小室圭ビザ切れ帰国説の検討

こんにちは、ラベンダーです。

 次々と、いろんなことが起こりますが、グチを言っててもキリがないので、
 とにかく、日々、悔いの残らないよう、前進することにします。

 前回の続きをやります。
 今回は、シリーズの第3回目になります。
 <第1回の記事>
 小室眞子にニューヨーク暮らしは無理
 <第2回の記事>
 マコムロ問題の最終的な解決を目指す

 

目次

女性セブンの論調をみる

 前回お話したとおり、「女性セブン」の発行元である小学館は、秋篠宮家擁護本「秋篠宮」の版元です。
 だから、過去は知りませんが、現在は秋篠宮家のイタコ状態と考えていい。
 最近の記事は、秋篠宮家の意向に沿って出されている。
 そう考えるのが自然ですので、最近の「女性セブン」の論調を検討しました。

女性セブンの論調

4月14日
小室圭さんは無職の危機 眞子さんは美術館の仕事で”芸術ビザ“取得か
(小室圭はビザ切れの危機。小室眞子がMETの協力でビザ取得か?)

4月15日 小室圭司法試験不合格 記事複数(省略)

4月18日
【動画】小室圭さん、今後は「セレブ無職」になる計画か
(小室圭ビザ切れ、小室眞子がビザ取得)

4月20日
小室眞子さんと圭さん、5月に一時帰国か 都内仮住まいは予約停止で「VIPの長期滞在」浮上
(小室圭ビザ切れで、5月帰国の可能性もあり)

4月21日
小室圭さん不合格で強制帰国の危機 眞子さんはNYの大学病院へ、ビザ取得の準備か
(小室圭ビザ切れ、眞子がビザ取得、眞子通院リーク)

4月22日
小室圭さん2度目の不合格でも悲壮感なし「眞子さんの心が折れる」懸念
詳しくはこちらの記事で ⇒ 小室眞子、通院情報リークの考察

4月23日
小室圭さん「さらにロン毛に」眞子さんは結婚指輪を外して「夫婦の現在地」
(小室圭批判、小室圭ビザ切れ、小室眞子がビザ取得)

4月25日
小室圭さんに帰国を勧める声 日本なら仕事面でも引く手数多でメリット大か
(周囲からは夫婦の帰国を勧める声が上がり始めた。)

4月26日
小室圭さんと眞子さんの帰国は宮内庁にとって好都合 警備費削減と「暴露阻止」の思惑
(周囲からは夫婦の帰国を勧める声が上がり始めた。)

4月28日
小室圭さんは「パラリーガルのままでもよいですよ」 秋篠宮は5年前に語っていた
(擁護本「秋篠宮」の宣伝記事)

4月28日
小室眞子さん小室圭さん夫妻、5月緊急帰国の可能性が浮上 宮内庁周辺は騒然
(そもそもの渡米計画に無理があった。5月に緊急帰国する可能性が浮上)

4月29日
小室圭さん NY弁護士事務所での業務はコピー、郵便物受け取り、夕食の手配など
(小室圭の仕事は雑用。勤務は週3日程度が暴露される)

4月30日
小室圭さん、3度目の司法試験は受けられない? ビザ失効で強制帰国の可能性
(小室圭ビザ切れで強制帰国の可能性)

5月1日
小室圭さん眞子さん夫婦 緊急帰国なら「要人扱い」警備体制は必至、費用は誰が?
(5月帰国の可能性あり)

5月3日
小室眞子さん小室圭さん夫妻、帰国なら再び“小室劇場”へ 小室家訪問で騒ぎの可能性も
(ビザ切れで強制帰国。5月帰国の可能性あり)

5月6日
小室圭さん眞子さん「この手だけ離さない」年収600万円でも変わらない愛情
(悪意の小室圭いじり)

5月11日
秋篠宮の告白“小室圭さんの仕事への評価”と意外な“幼少期のエピソード”
(擁護本「秋篠宮」の宣伝記事)

現在はニューヨークの法律事務所で「法務助手」として勤務する小室圭さん
ポストセブンより

 改めて、整理してみると、よくわかると思います。
 記事はたくさんありますが、言ってることは、大体同じです。

 1.小室圭のビザがもうすぐ切れる
 2.小室眞子がMETと協力してビザ取得するかもしれない。
 3.帰国するかもしれない

 大きくは、この3つに集約されます。 
 つまり、ビザ切れ帰国説を何度も執拗に書いてるわけです。
 もちろん、
 それが事実かどうかは別問題です。
 小室圭優秀伝説も大量に記事がでましたが、ウソ八百でしたからね(笑)
 あくまで
 秋篠宮家側がアナウンスしてほしい情報が「ビザ切れ帰国説」
 ということですね。
 

 では、何のために?
 帰国説だから、帰国するというのが、一番自然です。
 しかし、
 小室圭優秀伝説秋篠宮家清貧伝説のように、国民を欺く方向への印象操作の可能性もあります。
 さて、今回はどちらでしょう。
 ストレートに信じるか?
 それとも裏を読むか?

 はっきりしないですね。
 場合わけしましょう。

 ア)小室圭のビザ切れ イ)帰国

 の2つの命題がありますので、可能性は、

 1.ビザ切れ + 帰国
 2.ビザ切れ + 帰国せず
 3.ビザ大丈夫 + 帰国
 4.ビザ大丈夫 + 帰国せず

 の4通りあるということですね。
 さて、どれが正解でしょうか?

 全部を検討すると膨大な量になりますので、
 とりあえずは、本命視されている

 1.ビザ切れ + 帰国

 を検討します。

帰国したらVIP扱いなンだわ

ビザ切れ帰国説について

 週刊誌の論調としては、

1.ビザ切れ + 帰国

 これが本命だと考えているようです。
 そうすると、理解の前提としてビザ問題をやるしかないですね。
 テクニカルな問題をやるとキリがないので、
 ざっくりと本質的のことをやりますね。

小室眞子と小室圭の在留資格は別

 まず、小室眞子と小室圭のビザは分けて考えてください。
 そして、小室眞子には、ビザか永住権が調達済みだと思います。
 実質皇族である小室眞子が、小室圭に従属するような配偶者ビザに甘んじるなど、あり得ません。
 秋篠宮殿下に「よろしく」と言われているのに、小室眞子の在留資格を調達できなかったら、その役人さん、どこかへ飛ばされてしまいますよ。
 外務省の名誉にかけて、調達するでしょう。

 だから、小室眞子については解決済みです。
 なので私的には、ついでに小室圭も解決済みだと理解してました。
 ですが、
 ここまで執拗にビザ切れを報道するなら、そうではないかもしれません。
 意地張っても意味ないので、
 ここでは小室圭にビザ問題が存在するという前提でやります。

 まあ、
 小室眞子は実質皇族で、小室圭はただの民間人ですからね。
 小室眞子には便宜を図ったが、小室圭には便宜を図っていない。
 そういうことでしょうか。
 特に、秋篠宮家が小室圭を嫌っているのは明白ですから。
 そして小室圭は、司法試験に必ず合格し弁護士になると、エラソーに言ってたと思います。
 そこで、その小室圭のホラを逆用して、
 「だったら、ケイさんは、司法試験に合格してH1Bビザを自力で取得してくださいね」
 という話になった。
 小室圭にロイヤルパワーが使われていないとするのは、個人的には納得はできないですが、説明のため、一応、そういうことにしておきます。

小室圭が自力でビザを得るのは困難

 ということで、仮に、小室圭はビザ切れのピンチだとしましょう。
 5月か7月か、それとも10月か。
 どこで強制帰国になるかは知りませんが、仮に、そういう状況だとしましょう。
 でもそれは、いろんな疑問があります。
 時系列を見てみましょう。

 1.昨年5月、ロースクール卒業
 2.同7月、司法試験
 3.同7月、NHKに情報リークして、勝手に「アメリカ在住」を宣言
 4.同時期、LS社への就職決定
 5.同10月、結婚&不合格
 6.同11月、渡米
 7・今年2月、2度目の司法試験
 8.今年3月、2023年度(2022年10月~2023年9月)H1Bビザ申請
 9.今年4月、合格発表

 この8番目が重要ですね。
 なお、ビザ問題の基本的な知識は、以下の記事をご参照ください
 <参考記事>
 小室圭ビザ問題を解説する(追記あり)

 さて
 小室圭が、裏技なしで自力でビザを取得するという設定。
 小室圭は、NY州弁護士を目指すという設定の継続を宣言してます。
 そのためには、H1Bと呼ばれるビザが必要です。
 今のビザがいつ切れるか知りませんが、2023年度(2022年10月~2023年9月)H1Bビザ申請でビザを取得しないと、来年の秋までアメリカで就労できないことになります。
 今年の秋じゃないですよ、来年(2023年)の秋。
 だから、この3月のビザ取得に失敗すると、

 来年の秋まで、お仕事できませんよ、バイバイ~

 って、ことですよ。
 長いね~
 来年の秋って、今から1年5か月くらい先の話ですよ(笑)
 だから
 メディアの報道は、ほとんどありませんでしたが、
 この3月のH1Bビザ申請は、死ぬほど重要です。
 そもそも申請したかどうかも定かではありませんが、
 小室圭が、弁護士事務所で働くという設定を続けるためには、ここでビザをゲットしないと、

 来年の秋(2023年)まで、働けない

 ということになって、事実上「設定」が崩壊します。
 だから、私はビザ問題とかやらないで、高見の見物してたのですよ。
 どうなるのか、とても楽しみで(笑)

 ま、それはいいとして、
 では、この3月のビザは取得できたのでしょうか?

 で、時系列を見てほしいですが、3月の申請は、4月の合格発表前です。
 だから、4月の司法試験の合否は関係ないです。
 3月の時点で事務員ですから、事務員でビザ申請するしかありません。
 H1Bというのは専門職のビザで、弁護士資格があってもビザ申請が必ず通るものではないらしいです。けっこう厳しい。
 有資格者でも落ちる可能性があるのに、小室圭はただの事務員ですから、普通に考えてビザ申請が通る可能性はゼロに近いでしょう。
 ロイヤルパワー使えばいいと言うかもしれませんが、ここでロイヤルパワー使うくらいなら、とっくの昔に使って解決済みにしてます。
 日本の官僚は優秀ですからね。
 もし、今、ビザ問題があるということは、小室圭にはロイヤルパワーを使っていないということ。
 ロイヤルパワーなしで、弁当配りの事務員が、H1Bという専門職のビザを獲得できる可能性はほとんどないでしょう。

 3月のH1Bビザの結果が出てないので(そもそも申請したかどうかも謎ですが)、断定できないだけで、雑誌各社とも小室圭が自力でビザを獲得できる可能性はゼロと見てるのでしょう。
 遅かれ早かれ、帰国するしかないだろうと。
 ロイヤルパワーを使ってないとすれば、その読みは、私も賛成です。
 
 ところで、思いだしてください。
 今、積極的に帰国説を流している媒体は何でしたか?
 秋篠宮家のイタコ状態になってる「女性セブン」ですよね。
 秋篠宮家は、ロイヤルパワーを使う側の立場。
 だから、秋篠宮家の意向を踏まえて、この情報を流しているということは

 小室圭在留資格ロイヤルパワーは使ってない

 と考えるのが自然だと思います。
 犯人が言うのだから、間違いないということですよ(笑)
 秋篠宮家のイタコが「強制帰国説」。
 つまり

 小室眞子には便宜を図ったが、小室圭には便宜を図っていない。
 
 個人的には、この結論に全面的には納得してないですが、
 冷静に検証すれば、そう考えるのが一番自然だと思います。

 

実力で勝負なンだわ

ロイヤルパワー狙いの結婚

 さて、
 もう一度、時系列を見てください。

 1.昨年5月、ロースクール卒業
 2.同7月、司法試験
 3.同7月、NHKに情報リークして、勝手に「アメリカ在住」を宣言
 4.同時期、LS社への就職決定
 5.同10月、結婚&不合格
 6.同11月、渡米
 7・今年2月、2度目の司法試験
 8.今年3月、2023年度(2022年10月~2023年9月)H1Bビザ申請
 9.今年4月、合格発表

 昨年7月の司法試験終了直後。
 小室圭は、NHKに情報をリークして「就職のメドがたった」としてアメリカ在住を宣言します。
 ご存じのとおり、試験は不合格だったわけですが、このときの言い訳は
 「学力の問題ではない」
 というものです。いまだに、どういうことかは、よくわかりませんが、ひとつだけ明確なことがあります。
 それは、
 司法試験終了時に不合格を知っていた
 ということですよ。
 学力の問題なら合格発表まで、合否がわからないという可能性がありますが、
 学力以外の問題であれば、スグにわかりますからね。
 昨年7月の
 司法試験終了時に不合格を知っていた
 ということは、重要な意味を持ちます。

 先ほどいいましたように、弁護士資格を持たない事務員がH1Bビザを取るのは困難です。
 この7月の不合格の結果、今年3月に事務員でH1Bビザ申請するしかなくなった。ビザ取得は絶望的。
 もし、司法試験終了時に不合格を知っていたのであれば、
 昨年7月の時点で、ビザ取得が困難であることが予想できたということ。
 H1Bビザ取得は困難で、
 いずれ強制帰国になると、予想できたということです。
 つまり

 結婚前の段階で強制帰国が予想できた

 ということですよ。
 H1Bビザを取るのは困難なのを知ってた。
 強制帰国になる可能性があるのを知ってた。
 結婚前にね。
 そこで、合格発表前に、急いで結婚した理由はこれですよ。

 不合格により弁護士「設定」が破綻する

 弁護士で年収2千万円という「設定」が破綻するだけでなく、
 実は、7月試験の不合格により、在留資格の「設定」も破綻する。
 強制帰国しかない。
 だから、小室圭。
 その不都合な真実を知られるのを防ぐため、
 必死で合格発表前結婚に持ち込んだのですよ。
 
 本当は、自力でビザを取るのも困難なのに、
 「司法試験は大丈夫です」とウソついて、結婚へ突き進んだ。
 悪質ですよ。
 整理すると、こうなります。

 1.7月試験終了時に不合格を確信
 2.不合格だと「設定」が崩壊する
 3.そこで、不合格発覚前に結婚へ持ち込んだ
 4.結婚後、ロイヤルパワーで何とかしてもらう

 わかりますか。
 結婚前に、「設定」崩壊が発覚すれば、婚約破棄になるかもしれません。
 しかし
 結婚後に、「設定」崩壊が発覚すれば、「設定」維持のためにロイヤルパワーを使ってもらえる。それが困難ならロイヤル生活保護

 だから、全力で結婚を急いだ。
 と解釈するのが自然だと思いますよ。

 結局、小室圭。
 ロイヤルパワーを使わないと、自力では何もできないということ。
 いや、そもそも
 小室圭は、最初から自分で何とかする気はなくて、

 ロイヤルパワー狙いだった

 ということですよ。
 ロイヤルパワーの恩恵を受け「設定」を維持するには、婚約内定者では不十分なので、結婚を急いだということでしょうね。
 さすがは、詐欺の常習者。
 あの母にして、この子あり。
 ってことでしょうか(笑)

NY州弁護士目指してますよ詐欺

 ということで
 3月申し込みH1Bビザが取れないと「設定」上は帰国するしかない。
 おそらく無理です。
 それでも小室圭は、NY州弁護士をあきらめないそうですから、
 帰国して来年の秋まで、余裕の1年以上ニート暮らしですよ(笑)
 で、1年5か月くらい先には、NY州弁護士になれるかもって、
 ノンビリと司法浪人ですよ。
 
 ははははははっはははははっははは(笑)
 
 もう、誰が見ても明らかでしょう。
 これは

 NY州弁護士目指してますよ詐欺

 ですよ
 勉強もしないで、顔ばかり変えてる男。
 まともに働くわけないでしょう。
 重要だから、色変えて繰り返しますね(笑)

 NY州弁護士目指してますよ詐欺

 NY州弁護士目指してますよ詐欺

 NY州弁護士目指してますよ詐欺

 ですよ。
 コレ、前から言ってますけど、
 いい加減、宮内庁も秋篠宮家も外務省も理解しようよ。
 小室圭のNY州弁護士という「設定」は、とっくの昔に破綻してます。
 この男。
 働く気はないよ。
 とりあえずは、
 NY州弁護士目指してますよ詐欺
 これで、いけるところまで行く。
 で、本当に詰んだら
 ロイヤルハローワークで、次の「設定」紹介してもらう。
 もしくは、ロイヤル生活保護。
 
 
 この男。
 終わりはないよ。
 たぶん、小室母にも、ロイヤル年金支給されてるのでしょう。
 親子そろって、死ぬまでたかるつもりだと思いますね。
 秋篠宮殿下。
 くだらない言い訳本を出させるヒマあるんだったら、
 真剣にこういう連中と手を切る方法考えるべきだと思いますよ。
 このままでは、死ぬまで秋篠宮家は小室親子の養分ですよ。
 国民からボコボコに叩かれて、地獄の大炎上を続けながら、

 小室親子に貢ぎ続けるのですか?

 意味わかりませんよ、秋篠宮殿下。
 

顔が変わっても人間性は同じ

 

 ということで
 話をまとめますと

 1.小室圭がH1Bビザを確保し
 2.NY州弁護士をやるという「設定」は
 3.すでに詰んでるので、帰国するしかない

 ということになります。
 ロイヤルパワーを使わない正規の方法だと、帰国しかないでしょうね。
 ただ、問題なのは、そこで小室眞子がどうするかということ。
 小室眞子は、たぶん、在留資格もってますからね。
 小室圭の配偶者ビザという「設定」にして、わざと帰国するのか。
 それとも自分の在留資格を使って、このまま滞在し続けるのか。
 それが何ともいえない難しい問題です。
 どちらの可能性もありそう。

 ということで
 次回は、最後の難問、小室眞子の帰国について検討予定です。
 なかなか、終わらないですね。
 でも、たぶん、次回で終わると思います。

 今日もありがとうございました。
 またよろしくお願いいたします。
 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Subscribe
Notify of
guest

19 Comments
Oldest
Newest
Inline Feedbacks
View all comments
つぶきち
つぶきち
4 months ago

お疲れ様です。連投本当に有難うございます。何だかザワザワしてきましたね。こんなに色々日本で報道されてもKは どこ吹く風って感じですね。明日は明日の風が吹くぐらいしか考えてないですよね。M子氏は それこそ『謂れのない物語』です!って言いそうですね。もう自分は ため息しかでてこないし・・・。次回のM子氏の見解楽しみです!あとクダラナイ質問ですが、こんな胡散臭い男と出会う確率と宝くじで1等当選する確率どっちが高いですかね・・・。
動画 観ました。まじウケルー!

白玉ぜんざい
白玉ぜんざい
4 months ago

ラベンダー様
更新、息つく暇もありませんね。気を付けてください。
もし、KK氏の滞在がロイヤルパワーにサポートされていないとすれば、扱いは大きくランクダウンです。なぜ結婚を許可したのでしょうか。また、よく言われているようにKK氏に暴露されると困ることはないのでしょうか。ここに来て力関係があまりにもオーソドックスに闇で、何なのだ、と思います。
それとも、この宮家当主の首尾一貫性の無さが、周りを振り回す暴走ということなのでしょうか。さんざん貶されている新刊は、まさにこの点を「魅力」というか「人間らしさ(!)」として描き、国民の共感を無駄に煽ろうとしていますが。

masa
masa
4 months ago

ラベンダーさま
お疲れ様です。
また、変な記事が新潮にアップされておりますが、、、誰かの影響力を感じずにはおれません。
NHK敏腕「社会部 宮内庁キャップ」がついに“退任”へhttps://news.yahoo.co.jp/articles/f54a85f8042c5b122a5d1efb00c4d5feeb1649d2

Puzik
Puzik
4 months ago

ラベンダー様、今回の記事も読み応えあって、興味深かったです。
どうやら殿下やJKGは、小室眞子とKKは分けて考えてるみたいですね。眞子は元皇族で高貴な存在なんだから、何があっても守る。KKはシラネ、みたいな。
傍から見てると目くそ鼻くそ、根っこは同じだろと思ってしまうんですが。愚民なもので、下品ですみません。
「秋篠宮」感想有難うございました。皇族である前に一人の人間。これが一番言いたかったんですね。やはり親子ですから、感性が同じです。誰も皇族が人間じゃないなんて思ってません。むしろ人間性に疑問を呈してるんです。案の定Amazonレビューも散々らしいですね。沈静化を図ってるつもりが、あらたな火種を生み出していく、この宮家らしいです。

アリアドネ
アリアドネ
4 months ago

ラベンダー様、こんにちわ。
小室夫婦の帰国説、殆どの報道がその問題にビザ切れを上げているけど、私もラベンダーさん同様、天下の外務省が全力でサポートしているのに今更それはないのではと思いますが、如何せん、素人には難しすぎて推測も不可能。ビザ問題は目くらましで案外別の隠された理由があるのでは?佳代さんの遺族年金等不正受給をロイヤルマネーを迂回して渡すのではないかと勝手に想像しています。眞子さん、お婆様から贈与してもらったりしていますしね。かと言って佳代さんに送金なんかできないし。
最近元彼の彫金師とよりを戻してルンルンの佳代さんの報道がありましたね。その元カレさん、今やちゃんと立派な自宅があり、ちゃんと生活されていると篠原氏が仰っていましたが、ふ~ん、50歳超えて2DK3人住まいのマンションに転がり込んでいた人無収入に近い人がね~、と不思議な気持ちでした。
この問題の一番円満な解決方法は佳代さんが罪を認めて不正に受給したお金を返して示談に持ち込むことと篠原氏が仰っていたような。返却する額も時効になった分を差し引けば1千万円強だったかな?勿論現在無職の佳代さんには無理だけど、あの400万円の借金だってロイヤルマネーでチャラにしたくらいなんだから、この解決金も嫁だのみでしょう。そして、夫婦揃って皿婆にお金の無心(秘密をばらすよという脅しか?)にNYからはるばる出向くのでは?何しろ元内親王の義母を犯罪人にしては大変ですからね、そろそろ動きがあるかも。

ラッキー
ラッキー
4 months ago

こんにちは、素晴らしいですね。事実を冷静に分析すると色々見えて来るのですね。これから何が始まるのか楽しみになって来ました。
今連日ニュースで誤送金4630万やってますが、お偉いコメンテーターの皆さん口を揃えて、国民が汗水流して働いて収めた税金ガーとおっしゃいますけど、これが皇室関連になると貝のように口を閉じてしまう。同じ税金案件なのに。
このニュース見ると、何処からも返せと言われず正々堂々とロイヤル生活保護してるKKは非常に腹だたしいです。

チャムス
チャムス
4 months ago

ラベンダーさん 皆さんこんばんは

この犬Hkを退任した橋口という人、モアイと2度ほど会ったらしいですが、やはり婚約内定はリークだったと納得しました。

ビザ問題は本当に検討がつかないですね。
馬子はとうの昔に解決済みというのもわかります。渡米前にしたり顔でワクチン接種、国際免許を取得したあたりですでに万事整っていたんだと思います。 問題はモアイですが、解決済みでないとすれば、オータムが意地悪をしてモアイだけ強制帰国させて切るつもりなのか?
馬子がモアイにまだ愛情があれば、ビザは解決済みのはずなんですけど微妙ですね。
オータムは「パラリーガルでもいい」と言ったそうですが、そんな甘っちょろい事を言うからモアイがつけあがるんですよ。
現状を見ても週3勤務の弁当手配と雑用の派遣のバイト、パラリーガルどころかパッパラパー状態じゃないですか。
2度目の不合格でオータムもさすがに見切ったのではないでしょうか。
もう、金じゃ済まない名誉の問題ですもんね。
外国に逃がせば国民の怒りも騒ぎも収まり、自分らも楽になると考えてたのでしょうが、とんだどんでん返しが来ましたね(爆)
一時帰国なりする時は、事前にお得意の思わせぶりな妙な記事が出るだろうから、まだ先になりそうですね。
モアイは今の楽な生活を続けたい、帰国すれば好き勝手できないし、モアイ生きるか死ぬかオータム次第でしょうかね。
馬子の顔は見たくないから、モアイだけ強制帰国で延々といじられて暗い日本に笑いを届けてほしいです。

人間ドックで生活改善宣告されたサリバン
人間ドックで生活改善宣告されたサリバン
4 months ago

おはようございます、ラベンダーさん、皆さま。犬HKは外国勢力にも皇室にも金目ならなんでも尻尾ふるんですねー。金をむしり取っている国民以外には。体質的に何処かとそっくりじゃありませんか(笑)これが日本の上級とか、日本が良くならないわけですわ。しかし、ビザ問題これもやはり設定なんですかね。これだけ帰国帰国とうるさく報道されると、二人の帰国のための環境設定作りとしか思えません。秋篠宮家、これダメですね。犬hkのキャップの退任記事とチャムスさんのコメ読んでいて思ったんですが、秋篠宮は眞子のお世話係として小室圭を容認したのかなと言う気がしてきました。(本当はもっと箔のついたのを当てがいたかったが、人選難航のため眞子の希望通りにした)やはり親子の関係は最悪で、厄介払いの意味もあって税金横流ししてでもNY に行かせたのかな?と言う気がします。それなならビザ問題なんてあろうはずはないですよね。皇室典範、色々な意味で変えないとダメですね。子供育て失敗してモンスターが出来上がったという想定が法律にないからやりようがないんだと思います。そもそも人間なんて法律の型に嵌まりませんし。そりゃ自費でやるなら親子喧嘩だろうが、こっちがとやかく言う筋合いはないですけど、問題は税金ですからね。あっちにその自覚がないのも大問題です。日本は明治時代からきつい官尊民卑ですが、いい加減にこう言うのをほったらかしにしない様にしないと自分の首絞めかねません。税金の使い方の監視は民主主義の基本ですから。所謂マスコミも上級国民ですから、我々の味方でないこと大前提で情報活用しないといけませんけどね。では!

ふくろう
ふくろう
4 months ago

ラベンダーさん 皆さん こんにちは
記事の内容と違いますが、ガルちゃんの写真で胸が痛くなり貼り付けました。
このころはお兄ちゃん大好き!僕のじまんのお兄ちゃん!って感じなのにどうしてこ… | ガールズちゃんねる – Girls Channel –
過去を振り返ってもしかたないのですが、この写真JKG女優写真と違ってわざとらしさがないのです。本当に楽しそうに見えます。こういう時代もあったのですね。
投稿記事のとおりに、こんな事になるなんてって思ってしまいます。本人はもちろん寄ってくるまわりも悪すぎて炎上が化学反応みたいに加速してます。心ある人は全部離れていってしまったのでしょうね。
オータムは人生の選択を要所、要所で間違えてしまってこうなったのでしょうけれど。
お兄ちゃんに対抗しないで、お兄ちゃんを支えるのが定めと受け入れ行動していたら、欲を出さなくても自然に皇統が移っていたかもですよね。現実的な私でも神様は天から見てるのではと思います。
もう国民の信頼を取り戻すのは無理ですね。

目次