わかるわけないよね。
 驚きですね。
 天皇になるための帝王学をバカにしてないですよね。
 多くの国民が私と同様の不安を持つでしょう。
 紀子さまによる帝王教育なんてあり得ない
 てね。
 怖すぎますって。
 
 そこで、上皇夫妻の意向に沿って帝王教育”されてるから問題ないと。
 そう言いたいのでしょうけど、
 それはどうかなあ~・・・
 それも勘弁してくれ
 って、思ってる人も今は多くなってきたと思いますよ。
 だって、平成皇室のような状態に戻るってことでしょう。
 しかも、上皇夫妻の慰霊の旅というのは、「〇〇〇〇」と言う噂もありますし。
 そんなものマネされてもね。
 ううむ・・・困ったものですね。

 しかし
 これで「週刊女性」のスタンスがハッキリしてきましたね。
 <参考記事2>でも紹介しましたが、最近、上皇后を上げるキャンペーンに「週刊女性」も参加しておりました。
 <参考記事2>
 上皇后が来りて皇室を救う?(追記あり)
 
 ということは、
 1.「週刊女性」は秋篠宮家の広報誌
 2.ただし、上皇后の影響力が強く残っている

 ということなのでしょう。
 良いも悪いもないでしょう。
 「週刊女性」は、ずっと、そういう媒体のようですから。
 どのみち
 ジャーナリズム精神なんてあり得ない
 ということですね。
 

不気味な沈黙、女性自身

 女性自身は、筑附問題については、不気味な沈黙を続けてます。
 批判記事を書かないだけでなく、上げ記事も書いてません。

<女性自身、最近の皇室関係記事>
2022年2/22号 小室圭さんを秋篠宮さま全面裏支援再試験合格へ

2022年3/1・3/8号 眞子さん NY生活困窮危機で頼る美智子様の㊙資産

 2週連続で沈黙する「女性自身」。
 不気味です。なぜ、筑附問題を沈黙するのか?
 その原因は、前号の記事(2月15日号)にあるとファンダジー解釈してます。
 

秋篠宮ご夫妻 悠仁さま進学報道に異例の苦言…眞子さん結婚問題とは“真逆の対応”

 《一般論として、受験期を迎えている未成年者の進学のことを、臆測に基づいて毎週のように報道するのは、メディアの姿勢としていかがなものか》

 秋篠宮家の側近幹部である加地隆治・皇嗣職大夫は1月24日、悠仁さまの進学先を巡る報道について、文書で苦言を呈した。

現在お茶の水女子大学附属中学校3年生で、この春に高校進学を控える悠仁さま。

 「最有力と報じられているのが、筑波大学附属高校です。実は、お茶の水女子大学と筑波大学は’17年に『提携校進学制度』を創設しています。両校の附属校の生徒が若干名ずつ、もう一方の附属校に進学できるという制度です。面接や書類審査はありますが、学力テストはなし。しかも5年間限定の制度のため、『悠仁さまのための特別ルートではないか?』という報道が相次いでいたのです」(皇室担当記者)

 加地大夫は、そうした報道にクギを刺したのだ。

 「今回の苦言は、21日にあった加地大夫の定例会見の“補足”として出されました。次回の会見を待たずに文書が出るのは異例です。会見でのやりとりについて報告を受けた秋篠宮さまと紀子さまが対応を指示されたのでしょう。

 秋篠宮ご夫妻が“悠仁さまの進学問題への口出しは許さない”とばかりに報道への反発を強めるのは理解できます。ただ、眞子さんの結婚問題に関してはマスコミを“利用”していたはずですが……」(宮内庁関係者)

 小室さんがニューヨーク留学に出発した’18年8月には、朝日新聞に「『納采の儀、現状では行えない』秋篠宮ご夫妻、小室さんに」との記事が掲載された。2人の結婚について《皇族として国民から広く祝福される状態にないと考えている》などと、秋篠宮さまが結婚に強く反対されていると印象づける記事だった。

 さらに同年12月、『AERA』に紀子さまと親交が深い女性記者の署名原稿が掲載される。そこには“親しい友人”が紀子さまから聞いたという言葉が記されている。

 「船の舵をいきなり90度、切りかえられるものではありません」
 「でも、どんな小さな船でも自分で進んでいく力を持っていることを信じています」

 遠回しだが、小室さんとの結婚に突き進む眞子さんに“方向転換”を願うメッセージにも見える。

 「当時、眞子さんはご両親との会話を拒否していたといいます。そんな“家庭内冷戦”の状況下で、秋篠宮ご夫妻は小室さんとの結婚をどうにか阻止しようと、マスコミを通じてメッセージを発したのでしょう」(前出・皇室担当記者)

 その秋篠宮ご夫妻が一転して、悠仁さまの進学問題報道には神経を尖らせている。“真逆の対応”といっても過言ではないがーー。

「女性自身」2022年2月15日号 (太字等はラベンダーによる)

 コレ、わかる人にはわかるという話ですね。
 マコムロ問題について、一定、レベルの知識が必要になります。
 が、これはスゴイ記事ですよ。
 詳細は、<参考記事>で解説しましたので、ごらんください。

 <参考記事>
 上皇后は路線変更したのか?

 上記<参考記事>で、書きましたように
 
 上皇后御用達の「女性自身」が秋篠宮家を批判
 
 ですからね。
 正直、ビックリしました。
 何が起こっているのか? 今もよくわからないですが、
 しかし、
 この記事を最後に、女性自身は
 筑附問題について報道するのをやめてしまった。
 わけですよ。
 これは自然に解釈すれば、この記事が
 秋篠宮家の逆鱗に触れた
 ということじゃないかと思います。
 具体的には
 紀子妃の逆鱗に触れ、強力なクレームが入った
 だから、
 会社として筑附問題を取り上げるのを自粛している。
 ということだとファンダジー解釈してます。

 女性自身としては、上皇后の意向でやっただけでしょうから、もともと秋篠宮家に対する悪意はないと思いますが、紀子妃としては看過できない裏切りに写ったでしょうね。
 激しいクレームが入ったと思いますよ。
 女性自身も、それで萎縮してしまって、筑附はNG。
 それが、不気味な沈黙の原因だと、ファンダジー解釈してます。

 ただし、
 その代わりにマコムロ批判をやっているのは重要です。
 紀子さま激怒が本当なら、普通はそこで詫びのしるしに、秋篠宮家に媚びる記事を書くはず。
 ところが、マコムロ批判を続けているということは、秋篠宮家の広報誌であったり、秋篠宮家擁護の立場を続けるつもりはないとも取れます。
 筑附はNGだけど、マコムロはやる。
 とても微妙な立ち位置ですね、女性自身。
 ううむ、ちょっと、良くわからないですね。
 結局、上皇后がそういう意思なのだと、私はファンダジー解釈してますが、
 みなさんは、どう、思われますか?
 

ご寵愛を取り戻したい朝日新聞

 女性自身の記事で、秋篠宮家による朝日新聞へリークが取り上げられていたので、ついでに朝日の記事を見てみます。

悠仁さまの筑付合格の吉報が吹き飛んだ「作文」引用問題の余波 OBは報道に首をかしげる

ここ連日、悠仁さまに注目が集まっている。秋篠宮家の長男、悠仁さまが筑波大付属高校(東京都文京区)の入学試験に合格し、4月から進学する。しかし吉報がもたらされた日に、悠仁さまのコンクール入賞作文で引用元を明記せずに酷似した文章があったと週刊誌が指摘。宮内庁も認めた。果たして悠仁さまの高校生活に影響はないのか。

(中略)・・・

「酷似文章」の指摘を受けた宮内庁と悠仁さまの対応は、迅速だった。宮内庁は、「引用元を明記せず、不十分だった」とすぐに事実関係を認め、主催者側への連絡を行った。さらに、「悠仁さまは、指摘に感謝なさっている」と本人からのメッセージを公表した。

 大手新聞やテレビ各社も「作文」の一件を全国ニュースで報道し、明るい合格のニュースも吹き飛んだ格好となってしまった。 

「しかし、各社が一斉に全国ニュースで報道する必要があったのでしょうか」

そう首をかしげるのは、経済評論家で元参議院議員の藤巻健史さん(71)だ。藤巻さんは、筑波大学付属校に小学校から高校まで通った筑付OBだ。

「大人でもうっかりすると参考文献の文章と自分の文章が混じったり、無意識に似た表現になったりしてしまうことはある。ましては作文を書いた一昨年の夏は、悠仁さまはまだ13歳。参考文献の記載や引用の注釈を忘れたことについて全国のニュースで報道するのはあまりに酷ではないか」

(中略)・・・

そして今回合格した筑波大学付属高校への進学の件でも秋篠宮家は、批判の対象にさらされ続けていた。

お茶の水女子大学と筑波大の付属校の間で進学を可能にする「提携校進学制度」が始まったのは2016年のことだ。この時から、悠仁さまのための特別制度ではないかとささやかれていた。

 紀子さまと学生時代からの友人である女性は嘆いた。

「悠仁さまが、小学校の時期からコツコツと努力を続け、勉強を積み上げて来た事はまぎれもない事実です。それこそ中学受験はなさらなかったが、小学生の夏休みも猛勉強なさっていたと聞いています。中学生になってからは、さらに熱心に机に向かっておられた。人づてに聞いたようなうわさ話をもとに『裏口入学』『特別待遇』などと報じて、一生懸命位に努力する子どもを貶める行為がなぜ許されるのかーー。相手が皇族だからといって、子どもをよってたかって攻撃してよいわけではない。批判する方は、そうした行為を、ご自身のお子さんがされても平気なのでしょうか。そうした点をすこし、考えて欲しいと感じます」

AERAdot.編集部 永井貴子 2022年2月18日

 この状況で、秋篠宮家を全面擁護しているのが、朝日(アエラ)。
 なかなか思い切った全面擁護をしてます。
 秋篠宮家の広報誌である「週刊女性」ですら、ここまでのベタ媚び擁護はしてないので、これはこれで別の意味で驚きですね。
 かつて、朝日新聞やアエラは、秋篠宮家御用達のメディアでした。
 2018年夏に「それ相応の対応」をリーク報道した際は、誰もが秋篠宮家と朝日の親密な関係を疑ってなかっと思います。

 ところが最近はどうでしょう。
 マコムロ結婚において、朝日はリーク先に選ばれませんでした。

 <2021年>
 7月30日 NHK7月リーク(小室圭のNY就職宣言)
 9月1日 読売新聞リーク(眞子&小室圭の結婚宣言)
 9月8日 共同通信リーク(結婚は10月にする宣言)
 9月16日 NHK9月リーク(小室圭帰国&記者会見する宣言)
 9月24日 FNNのカメラがNYの小室圭を直撃
 9月25日 TBSのカメラが小室圭と事務所関係者の会食を直撃

 見てのとおりです。
 他社には、満遍なく「特ダネ」がリークされているのに、朝日系はなし。
 悠仁さまの筑附受験独占映像もTBS。
 どうやら
 秋篠宮家からのご寵愛を失ってしまったようですね。朝日系は。
 
 でも、今回
 必死で、ご寵愛を取り戻そうと頑張った(笑)
 それが、このベタベタ媚び媚び記事なのでしょう。

 ぴゅるるる~~~~~(寒)
 ぴゅるるる~~~~~(寒)
 ぴゅるるる~~~~~(寒)

 寒いですね~
 大奥で、何年もご寵愛を受けていない姫様のようで
 哀愁を感じますね。
 何でそこまで、ご寵愛にこだわるのか、朝日新聞。
 意味わからないですね。

 ただ、
 この状況で、秋篠宮家を全面擁護してくれるメディアは少ないでしょうから、
 この先、秋篠宮家と朝日新聞の蜜月関係が復活するかもしれませんよ。
 まあ、どうでもいい動きですけどね。

 

みんな仲良くやろうよ


 
 ということで
 今回は、秋篠宮家寄り(?)と見られるメディアを見てみました。
 今日、紹介しなかったメディアを含めて、今の状況で秋篠宮家を全面擁護するのは、ビジネス的に難しいでしょうから、各社とも苦慮してる感じはありますね。
 朝日は意味不明ですが(笑)
 
 次回は、攻撃的なメディアを中心に見てみたいと思います。
 今週は、天皇誕生日と小室圭司法試験日があります。
 陛下はマコムロ問題について何を言うのか、小室圭は試験会場に現れるのか。
 いろいろ見どころがあります。

 今週も、頑張ってウォッチしましょう。
 今日もありがとうございました。
 またよろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

皇室ブログ書いてるラベンダーです。
マコムロ問題(小室眞子&小室圭)を中心に、
一般人の立場で皇室問題を冷静に検討しています。

天皇派でも秋篠宮家でもない一般人目線。
それが大切だと、考えております。

どうぞよろしくお願いいたします。

Subscribe
Notify of
guest
27 Comments
Oldest
Newest
Inline Feedbacks
View all comments
robin007
robin007
4 months ago

皆さま、こんばんは。
記事の更新ありがとうございます。
今日取り上げていただいた記事で一番印象的なのは、やっぱり週刊女性の紀子妃アゲアゲ!
紀子さまが帝王学???何とトンチンカンなこと言ってるんでしょうか。北の将軍様アゲアゲの女性アナ(もうとっくに引退?)も遠く及ばない。
有名な家の子女に必要な安全教育が出来ていなかったからこそ、マコムロ結婚、ヒサ様盗作問題を招いたのに、よく言えますわ。子供のことは夫婦連帯責任なので紀子さまだけが悪いわけではないですが。
AERAの藤巻氏も参考文献「記載漏れ」で押し通しての擁護もイタイです。
ヒサ様はまだ15歳。責任の取り方が分からないなら、親がなすべき事をすべき。本当に立派な方なら、あのレベルで盗作が明らかなら賞を返還するでしょう。それを全く無視して、ツクフ入学についてだけホッとしているというコメントのみ。
一般人の心が秋篠宮家だけでなく皇室全体から離れて行くキッカケの事件の真っただ中にある気がします。

M-desu
M-desu
4 months ago

ラベンダーさん、皆さん、おはようございます。部員のMです。ラベンダーさん、久しぶりに数日間で数件のコメントをしましたが結構な気持ちの消耗しますね。暴言が多くて申し訳ありませんでした。あの量の記事を書くことをほぼ毎日して火を絶やさぬようにするのは大変だなと改めて感じました。ここで改めてラベンダーさんの日々のご尽力に感謝し敬意を表します。

さて、ここからはラベンダーさんだけではなく皆さんへの報告・相談になるのですが、一昨日のラベンダーさんの記事に付随して「陰謀論にならず正しく論じるために直接的な情報提供(リーク)が欲しいので受け皿を用意できるか検討しようか」とのラベンダー部長見解を受け、大道具担当部員のワテクシが情報提供者さんも我々参加者も氏素性を特定されずに安全に行える段取りは概ね見定めました。実際にこれを展開・運用するうえでは「誰のどんな情報が有益か」によって作戦が変わってくるのかなと思います。懐中電灯は用意したが、光をどちらに向けるかをあらかじめ想定したい状態です。

そこで、この一連の問題の核心に迫るには「こういう立場の方からこれに関する(内部)事実を聞きたいね」という皆様のご意見があればお聞かせいただき、それを網羅できるような作戦をラベンダー部長に提案したいなと思っています。その他、「これは気をつけてね」や「こうした方がいいね」などのご意見もありがたくいただきたく。多くの方々の目線を網羅する形で部長に判断を仰ぎたく。ひとまずご意見募集期間を今月末日(2月28日昼12:00まで)とし、多くの一般的な方々が陰謀論に流されずに正しく事実ベースで議論をすることの一助になればと思います。こういった情報の流れがあることは、道理に合わないことをする当事者への抑止力にもなると思っています。「あなたの行いを見ている人がいるよ」と意識させると。

皆様どうぞよろしくお願いいたします。ラベンダー部長、皆様のご意見を広く伺った上でご提案差し上げます。しばしお時間くださいませ。

M-desu
M-desu
4 months ago

了解です。私がここに出入りさせていただいているのはラベンダーさんがフェアであろうとする姿勢のためで、その姿勢が変わらない限りラベンダーさんの方針を最大限に活かす提案をします。色々考えて多くの参加者に楽しく役に立つ場所になるよう継続的に提案していきます。一点、毎回却下されるのですが、検討していただきたいのは、さまざまな機能を加えたり規模を大きくしていった場合、固定費もそれなりに上がっていく可能性がありますので、現在はラベンダーさんがひとりで丸かぶりしていますが、今後は最低限の広告を出したりして負担を軽減することも検討範囲内にしてください。よろしくお願いします。 M

ふくろう
ふくろう
4 months ago

ラベンダーさん 公開、非公開の判断はおまかせします。
写真のスクショというのは頑張ってやってみて成功しました。

ラベンダーさん 皆さん おはようごさいます。
がるちゃんで「ヒサ様の遠足の写真が合成ではないか」という情報があり、昨日、非公開でラベンダーさんには連絡させてもらいました。
非公開にしたのは敵に消されてはと思っての事と、ヒサ様のデリケートな問題に踏み込まないといけないかなと思ったのが理由でした。障〇の問題の真偽はコメントしづらいものですし。

本日のⅯさんのコメントを読ませてもらい写真の元を調べてみないといけないなって思いました。
そしたら朝日デジタルだったのです。もし合成が本当だとすると大きな問題ですよね。
大手新聞社です。頭にきてそれがショックで投稿しました。
ただ冷静に考えたらまだ合成かどうかもわからないのですけど、
合成と思ったら不思議と合成に見えるのですよ。
朝日デジタルからの写真張り付けます。
悠仁さま、お茶の水小を卒業 卒業記念文集や写真を公開:朝日新聞デジタル
頭だけをヒサ様に貼り付けていて首から下は別人ではないかという疑惑です。
ガルちゃんではキコヒが職員にやらせたのでは…という投稿でした。
どう思われますか?
高齢の母は朝日新聞は弱者の味方だからといって何十年も新聞は朝日なんです。
朝日を信じている愛読者への裏切り行為がひどすぎます。
合成なら作文問題以上に大問題と思うのですが。
合成か合成でないかわからないので冷静さを頑張って保っています。

M-desu
M-desu
4 months ago
Reply to  ふくろう

ふくろうさん、こんにちは。Mです。ご指摘の写真(林道を白い帽子をかぶって歩く写真)、詳細は申し上げませんがワテクシの見立てでは合成の可能性は非常に薄いように見受けます。最近では人工知能で画像や動画の偽造(ディープフェイクと呼ばれます)が行われ真贋が極度に見極めにくくなっていますが、つぎはぎの境目周辺に僅かにデータの不連続さを示す痕跡が必ず残ります。この写真はその不連続さがないので合成ではないと見立てました。ご参考までに。

ふくろう
ふくろう
4 months ago
Reply to  M-desu

Mさん
さっそく冷静な判断ありがとうございます。
少し安心しました。
メディアがそこまで腐っていたら救われないです。
でも腐ってるのは事実ですね。
情報処理は冷静にを合言葉で戦います。

D4C
D4C
4 months ago
Reply to  ふくろう

拝見しました、めっちゃ面白い写真ですね(笑)。
ふくろうさんおっしゃるとおり、違和感満載ですね!Mさんのおっしゃる通りわたしも合成ではないと思います。でもふくろうさんのお気持ちもよくわかります!わたしのファンタジーをお節介ながら申しますね☆
この写真、朝日新聞が撮ったのではなく、宮内庁提供の広報写真ですよね(写真の下に書いてあります)。撮ったあとでHくんの顔が一番目立つように、顔の色合いとか明るさをデジタル補正してるんですよ。で、その補正がヘタクソすぎてまわりから浮き上がってしまって、なんか顔だけ他からもってきた合成写真みたいになっちゃったんだと思います(笑)。
で、さらに言うとこの写真たぶん、というか明らかに『Q出し』して撮ってますね(笑)。つまり、Hくんのグループにはちょっと待っててもらい、その間にカメラマンがダッシュで先行、「はい!歩いてきてくださーい」ってQ出しして撮ってると思います(笑)。なんでかというと、Hくんの前にスペースがあるでしょう?先生すら前にいない。人が列組んで歩いてくるのを自然に撮ると、先日の筑附の試験会場に歩いてくHくんみたいに、人の影にかくれたりするんです。それに、周りの子達が妙に笑ってるじゃないですか。これ、演技させられてるみたいな撮影の仕方を面白がって「やらせだヤラセ(笑)」って面白がって笑ってるんだと思います。で、狭い山道なので、背景の感じとかをみても、撮影向きの場所はそんなにあるわけじゃなさそうなので、この子供たちの笑い方からして、おそらくテイク2、つまり「ごめんなさい、もう一回さっきの場所までもどって、合図したら歩いてきてくださーい」ってやってるんだとおもいますよ(笑)。
ファンタジー解釈ですけどね☆

D4C
D4C
4 months ago

ラベンダーさま、貴重な情報ありがとうございます☆(すみません、なんで後から投稿したわたしのコメントがラベンダーさんのより先に表示?失礼しました)。さっそくググってみると、この著者の三好和義カメラマンは、相当な売れっ子というか重鎮のようですね。たしかに写真もいい!(敵を誉めるなって?笑)。宮内庁が「特別な許可を与えて」文化財などの撮影を許可していて、持ちつ持たれつなお得意様って感じのようですね。で、撮った写真を朝日が出版したり個展に協賛したり、新聞の年末年始特集にのせたりとかしてるようです。以下ファンタジーですが、秋宮、Hくんのご趣味=写真の「先生」なんじゃないですか?なんとなくですが。

ふくろう
ふくろう
4 months ago
Reply to  D4C

ラベンダーさん、D4Cさん それそれの見解、参考になります。
ありがとうございます。
また色々見つけて投稿して幅広い意見をお聞きしてたいです。おかげで視野が広がります。

ネーブル
ネーブル
4 months ago

ラベンダー様、皆様こんにちは。
更新ありがとうございます。
秋篠宮家擁護の記事が今後どんどん減っていくことを期待しています。
読者の共感がなければ、雑誌は売れないですもんね。 
女性週刊誌の購買層、女性自身は70代以上の方が多いとか…なるほど!
私の妄想ですが、お皿様は一連のK妃のやり方に呆れられているんじゃないでしょうか。
そもそも、kkの出自や母親のことはさておき、kkが超優秀で素晴らしい人?の触れ込みだったのに、同期生が9割合格する試験に不合格!騙された気分でしょうね。
H様の進学もパクリもむちゃくちゃな優秀設定をするから、このザマですし!
お皿様自身は、大学総代は忖度にしても優秀だったらしいですし、自分の力で歌や詩もおよみになれるしね。
いつか、愛子様が自分に似たところがあるとおっしゃていたのは、優秀なところでしょう。こんな恥ずかしいことを平気でする、k妃にお怒りではと想像しています。
こんなに国民に不人気なご一家では、皇室の存続危機、皇室の在り方も変わってくるでしょうね。
M様、ご提案ありがとうございます。
すぐに、どうしたら良いのか考えつかずごめんなさい。
ラベンダー様、皆様、よろしくお願いします。

ネーブル
ネーブル
4 months ago

お返事ありがとうございます。
私も上皇后様は苦手です。
頭の良い人のやり方で酷いことをしたり、絶対に自分が悪者になりたくない姿勢、自己顕示欲等…偽善者なところも。
今回のH様の問題は、いつも誰かに手伝ってもらったものが自分の作品として公表されるのが習慣になっているから、反省がないのだと感じます。
上皇后様は能力がないせいで、見栄をはらないといけない人の気持ちは理解できないだろうと。
拙い文章お許し下さいませ。

チャムス
チャムス
4 months ago

ラベンダーさん 皆さんこんばんは

嫌な出来事を蒸し返すようでラベンダーさんには申しわけないのですが「ヤフコメ青ポチ大量投下事件」
あれが個人の仕業なのか、アレの身内なのか関係者なのかわかりませんが、核心を突いたコメントに沢山の賛同の枝コメ、いいねが敵の逆鱗に触れたんだと思ってます。
苦労して立ち上げてくださった新ブログですから大事に大切に想ってます。
最近のYou Tube、こいつバカじゃねえの?コントのような嘘を毎日のように配信し、最近は視聴者の賛同まで求め道連れにするつもりです。
まぁ、でもあれを信じる人も居るんですから、そんなの初めて私不思議。
過去の動画を遡って見れば全部が嘘だとわかります。こうゆう類いのYou Tube、ブログ等は、内容があまりにもお粗末すぎて敵も警戒しません。
でも、ラベンダーさんの記事を恐れ警戒するはず。
ヤフコメの事件で実証されてます。

非公開にされているだけで、嫌なコメントも来てるかもしれません。
闇を暴くのは勇気がいるし敵も作ります。

ブログを運営されるのも大変な苦労があると思いますが、私には情報もないし何も出来ませんがラベンダーさん、チームの皆さん今後ともよろしくお願いします。

Mさん 初めまして。
オータム家に存外な扱いを受けたり反故にされた人達が秘密や闇をリークしてくれたらと期待しています。恨みを持った人間は鬼のようにゴロゴロ居そうです。

M-desu
M-desu
4 months ago

皆様、今日(2022年02月22日)は8桁の日付数字のうち6つが2で埋まる100年に1度の「スーパーニャンニャンデー」です。愛猫家の皆様、おめでとうございます。そうでない方々、この特別な日を通じて動物愛護全般に今一度目を向けていただけますこと、この場をお借りしてお願い申し上げます。にゃん。 M

サリバン
サリバン
4 months ago
Reply to  M-desu

M – desuさま、こんにちは。保護猫6頭+1(子猫養子縁組10頭)のママとして、嬉しいお言葉ニャンズに代わり御礼申し上げます。最もうちのニャンズ達は平常心是道でいつものカリカリをたらふく食べ、ただいま優雅に睡眠タイムを満喫して居ます。拙宅は極寒の地で、雪の中食べ物を求めて歩く野良さんを見るとやるせなくなります。野良猫0と言うより、住宅の構造や生活形態(アレルギー持ちの方の多さ)生態系の激変から共存ができなくなりつつあると言うのが、本当の所かなと思います。その一方で無責任に飼育、虐待をする方もいるのですが、率直に言わせていただけるなら、「現代人は病んでいるなぁ」としか言いようがありません。大きな声では言えませんが、秋家のような変な人が多いです。( ーー; そういう意味であの方達のやってる事を見ると、国民のお手本にならないなら、辞めてくれないかな〜というのが本音です。「猫に代わってお仕置きよ❤️」特にマコムロ夫妻には言ってみたいですね。

ふくろう
ふくろう
4 months ago
Reply to  サリバン

ラベンダーさん
この場をお借りします。

実は私も猫を30年で6匹飼っていて
現在、最後の一匹が推定18歳です。ひとつき前に腎臓をやられてるのがわかり昏睡状態なんです。
スーパーにゃんにゃんデーが命日になるのではとハラハラしましたでも持ちこたえ呼吸をしてます。

皆さんもいろんな日常をかかえて生活されてるんだとコメントを見て痛感です。

天皇陛下の言葉を読みながら、
ラベンダーさんの記事楽しみにして猫介護して今日を過ごします。

この場があり大変精神的に救われてます。

ブロッコリー
ブロッコリー
4 months ago
Reply to  M-desu

ラベンダーさん今晩は。この場をお借りします。
スーパーニャンニャンデーおめでとうございます㊗︎
うちには姉妹がいます。赤ちゃん野良猫姉妹を引き取り、今ではぬくぬくとお姫様暮らし。野良猫プリンセス達はその出自を忘れ外を怖がり、家族の愛着を受けまくりすくすく育っています。今日は、コロナ禍で苦しむ保護猫カフェに心ばかりのネットポチ寄付をしました。この状況ではなかなか行くことできないので、僅かですが、今後も継続支援を続けることにしました。
明日は天皇誕生日㊗︎スーパーニャンニャンデーを凌ぐことが出来るのか!明日の会見で、堕ちた皇室の起死回生なるか…!?

カフェモカ
カフェモカ
4 months ago

ラベンダー様、皆様、こんばんは。

スーパーニャンデおめでとうございます~( ^-^)ノ∠※。.:*:・’°☆
皆様のお話を聞き、つい書き込んでいます。
小さい頃娘が拾ってきた愛猫、推定13歳です。できれば20歳まで生きてほしいです。
今までの人生において心底辛いとき、猫の温もりに何度慰められたことか。
正直、人間よりも猫の方が好きですw

さて、あと数時間での天皇陛下のお言葉、楽しみですね(かなり無理やり話を戻した感WWW)。

M-desu
M-desu
4 months ago
Reply to  M-desu

お返事くださった皆様、関係のないトピックをお許しくださったラベンダーさん、有難うございます。

サリバンさん、ふくろうさん、ブロッコリーさん、カフェモカさん、愛猫さんたちのお話しをお聞かせくださって有難うございます。気持ちが熱くなります。私もこれまで行き場のない猫さんのみを引き取ってきたくちで、病気で捨てられたと思しき猫さんを引き取って看取りもしました。ひとりがお世話できるお猫様には限りがありますが、ひとりひとりの積み上げでがんばりましょう!有難うございました。

ふくろう
ふくろう
4 months ago

ラベンダーさん、皆さん
おはようございます。

今日は猫の日でBSテレ東は午後1時から11時まで猫番組。大胆な企画です。

ふっと、その横の横あたりの番組表を見ると
BS日テレ午後10時
深層ニュース「秋篠宮家の教育方針は」うぇー。
ネットで見ると出演は
あの山下しんじ氏と川西ひでや氏。
見るべきかどうか。
見たらモヤモヤして寝れなくなるか。
それとも少しは希望につながるか。

TBS.なら見ないですが
思案中です。

nanimositeinai
nanimositeinai
4 months ago

こんにちは。
雑談に来ました。
最近、ワタシは、秋殿下はわざと自由奔放にやりたいことをやって
皇室から逃れたいんじゃないかな?と思い始めています。
国民の反感を買うこと承知でわざとKK問題 お悠さん進学問題
全部キコさん任せで それでオーケー、皇室を離れられるなら それに越した事はない、
な~んて考えてるじゃないかナ?と。
経済的には生活できるだけの基盤もあるでしょうし、「国民の象徴」なんてまっぴらごめん、
そう思って、もう開き直って好き放題してる
そう思ってしまいます。
そうじゃないなら あまりにも秋殿下は頭が悪すぎる。洞察力が無さすぎる。
ホントに馬鹿じゃないか?と。

それともう一つ、ワタシは相変わらずYouTubeでKK&H進学問題を観ているのですが
概して思う事は、ユーチューバーが責めているのは主にKK母子と区内庁だけで、皇室を大事に思っているらしいこと。
そして不思議なことにS氏まで「国民は天皇を中心に一体となっている」と言ってること。
うっそーォ!天皇を中心に一体!? まさか!?
ワタシの父も赤紙で戦争に行きましたが「天皇バンザイ」なんて言葉は聞いたことなく、
祖父・祖母も そんな言葉の端くれも言いませんでした。
夫の家族にしても、義父(夫の父)は外地(多分、満州)で兵役についていたようですが
「えらいモンよのう、一週間キュウリだけ食べて行軍したら肌がカサカサになって雨が落ちても弾かんと 中に吸い込まれたワ、あはは」と呑気に笑っていましたが
天皇を崇拝していた気配は これっぽっちも無かったです。

ワタシ自身もこの歳になって、最近やっとテレビやパソコンで遊ぶ時間が出来ましたが
数年前までは、新聞も読む暇なく、ましてや週刊誌など とんでもない。
テレビもわずかな時間 家事・仕事の合間をぬって覗くだけ。
そんなわずかな時間の中で覗くのはTV「皇室だより」だけ。
へ~ぇ、皇族って高貴な人なんだな、とそこそこ洗脳されましたが「敬愛」までには至りませんでした。
だから 今、マスコミを使って国民を洗脳していた皇族の正体を知り
自分の意見を表すのは 回りくどい選挙しか無いのかな、と憤っています。

Puzik
Puzik
4 months ago

今日はいよいよNY Barですね。KKは今頃、グーグー寝てるでしょうが。
私は、KKはどーのこーの理由つけて受験しないと思ってたんですが、今のところ動きが無いですね。
私人ですから!でだんまりでしょうか?(笑) 
ラベンダー様が以前から分かりやすく解説してくださったように、昨年LS社に入った時点で就労ビザの目は基本的になかったんですね。
周囲でお世話してる賢い人達は、とっくに次の一手を準備してるでしょう。ラベンダー様の想像が、一番スッキリしてて分かりやすいと思います。
ビザに関する知識は普通に日本に暮らしてると乏しいんで、私なんかうっかり騙されそうですよ。
メディアはこんな肝心な所、全く突っ込みません。情けないですね。

サリバン
サリバン
4 months ago

こんにちは、ラベンダーさん、皆さま。メディアは昭和年代から怪しげなところはありましたが、特に雑誌辺りはバブルの崩壊時に、新聞テレビはGAFAの台頭から悪魔に魂を売りさばき、最近は肉体までも売り捌いているように思えますので当てにならない、とは言いつつ、金目当ての提灯記事や情報操作を兼ねたネタ記事、たまにリークによる事実もあるので、まだまだ実態分析には使えるかとは思います。特に雑誌、新聞、テレビは大半が出資提携をして居ますし、ついでに金を出してる金融機関や大株主を分析すると結構楽しいものも見えてきます。朝日は昨今社長が意味不明の辞任をし(笑)、赤字が凄まじいと聞きますので、まあ、そんなところかなという気がして居ます。金ってあるところにはある物なんですね(棒)さて、いよいよ日刊スポーツが小室記事を出したようですね。まだ設定生きているようなので、どんな魑魅魍魎が這い出してくるのかワクワクしております。ただ、敵もリサーチの上、策を講じてくると思いますので、油断はできません。私は米国との外交的兼ね合いから最初に裏切るのは外務省と踏んでいます。彼らは海外の反応には敏感です。どうなりますことやら……

masa
masa
3 months ago

こちらは統制していない模様、、、
https://news.yahoo.co.jp/articles/a0e6e94ec757491eb2ed7aa4e088f3c530f81839

目次
閉じる